オミクロン対策に!【鼻うがい】でコロナ陽性者の重症化・死亡率が1/8に!

感染再拡大中の今だから知ってほしい鼻うがいの重要性

ニールメッド株式会社が米国オーガスタ大学の研究に鼻うがい「サイナスリンス」を提供。COVID-19陽性者を対象に1日2回2週間、鼻うがいを実施させた結果、重症化・死亡率が 1/8 になったという研究結果が発表されました。(CDC=アメリカ疾病管理センター COVID-19 症例監視データと比較)

鼻から吸い込まれる空気にはウィルスや細菌、花粉などの異物がたくさん。その約7割が上咽頭から体内に取り込まれると言われている。PCR検査で細胞をこすり取られる鼻の奥の部分が上咽頭である。上咽頭にウィルスが付着している状態が陽性であり、PCR検査で陽性になったとしても感染しているとは限らない。陽性確認後に「鼻うがい」をすることで重症化・死亡率が1/8になること、つまりコロナ感染症の感染リスクも抑えられるということが米国オーガスタ大学の研究で明らかになった。
https://www.medrxiv.org/content/10.1101/2021.08.16.21262044v2
 

 

上咽頭を丸洗いできるのは、一般的な喉うがいではなく「鼻うがい」
上咽頭に付着した新型コロナウィルスは3~7日間滞留し体内に取り込まれる。(オミクロン株は発症までの期間が約3日、デルタ株に比べて短いと言われている。)体内に取り込まれてしまう前に「鼻うがい」で副鼻腔と上咽頭に付着しているウィルスを洗い流せば、感染リスクが下がるというわけだ。

オミクロン株にこそ上気道を洗える「鼻うがい」
これまでのオリジナル株やデルタ株のウィルス複製は肺で行われるのに対し、オミクロン株は上気道での複製が多いと言われている。上気道とは、鼻から鼻腔、鼻咽腔、咽頭、喉頭のことを指します。この部分を洗浄することで、発症そして重症化と死亡率を下げることができる。鼻うがいのメーカーは何社かあるものの、上気道をきちんと洗浄できる製品を選ぶ必要がある。
 
医師が開発した鼻うがい【サイナスリンス】
ニールメッド株式会社の「サイナスリンス」は医学的根拠のある容量(240ml)、そして特許取得の独自開発ボトルにより、どなたでも簡単に鼻洗浄できる。体液に近い生理食塩水なのでツーンとした刺激がないのも特徴である。また、防腐剤・薬品・香料も不使用なので、どなたでも安心・安全にご使用いただける。
⿐腔と上咽頭に溜まったウィルス、花粉、細菌などの異物を洗い流すのはもちろんのこと、日々の健康維持としても愛用者が増えている「サイナスリンス」を今こそお試しいただきたい。

※本記事は、鼻うがいまたはサイナスリンスが新型コロナウィルス感染症の治療となる、もしくは完治を保証するものではありません。

__________________________________________________________________________________
ニールメッド株式会社について
2000年創業、今年で22年目を迎える世界最大の鼻洗浄器製品メーカー。
創業者Dr ケタン・C・メータは、NeilMed Pharmaceuticals Inc. を米国、カリフォルニア州サンタローザにて、鼻に関連する様々な疾患に苦しむ患者様の為に、家庭でも簡単に出来る鼻洗浄システム(サイナスリンス)を製品開発し、事業をスタートしました。
現在では、米国・カナダをはじめ様々な国で鼻洗浄の文化が広がり、世界的な健康志向などもあり、多くの医療機関・医師から推奨をいただくようになりました。
世界最大の生理食塩水鼻洗浄システムの製造業者およびサプライヤーに成長を遂げ、主力商品のサイナスリンスは北米を中心に市場の60%近くのシェアを頂くまでに成長致しました。
日本では、2014年4月ニールメッド株式会社として設立。
(HP, www.neilmed.jp)
 
住所:日本法人名:ニールメッド株式会社
所在地:〒101-0065 東京都千代田区西神田2-3-3   HP www.neilmed.jp
事業内容:医療機器製造販売業
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ニールメッド株式会社 >
  3. オミクロン対策に!【鼻うがい】でコロナ陽性者の重症化・死亡率が1/8に!