IT導入補助金対象ツールに「TANO2020」がC類型認定。中小企業・小規模事業者に最大450万円補助で導入可能に(4次締切は7/10)

経済産業省が推進するサービス等生産性向上IT導入支援事業「IT導入補助金2020」において、ITツールとして採択されました。

TANOはセンサーを利用してコンピューターにより自動で「測定」「運動・発声」「学習」が出来るゲーミフィケーションツールです

■「IT導入補助金2020(C類型)[特別枠]」

補助率最大3/4 最大450万円を補助

令和2年度補正 サービス等生産性向上IT導入支援事業(IT導入補助金)特別枠(以下、「C類型」)は、昨今の新型コロナ感染症が事業環境に与えた影響への対策及び同感染症の拡大防止に向け、具体的な対策(サプライチェーンの毀損への対応、非対面型ビジネスモデルへの転換、テレワーク環境の整備等)に取り組む事業者によるIT導入等を優先的に支援するために創設されたものです。

https://www.it-hojo.jp/tokubetsuwaku/


■C類型の現在の締め切りは下記となっています。

・4次締切
・締切日:2020年7月10日締切17時<予定>
・交付決定日:2020年8月以降~ 詳細は後日案内予定

 詳細の変更はIT導入補助金のホームページよりご確認下さい。
 ※申請にはgBizID(登録無料)が必要となります。

  https://gbiz-id.go.jp/top/

 発行まで数日かかりますので事前に取得願います。

 

■TANO

福祉施設内の機能訓練・測定・レクリエーションを自動化に近づけるために2013年より開発が始まったプロジェクトでコンピューターやセンサーテクノロジー(骨格認識・音声認識・動作認識)をして現在約140種類のコンテンツとなっています。現在、国内外(韓国・中国・香港・台湾)に展開しています。
 

内容には姿勢測定や歩行測定、TUG、反射神経ゲーム、釣りゲームや的当て、サッカー、等多岐に渡るコンテンツがあります。利用者は何も装着せずともセンサーが自動的に骨格や音声を読み取り、楽しみながら運動や測定が手軽に出来ます。(立位が出来ない方でも楽しめるコンテンツが多く含まれます)

運動できる空間の広さにより、1名から数十名でも楽しめるコンテンツが用意されています。
TANOを利用してレクリエーションをトレーニングにしている施設も増えています。
 

 

 


■姿勢計測から運動も非対面で実施できます



■リモート事例(サンプル)

 

 

【本件に関するお問合せ】
TANOTECH株式会社
広報担当:千葉・青木


E-mail:info@tanotech.jp

もしくは
TANOTECHのホームページより(CONTACT US)にてお気軽にご相談ください

https://www.facebook.com/TANOTECH/

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. TANOTECH >
  3. IT導入補助金対象ツールに「TANO2020」がC類型認定。中小企業・小規模事業者に最大450万円補助で導入可能に(4次締切は7/10)