金沢の私設現代アート美術館「KAMU kanazawa」が12月17日、6つ目のスペース「KAMU k≐k」をオープン。オープニング企画展は諏訪綾子の新作「TALISMAN in the woods」

setchu株式会社(本社:石川県金沢市、代表:林田堅太郎)が運営する私設現代アート美術館「KAMU kanazawa(カム カナザワ)」に、6番目のスペース「KAMU k≐k(カム ケーケー)」が2021年12月17日(金)にオープンします。多目的企画展示スペースとして作られた「k≐k」の初回企画は、フードアートの分野で活躍する諏訪綾子の新作「TALISMAN in the woods(タリスマンインザウッズ)」を公開します。自然、都市、水の循環をテーマに白山と金沢を舞台に作品が展開されます。

TALISMAN in the woods ©Ayako Suwa Courtesy of KAMU kanazawa TALISMAN in the woods ©Ayako Suwa Courtesy of KAMU kanazawa


期間限定の展示室KAMU k≐k、都市の移り変わりと共に形を変える美術館

期間限定の展示室KAMU k≐k、都市の移り変わりと共に形を変える美術館
2020年の開館から1年半、個性の異なる美術館の展示スペースを街中に出現させ続けたKAMU kanazawa。10月の「KAMU tatami」オープンも記憶に新しい中、6つめのスペース「KAMU k≐k」を12月17日(金)にオープンします。 約4年半限定の企画展示室は、時間と共に都市の役割や形が変わる事で美術館のあり方も変えていくというKAMUの思想に沿った展示室となっています。

KAMU k≐k Courtesy of KAMU kanazawKAMU k≐k Courtesy of KAMU kanazaw


KAMU k≐k の舞台になるのは金沢の中心地「片町」と「柿木畠」エリアを横断して立つ施設「Prego(プレーゴ)」の一角です。高さ5m、幅奥行き7mの空間は、劇場のような雰囲気で多様なジャンルの作品を魅力的に演出するスペースとなっている。また商業施設全体の外観と全く異なる印象の展示空間は、街中に展示室のあるKAMUならではのギャップを楽しめる空間となっています。

美術館を超えて広がる作品の世界「TALISMAN in the woods」

TALISMAN in the woods ©Ayako Suwa Courtesy of KAMU kanazawa TALISMAN in the woods ©Ayako Suwa Courtesy of KAMU kanazawa


「k≐k」初回展示は諏訪綾子の「TALISMAN in the woods」を公開します。循環をテー マにした本作品は、森と都市、水をキーワードに、展示作品を中心に一滴の雫のよう に美術館の外へ波紋が広がり、鑑賞者が日常の見えていなかった自然を感じたり 、 関わりのなかったコミュニティや自然に繋がりが生まれるような作品となっていま す。本展では石川県の広域に水を供給する水源地“白山”から多くのエッセンスを分け てもらい多感覚で諏訪が咀嚼する自然を鑑賞者があじわい、循環を体感できるインス タレーションです。コロナウイルスが蔓延する2020 年から作家がタリスマンと名付け て制作を始めた立体作品。この立体作品を白山で間伐された杉の枝葉を用い、KAMU k≐k のスケールに合わせメインとなるモニュメントとして展示します。

©Ayako Suwa Courtesy of food creation©Ayako Suwa Courtesy of food creation


その他にも白山から採取した様々なエッセンスで展示空間を満たし、私たちが日々体内に取り入れる水の循環を感じることのできる作品になっています。そしてその水がどこから私たちのもとに来て、この当たり前に届く恵みをどう持続させるか。その問いへと意識を向けるため、山の間伐した杉の枝葉を作品に使用し、展示を終えたタリスマンは白山の土へ還し美術館の展示と白山の自然を繋げます。そして作品制作時から白山の自然に関わる人々と交流し協力をしてもらいながら作家と共に、循環を生み出そうとしています。

