「府中南交流センター」の愛称を「マイ・フローラ南交流センター」と命名

野村乳業、府中町ネーミングライツ・パートナーに決定

野村乳業株式会社(本社:広島県安芸郡府中町、代表取締役:野村 光男)は、府中町として初めて実施されたネーミングライツ(愛称命名権)パートナー企業に決定いたしました。今後「府中南交流センター」の愛称は「マイ・フローラ南交流センター」となり、2021年(令和3年)10月1日より2031年(令和13年)9月30日まで10年間使用されます。野村乳業は府中町で1897年(明治30年)に牧場として創業。以来、124年にわたり府中町を拠点として活動してきました。地域に根差した活動を通じ、地域社会とともに発展していくことを目指しており、地域貢献を目的にネーミングライツ事業へ応募いたしました。

マイ・フローラ南交流センター外観マイ・フローラ南交流センター外観


【愛称「マイ・フローラ南交流センター」の由来】
愛称の由来は、利用者のみなさまそれぞれにとって、自分のお花畑(フローラ)にいるような、心地よい憩いの場にしていただきたいという思いを込めました。また、「おなかを育てる」をコンセプトにしている食品メーカーとして、町民のみなさまのおなか(腸内フローラ)への意識を高め、健康に貢献したいとの願いもあります。おなかの健康に重要なポイントをまとめた「おなかを育てる10のヒント」を窓面に掲示してまいります。

※写真は合成イメージ。※写真は合成イメージ。


【植物乳酸菌発酵エキス『マイ・フローラ』について】
野村乳業で製造している乳酸菌飲料『マイ・フローラ』にも同じ思いを込めています。おなかの環境を「腸内フローラ(腸内細菌叢)」と呼びますが、毎日お花に水をやるように、日々「おなかを育てる」ことを実践いただきたい。そして、おなかから健康になっていただきたいという願いを込めています。

■リリース全文は以下URLよりダウンロードください。
https://prtimes.jp/a/?f=d55083-20210921-47fb01a13f29135e87ee54f78c1a5ea7.pdf

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 野村乳業株式会社 >
  3. 「府中南交流センター」の愛称を「マイ・フローラ南交流センター」と命名