手話・筆談サービスを提供開始

-聴覚障がいのあるお客様へSkypeを通じて対応- https://www.ls-support.co.jp/inquiry/sign-language.html

 高齢者の居住/生活/終活支援を通じて地域包括ケアシステム構築を推進するホームネットグループ(東京都新宿区、代表取締役 藤田潔)で、家賃債務保証事業を手掛けるエルズサポート株式会社(東京都新宿区、代表取締役 藤田潔、以下「エルズサポート」)は、株式会社プラスヴォイス(宮城県仙台市、代表取締役 三浦宏之、以下「プラスヴォイス」)が提供する手話・筆談の遠隔サービスを導入し、聴覚や発声に障がいをお持ちのお客様対応が可能になりましたことをお知らせします。

エルズサポートは家賃債務保証契約のお問い合わせをいただく中で、聴覚障がい者の方からの申込があったことがきっかけで、バリアフリー対応への必要性を感じ、導入を決定いたしました。

 聴覚や発声に障がいをお持ちのお客様からのサービス等へのお問い合わせの際に、テレビ電話(Skype)を通じてプラスヴォイスの手話オペレーターが通訳し、エルズサポートのオペレーターへリアルタイムで伝えます。手話が難しいお客様はテレビ電話を通じて筆談でも対応いたします。

 今後も、障がいのあるお客様が安心してサービスを利用いただける取組を進め、利便性向上に努めてまいります。

ホームネットグループ概要】
設立   :1991年12月(ホームネット㈱)
本社所在地:〒169-0072 東京都新宿区大久保3-8-2 新宿ガーデンタワー13階
資本金  :9700万円(ホームネット㈱)
代表取締役:藤田 潔

当グループは不動産オーナー向け家賃債務保証サービスを通した高齢者の居住支援、24時間365日体制での地域密着型見守りサービス、ICTによる定期巡回・随時対応サービス支援による高齢者の生活支援、更に家財整理や葬儀相談による 終活支援を通じ、厚生労働省が提唱する「地域包括ケアシステム」の構築を支援することで、「空室問題」と「高齢者住居問題」の解決に寄与します。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ホームネット >
  3. 手話・筆談サービスを提供開始