Makeblock、誰もが簡単に使える高性能レーザー加工機「xTool D1」のクラウドファンディングを開始

STEAM教育のソリューションを提供するMakeblock Co., Ltd(以下Makeblock、本社:中国深セン市、創業者CEO:王建軍)の日本法人 Makeblock Japan 株式会社は、本日2021年10月15日より、GREEN FUNDINGにて、誰もが簡単に使える高性能なレーザー加工機「xTool D1」のクラウドファンディングを開始いたします。


■クラウドファンディング概要
クラウドファンディングサイト:GREEN FUNDING
プロジェクトサイト:https://greenfunding.jp/lab/projects/5287
目標金額:2,000,000円
実施期間:2021年10月15日〜2021年11月30日
特典:
(1) xTool D1(10W)
(2) xTool D1(5W)
(3) オプション(回転装置、調整脚)
先着制による特典を複数ご用意しており、メーカー希望小売価格の最大45%OFFにてご提供いたします。
製品のお届け:2022年1月下旬予定


■xTool D1 製品概要
 

 


xTool D1は、高い加工精度、十分な加工範囲・パワーを実現しながら、直観的なユーザー・インタフェースによって誰もが簡単に使えるレーザー加工機です。xTool D1を用いて加工することで、様々な素材を切断したり、画像や文字といったイメージを対象物に彫刻することができます。家庭でのDIYからオフィスでの業務活用まで、あらゆる用途に対応しています。


【主な製品特長】
・画像などのデザインデータをもとに、1000DPIの高解像度で彫刻をすることができます。
・432mm x 406mmの加工エリアをサポートしており、A3サイズよりも一回り大きな作品を加工できます。
・10Wの高出力レーザーによって6mmの厚さがある木材を切断することができます。
・ソフトウェアはパソコン及びスマートフォン (iOS / Android OS) に対応しており、直観的なユーザー・インタフェースを実現しています。
・オプションの回転装置、調整脚を使用することで、高さのある作品、および円筒形や球形の立体物に対して彫刻を行うことができます。
・少ないパーツでシンプルな構成を実現しているため、15分程度の時間で組み立てることができます。
・無償の豊富なサンプルデータを用意しているため、デザインソフトでオリジナルデータを作らなくてもすぐに制作を始めることができます。
・焦点位置を調整するためのレバーを搭載しているため、焦点合わせを簡単に行うことができます。
詳細は、クラウドファンディング掲載ページ:https://greenfunding.jp/lab/projects/5287 をご覧ください。



【製品仕様】


■Makeblock Co., Ltd
中国深セン市で2013年に創立されたMakeblock Co., Ltdは、世界有数のSTEAM教育ソリューションのプロバイダーです。世界140以上の国・地域の2万5,000校以上の学校、教育機関、家庭向けにハードウェア、ソフトウェア、コンテンツおよびロボットコンテストを提供しています。2020年には、メイカー向けのデジタルファブリケーション機器の開発に特化したサブブランドxToolを設立しました。

代表者:創業者CEO 王 建軍(Jasen Wang)
所在地:中国広東省深セン市南山区学苑大道1001号南山智园C3棟3階
Webサイト:https://www.makeblock.com/jp

■本件に関するお問い合わせ先
Makeblock Japan 株式会社
担当:下須賀(jp@makeblock.com)

  1. プレスリリース >
  2. Makeblock Japan株式会社 >
  3. Makeblock、誰もが簡単に使える高性能レーザー加工機「xTool D1」のクラウドファンディングを開始