【医療ICT】スマート医療秘書が、紙カルテをご利用中のドクターをサポート!

診察中の会話から所見やバイタルデータ、オーダーなどをスプレットシートに転記

kanata株式会社(東京都中央区、代表取締役:滝内冬夫)は、スマート医療秘書=kanata!=の機能を追加致しましたのでご案内致します。これにより、紙カルテをご利用中のドクターのカルテへの入力や転記作業の効率化をサポートいたします。
【スマート医療秘書=kanata!=とは?】
弊社で開発し提供を続けているVoice-Karteに搭載してる医療秘書の知識に基づいた構文解析機能と音声認識、RPAを組み合わせ、バイタルなどのデータやオーダーを情報の種類ごとに現在ご利用中の電子カルテに転記を行うソリューションです。

【kanata!が紙カルテをご利用中のドクターをサポート】
①スマホを通じた音声認識結果をkanata!が取込
②構文解析がバイタルなどのデータやオーダーを生成
③RPAが情報の種類ごとにスプレットシートに転記
 スプレットシートをプリンターから出力する事でファイル保存が可能となります。


一般診療所における電子カルテの普及率は年々高まっておりますが、医療施設調査(厚生労働省)によると平成29年における一般診療所の電子カルテ普及率は41.6%(42,167/101,471)で、半数以上が電子カルテ未導入となります。
紙カルテをご利用されるドクターの方への業務の効率化をサポートができる様に、スマート医療秘書=kanata!=の機能を追加致しました。

【kanata!の料金体系】
スマート医療秘書=kanata!=の機能追加を記念して、キャンペーン期間の延長を致します。
2020年12月31日(木)までにお申込みを頂いたお客様に限りキャンペーン価格を適用致します。
電子カルテをご利用されているドクターも、紙カルテをご利用されているドクターも上記期日までにお申し込みを頂く事で、キャンペーン価格を適用させて頂きます。

【初期設定費】
100,000円 ⇒ 0円
・初期設定費には、サーバ設定費、関連アプリの利用料に加えてPC1台の設定費を含んでいます。
・PCを追加でご利用頂く場合は、10,000円/台の設定費を頂戴します。
・PC追加設定費は、キャンペーン期間中でも費用は発生致します。

【年間利用料】
240,000円 ⇒ 120,000円
・同時アクセス数毎の料金となります

<キャンペーン条件>
・お申し込み期限:2020年12月31日(木)まで
・キャンペーン価格適用期間:初回請求年から3年間

<注意事項>​
​上記価格は税抜価格となります。
音声認識専用のAndroidスマホ及びマイクを使用される際は、別途購入して頂きます。
費用は、Androidスマホが30,000円程度、マイクが10,000円~30,000円程度です。(共に税抜価格)

※キャンペーンや料金の詳細やその他最新情報は、Webサイトでご確認頂けます様お願い致します。
https://www.voice-karte.com/kanata



◇kanata株式会社の概要◇
会社名:kanata株式会社
https://www.kanatato.co.jp/
本社所在地:東京都中央区日本橋人形町2-9-7 未来堂ビル3階
代表者:滝内 冬夫
事業内容:構文解析に関する研究開発、医療情報システムの開発・販売
設立日:2018年11月15日
 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. kanata株式会社 >
  3. 【医療ICT】スマート医療秘書が、紙カルテをご利用中のドクターをサポート!