IoTで施設の管理業務を効率化する「Facility Connect」を提供開始

~施設における漏水や入退室をリアルタイムに検知・通知~

IoT通信サービスを提供するセンスウェイ株式会社(東京都中央区、代表取締役社長:神保 雄三、以下:センスウェイ)は、企業や個人のIoTプロジェクトを支援するconect.plus株式会社(東京都港区、代表取締役CEO:坂井 洋平、以下:コネクトプラス)と協力し、センサーを活用して、IoTシステムによりビルや倉庫、屋内設備における漏水や入退室を簡単に検知・通知できるサービス「Facility Connect(ファシリティ・コネクト)」の提供を、2020年8月から開始します。
施設管理の仕事は、作業員による巡回や手作業での点検など業務が多岐にわたる他、作業員の高齢化や慢性的な人手不足により、現場の作業員の業務負担が増しています。さらに、近年の大型台風などによる水害が増えていることを背景に、漏水対策をはじめとする設備管理や点検業務をITによって効率化する重要性が高まっています。

このような背景の下、センスウェイとコネクトプラスは協力し、低コストで低消費電力のIoTセンサーを施設内に設置し、設備の状況をリアルタイムで把握できる「Facility Connect」を開発しました。「Facility Connect」は、センスウェイが提供するIoTセンサーおよび通信サービスと、コネクトプラスが提供する、IoTデータをリアルタイムに表示できるダッシュボード作成ツール「conect+ Studio(コネクトプラススタジオ)」を組み合わせることで、施設内の倉庫や電気室、会議室など複数人が出入りする場所の入退室や、設備の漏水を検知し、異常があった場合に通知を行うことができます。施設管理者は、「Facility Connect」の活用により、効率的で安心・安全な設備管理を実現できます。

「Facility Connect」システム構成図
 

 

 
  • 「Facility Connect」の特長
1.設備の漏水をリアルタイムに把握
設備の漏水は気づきにくい場合が多く、発見が遅くなると被害が大きくなります。センサーを活用して漏水検知および通知を行うことで、速やかな対応が可能となり、被害を最小限に抑えます。
 

2.施設管理業務の効率化、人為的な作業ミスの削減
従来の施設管理業務は作業員が巡回して手作業で点検を行っていたため、時間がかかるだけでなく、見落としや発見の遅れなどが課題となっていました。センサーを活用することで、作業の効率化および人為的なミスの削減が可能になります。さらに、施設内で不審な入退室があった際は、アラート通知により素早く把握することができます。
 
3.初期設定不要で、データを簡単に一括管理
「Facility Connect」で使用する各センサーや「conect+ Studio」は、必要な設定が済んだ状態で提供するため、施設管理者は初期設定不要ですぐに利用を開始できます。導入後も「conect+ Studio」の画面上で、各センサーから取得したデータを一元的に分かりやすく確認できます。さらに、入退室などのデータはファイル形式でダウンロードできるため、管理記録として報告書などを作成する際にも活用可能です。

 
  • 「Facility Connect」で使用するセンサー
センサーは以下の3種類を提供し、必要な台数を組み合わせてご利用いただけます。

・漏水センサー(R718WB):ロープセンサーが漏水を検知し、アラートを発信。漏水を素早く把握可能です。


・開閉センサー(R311A):特定の居室のドアの開閉を検知し、入退室を自動で記録します。


・人感センサー(RB11E):特定の居室の人の動きを検知します。監視が必要な場所の入退室管理、不審な入退室を記録します。また温度センサーも備えているため、火事等の温度上昇も把握できます。

 
  • 「conect+ Studio」の機能
コネクトプラスが開発した「conect+ Studio」によって、複数のセンサーから取得したデータを一元管理し、リアルタイムで分かりやすく可視化できます。漏水や不審な入退室を検知した際にアラートを送信し、より安心・安全な施設管理をサポートします。
・センサーを設置した場所の入退室確認
・入退室の記録、グラフ化
・漏水や不審な入退室を検知した際、アラートをメールやチャットで送信

 

 


※画像はイメージです。実際とは異なる場合があります。
  • 「Facility Connect」の提供内容
・センサー(漏水センサー、開閉センサー、人感センサー)
・屋内用ゲートウェイ(SIMモデル) 1台
・「conect+ Studio」 1アカウント
・「SenseWay Mission Connect」 1アカウント
 
  • 料金プラン
初期費用: 0円
月額基本料料金: 9,800円
センサー月額料金: 1,980円・台/月
追加 屋内用ゲートウェイ(SIMモデル): 2,980円/月
※最低利用期間は12か月となります。

サービス提供開始日
2020年8月20日(木)(予定)


 ■センスウェイについて
センスウェイはIoTに必要な通信である長距離・低消費電力のLPWAのLoRaWANを使ったIoT通信サービス「SenseWay Mission Connect」を提供しています。IoTのラストワンマイルを構築し、便利で快適な社会を創造していきます。
https://www.senseway.net/smc-lp

 ■コネクトプラスについて
コネクトプラスは「技術と人を、デザインでつなぐ。」をコンセプトに、IoT領域における「データアプリケーション」に特化したサービスを提供しています。企業向けにIoTデータのダッシュボードが作成できる「conect+ Studio」、ホビーユーザー向けにIoT用スマホアプリが作成できる「conect+ Lite」を展開しています。
https://www.conect.plus/
 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. センスウェイ株式会社 >
  3. IoTで施設の管理業務を効率化する「Facility Connect」を提供開始