©Ayako Suwa Courtesy of food creation©Ayako Suwa Courtesy of food creation


本展示は美術館だけがプロジェクトではありません。現在プロジェクトの一環として開催中のクラウドファンディング(https://motion-gallery.net/projects/kamu_ayakosuwapjt/ )を通じて諏訪の作品「タリスマン」などを手にすることができます。また単に作品を所有するだけでなく、白山からのタリスマンが枯れた後、それ自体が森への招待状になります。それらを白山に持ち寄り作家が主催する、「タリスマンを森に返すリチュアル」に参加してもらい循環に加わるプログラムも行われます。

TALISMAN ©Ayako Suwa Courtesy of food creationTALISMAN ©Ayako Suwa Courtesy of food creation


展示は2021 年12 月にスタートし、2年間の展示期間の中で、人、自然、都市が作品 をつうじてどのような繋がりを作り、循環を生み出していけるか、作家にとっても美 術館にとってもチャレンジングなプロジェクトとなります。 展示される作品は自然物なので時間の経過と共に色や形を変えていきます、白山から 採取した香は自然のコンディションや季節によって変化するので香が生まれるかもし れません。その時期その瞬間の循環のあじわいを楽しんでいただけたらと思います。



諏訪綾子
アーティスト food creation 主宰 石川県生まれ。金沢美術工芸大学卒業後、2006 年よりfood creation の活動を開始、主宰を務め る。欲望、好奇心、進化をテーマにした食に関する作品をパフォーミングアート、インスタレ ーション、ダイニングエクスペリエンスなどの手法で数多く発表。本能的な無意識の感覚に訴 えることのできる表現の媒体として「食」を扱い、感情、記憶などの内在する感覚を「あじわ い」で伝えることで、体験者に新たな問いや発見をもたらす作品が特徴。 美食でもグルメで もない、栄養源でもエネルギー源でもない新たな食の可能性を追求している。


KAMU kanazawa https://ka-mu.com/
金沢市の中心部にある私設の現代アート美術館「KAMU kanazawa(カム カナザワ)」が2020年6月21日に開館し、これまで「Center」「BlackBlack」「Sky」「L」「tatami」と金沢市内に5つのスペースを立て続けにオープンさせ、街を歩き、アートを楽しみ都市の魅力を見つけてもらう仕組み作りを行う。レアンドロ・エルリッヒの作品《INFINITE STAIRCASE》や、写真家・森山大道を代表するモチーフである唇をプリントした空間《Lip Bar》をはじめとする世界的に有名なアーティスト、新進気鋭のアーティストの作品にふれることができる美術館。


KAMU k≐k
オープン:2021 年12 月17 日
諏訪綾子「TALISMAN in the woods」展示期間:2021 年12 月17 日~2023 年12 月23 日
入館料:1300 円(全スペース共通チケット)、小学生以下無料(チケットの購入は広坂の
KAMU Center のみ)
閉館日:月曜(月曜が祝日の場合は営業)
開館時間:11:00~18:00
住所:石川県金沢市広坂1-1-52 KAMU kanazawa
※KAMU sky は展示入れ替えのため公開しておりません。


クラウドファンディングについて
プロジェクト期間:2021 年11 月22 日~12 月27 日
プロジェクトU R L:https://motion-gallery.net/projects/kamu_ayakosuwapjt/
プラットフォーム:MotionGallery(https://motion-gallery.net/


制作協力
株式会社白峰産業 尾田弘好(造林業)
EarthRing 大本健太郎(蒸留技師))川上由夏(調香師)



本件に関するお問い合わせ先
KAMU kanazawa
info@ka-mu.com
Instagram:https://www.instagram.com/kamu_kanazawa/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. setchu株式会社 >
  3. 金沢の私設現代アート美術館「KAMU kanazawa」が12月17日、6つ目のスペース「KAMU k≐k」をオープン。オープニング企画展は諏訪綾子の新作「TALISMAN in the woods」