野球データを分析しチーム強化に活かす「キューステ!アマチュア向けチーム強化サービス」を提供開始

~プロ野球向けの戦略的強化システムのノウハウを活かしたサービスをJX-ENEOS野球部が導入~

ライブリッツ株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役:村澤 清彰、以下ライブリッツ)は、野球の試合のスコアや映像を一括して管理・分析しチーム強化に活用できるサービス「キューステ!アマチュア向けチーム強化サービス(以下キューステ!アマ)」を開発し、提供を開始しました。プロ野球団向けの戦略的チーム強化システムの構築・運用で培った経験をアマチュアチームが利用しやすいサービスとして展開したもので、2019年9月より、JXTGエネルギー株式会社(本社:東京都千代田区)が運営する社会人野球チームJX-ENEOS野球部(都市対抗野球大会 歴代最多の11回優勝)が導入第一号として利用を始めています。


~ チーム強化をサポートする「キューステ!アマ」 ~

①らくらくスコア管理!
パソコンに専用ソフトをインストールすればすぐに利用できます。入力は画面のボタンをクリックしたり選択肢から選ぶだけなので直感的に操作できます。成績は自動的に集計され手軽にデータが管理できます。
②試合のスコアと映像が自動連携!
入力したスコアと撮影後にシステムにアップロードした試合映像は自動的に連携しますので、データと映像の両面から試合や個々のプレイを振り返ることができます。
③選手ひとり一人がスマートフォンで閲覧!
データは監督、コーチ、選手、マネージャーが各自のスマートフォン、タブレット、パソコンでいつでもチェックできます。映像は打者や投手別や、三振のみ・本塁打のみという結果別の再生も可能です。
④自チーム、対戦チームを一球単位で分析!
チーム・個人、対戦相手について、投打左右、投球コースや球種、ボールカウント、結果(ヒットかファールかアウトか)、走者(一~三塁のどこにいるか)など様々な検索条件で分析でき、勝利に向けた対策を検討できます。


【キューステ!アマチュアチーム向けクラウドサービス お問い合わせ窓口】
利用のご希望や費用などサービス詳細のお問い合わせは、ライブリッツのホームページ http://www.laiblitz.co.jp/contact/ の、お問い合わせフォーム「ビジネスについて」よりご連絡ください。

ライブリッツは、複数のプロ野球球団に対してIT戦略的パートナーとしてチーム強化システムの構築・運用をてがけ、導入した球団はリーグ優勝や日本シリーズ制覇という実績を挙げています。2018年4月にはAI・IoTを活用した選手トラッキングシステム「Fastmotion」を構築し、日本球界で初めて守備や走塁動作等のデータ化に成功しました※。

今回、これまでに培ったAI・IoTなどの最新技術や野球データ分析についての知見、経験を活かし、アマチュアチーム向けのサービス「キューステ!アマ」を開発しました。

今後、「キューステ!アマ」は、社会人チームはもちろん、大学や高校の野球チーム、またソフトボールといった他競技に対しても提供できるように、サービスの向上と拡充を進めていきます。

ライブリッツは、今後もプロスポーツ、アマチュアスポーツにITを活用したサービスを提供し、スポーツ界を盛り上げていきます。

※ 福岡ソフトバンクホークス ライブリッツ社の野球選手AIトラッキングシステムをチーム戦略に活用(2018年4月)
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000002.000032744.html

■ライブリッツ株式会社
代表者:代表取締役 村澤 清彰
設立:2011年10月
事業内容:AI・IoTを活用したスポーツシステムの構築
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ライブリッツ株式会社 >
  3. 野球データを分析しチーム強化に活かす「キューステ!アマチュア向けチーム強化サービス」を提供開始