全国25道県68の高校がオンラインで集結!国内最大規模の地域留学説明会『地域みらい留学2020オンライン』

~2020年7月から4ヶ月間、毎月連続開催~

一般財団法人地域・教育魅力化プラットフォーム(所在地:島根県松江市母衣町83番地5 母衣町ビル3階、代表理事:岩本 悠)は、地域みらい留学にご興味のある中学生・高校1年生・保護者の方に向けた地域留学説明会『地域みらい留学2020 オンライン』を、2020年7月から10月(4ヶ月間)において開催いたします。(初回となる7月開催は7月25日・26日)

今年度は新型コロナウイルス感染拡大の影響を踏まえ、初のオンライン開催を決定。目玉コンテンツは開催3年目となる『地域みらい留学フェスタ』。25道県68の公立高校による留学説明会を月1回、定期開催します。

また、今年度より新たに開始した『地域みらい留学365』(高校2年時のみの国内単年留学、主催:内閣府・一般財団法人地域・教育魅力化プラットフォーム)の説明会も同時開催。留学先の高校や地域の様子について、現地の先生・生徒・卒業生・保護者の方から、直接話を聞くことができます。

※参加費無料、事前登録制(https://c-mirai.jp/event

◆『地域みらい留学オンライン』の見どころ

①日本最大規模の「地域留学」合同説明会を、初のオンライン開催
昨年度までは全国の主要都市で毎年1度だけ開催していた『地域みらい留学フェスタ』をオンライン開催。今年度は7月から10月において、各月2日間ずつオンラインで開催します。フェスタ開催日に、お好きなタイミングで自由にご参加いただけます。

また『地域みらい留学フェスタ』以外にも、卒業生や保護者などの経験者が語る座談会や著名人との対談企画など、地域みらい留学について知っていただくためのイベントを4か月通して開催予定です。


②国内単年留学『地域みらい留学365』が新たに仲間入り!
高等進学段階において親元を離れ、それまで居住していた都道府県外の公立高校へ進学する3年間の留学『地域みらい留学』に加え、今年度は新たに”高校2年時のみ”の国内単年留学『地域みらい留学365』*を新設します。

在学する高校とは別の地域の高校で1学年を過ごす「地域留学生」がその高校ならではの魅力的な高校生活を送れるよう、地域・高校が一丸となってサポートします。

*内閣府の高校魅力化支援事業として実施(https://c-mirai.jp/mirai365/

本フェスタでは、高校1年生・保護者・高校教員の方を対象に、説明会を開催します。受け入れ高校12校の先生、高校生、地域の方から学校の生活や地域の魅力について、直接話を聞くことができます。
※参加費無料、事前登録制(https://c-mirai.jp/event

◆「地域みらい留学フェスタ」開催概要

  • 開催日程

【7月開催】2020年7月25日・26日 10:00-16:00
(『地域みらい留学』は両日、『地域みらい留学365』は26日のみ)

【8月開催】2020年8月22日・23日 10:00-16:00
(『地域みらい留学』は両日、『地域みらい留学365』は22日のみ)

【9月開催】2020年9月12日・13日 10:00-16:00
【10月開催】2020年10月3日・4日 10:00-16:00
 ※【8月開催】以降は、開催形態/時間が変更になる場合がございます。その場合は、公式サイトにて随時お知らせいたします。

  • 主催:一般財団法人地域・教育魅力化プラットフォーム、内閣府、地域みらい留学推進協議会
  • 共催:島根県教育委員会
  • 後援:総務省、文部科学省
  • 協力:日本財団
  • 公式イベントページ https://c-mirai.jp/event


◆2020年7月11日、特別プレイベント『これからの時代の地域と教育の未来』を開催
地域留学にご興味をお持ちの中学生・保護者の方を対象に、『地域みらい留学』の魅力や今後の可能性について、知っていただくためのイベントを特別開催。ビジネス、ソーシャル、パブリックセクターなど、様々な分野で活躍する第一人者をゲストに招き、それぞれの観点から地域での学びについて考えていきます。
※詳細はこちら(https://c-mirai2020online.peatix.com/
  • 登壇者:指出一正氏(ソトコト編集長)、若新 雄純氏(慶應義塾大学 特任准教授、株式会社NEWYOUTH代表取締役)、宝槻 泰伸氏(探究学舎代表)、勝山恵一氏 (一般社団法人HASSYADAI.social 代表理事)

 


◆『地域みらい留学』について

『地域みらい留学』は、都道府県の枠を越えて高校を受験し、北海道から沖縄まで、日本全国各地にある地域の公立高校へ留学する仕組みです。
過疎・少子化がすすむ中山間部や離島などの地域は、社会問題が深刻化する地域であると同時に、豊かな自然、歴史や文化、人とのふれあいなど、貴重な教育的価値がある地域でもあります。本プログラムは、そのような都会では得難い体験や学びを求める生徒と地域の公立高校との出会いを生み出し、公立高校進学という新たな選択肢を提示する日本初の取り組みです。(公式サイト:https://c-mirai.jp/

◆一般財団法人 地域・教育魅力化プラットフォームについて

 

「生き抜く力を育む魅力ある教育環境を展開し、未来を創る『意志ある若者』に溢れる持続可能な地域・社会をつくる」というビジョンを掲げ、2017年3月に設立された教育事業団体。隠岐島前高校の魅力化を推進してきた現在は島根県教育魅力化特命官も務める岩本悠、全国でナナメの関係と本音の対話を16年間届けてきた認定NPO法人カタリバ代表理事・今村久美、人材育成分野のトップランナーであるリクルートキャリア初代社長・水谷智之の3名がタッグを組み、地域の教育から社会を変えることを目指しています。(公式サイト:http://c-platform.or.jp/

 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 一般財団法人地域・教育魅力化プラットフォ―ム >
  3. 全国25道県68の高校がオンラインで集結!国内最大規模の地域留学説明会『地域みらい留学2020オンライン』