「As is / To be」フレームワーク記事が月間PVランキング3か月連続1位!ためになると評判(マーキャリ)

セールス・マーケターのキャリアアップに役立つ記事を日々配信している『マーキャリメディア』のフレームワーク解説シリーズに今年2月に公開の『「As is」と「To be」は理想と現状を把握し、問題解決を図るための有効なフレームワーク」【前編】』が同メディア内月間PVランキング3か月連続1位となる人気ぶり。

 



BtoBマーケティング支援30年以上の歴史を持つ国内マーケティングのパイオニア企業が運営するメディアとあってこれまでに多くのマーケティングに関連した解説記事を配信しており、問題解決のために役立つフレームワークの1つとして知られる「As is(アズイズ)」と「To be(トゥービー)」に関する記事も、ノウハウが詰まった有用性の高い内容となっています。

更に同記事はPowerPoint形式のテンプレートが付いており、無料の会員登録で誰でもダウンロードが可能となっています。

 



参考書並みの内容に、実際にビジネスで使えるテンプレートまで付いて全て無償で提供されているフレームワーク解説シリーズは、現在マーケティング業務に従事してる人は勿論、これからマーケティングを勉強したい人にきっと役立つでしょう。

■「As is」と「To be」は理想と現状を把握し、問題解決を図るための有効なフレームワーク」【前編】
https://media.mar-cari.jp/article/detail/673

■動画での「As is To be」解説
https://youtu.be/kQ0jgryfisY
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社エムエム総研 >
  3. 「As is / To be」フレームワーク記事が月間PVランキング3か月連続1位!ためになると評判(マーキャリ)