リアルZ世代のトレンドを調べるZ総研トレンド通信〜Z総研トレンド通信Vol.8『Instagram前編』〜

https://www.zet.tokyo/

Z総研とは、国内初となる「Z世代」を研究対象としたシンクタンク組織です。シンクタンクとして機能すべく、調査結果や専門知識をレポートなどで企業やメディアに提供するのはもちろんのこと、従来のシンクタンクでは行われづらかった、その先のクリエイティブプランの提案まで行える組織を目指しています。
 


Z総研トレンド通信では、Z総研が抱えるリアルZ世代コミュニティ所属のメンバーにヒアリングを実施し、「Z世代」で今流行っていることをお知らせいたします。

第八回はZ世代のInstagram事情に対するトピックスを深堀りと、Z総研が運営するリアルZ世代コミュニティ所属のメンバーへのアンケートをとりました。
調査時期:2021年2月12日~2月19日
調査方法:インターネット調査
調査対象:全国、12〜15歳149名、16〜18歳281名、19〜22歳55名、23歳〜25歳9名、計女494名

■「Z世代」のInstagramに対するトピックス
  • 複数アカウントを使い分けるのは当たり前

アンケートにて、『Instagramのアカウントは何個あるか』を尋ねたところ、88.5%ものZ世代が複数のアカウントを使い分けていることがわかりました。
アカウントの種類は、学校の友達などと繋がっている『本垢(リア垢)』と呼ばれるものや、趣味用の『オタ垢』と呼ばれるもの、特に仲のいい子と繋がる『サブ垢』などがあるそうです。
実際に、Instagramアカウントを複数所持しているリアルZ世代コミュニティ所属のメンバーによると、「アカウントを分けるのは自分のためだけでなく、周りの人のためでもあります。その人にとって興味のない物をたくさんストーリーズなどに投稿すると、邪魔になってしまうし、うるさいと感じさせてしまうこともあるので、複数使い分けています。」とのことでした。
  • ストーリーズの投稿頻度が高い

アンケートにて、『どれくらいの頻度でストーリーズを投稿しているか』を尋ねたところ、毎日と回答したZ世代は36.7%、2~3日に1回程度と回答したZ世代は30.8%と、高い頻度でストーリーズを投稿しているということがわかりました。

また、『ストーリーズをミュートしている人はいるか』という問に対して、はいと答えたZ世代は41.9%と、ミュート設定を使っているZ世代は半分を下回る結果となりました。

一方で『親しい友達機能などを用いてストーリーズを見せないように設定している人はいるか』と言う問に対して、はいと答えたZ世代は81.6%と、ストーリーズを見せる相手を選択しているZ世代は、半数を大きく上回る結果となりました。
実際に、ストーリーズを高頻度で投稿しているリアルZ世代コミュニティ所属のメンバーによると、「普段の日常の中で撮った写真や、遊びに行った時の写真などさまざまなものを投稿します。ストーリーズを用いて会話をすることもあるので、周りの人に迷惑をかけないように親しい友達機能などを使ってストーリーを見せる相手を選んでいます。」とのことでした。
  • 2割以上のZ世代がストーリーズ用のフィルター、GIFを作ったことがある

アンケートの結果、ストーリーズ用のフィルターやGIFを作ったことがあるZ世代は24.9%でした。

また、ストーリーズを投稿する際、GIFをよく使用するZ世代は41.3%、フィルターをよく使用するZ世代は88.7%と、フィルターを使う機会が多いことがわかります。
フィルターの登場により、GIFの使用頻度が減ったとのことで、このような結果となりました。
実際に、フィルター・GIFどちらも作成したことがあるリアルZ世代コミュニティ所属のメンバーによると、「フィルターもGIFもパソコンを用いて作りました。GIFはフィルターに比べると簡単な方だったので、いくつか作成したのですが、フィルターは非常に難しく、情報系の学校に進んだ友人と一緒に作りました。自粛期間で時間に余裕があったので、せっかくなら作ってみようとなり、作成しました。最近は、顔全体にグリッターが散りばめられたようなものがとても人気です。」とのことでした。

今後も「今、Z世代に流行っている事象」をZ総研が抱えるリアルZ世代コミュニティ所属のメンバーにヒアリングしていく予定です。リアルZ世代コミュニティに所属して活動したいZ世代の方や、Z世代にヒアリングしたい企業様は、以下のメールアドレスからお問い合わせください。
Info@zet.tokyo

Z総研公式noteアカウント:https://note.com/zet_tokyo
Z総研公式Twitterアカウント:https://twitter.com/Zsouken
Z総研公式サイト:https://www.zet.tokyo/

■プロジェクトメンバー

WHITEJOKEは、新時代=若者のボイスを元に、若者視点でのプロモーション、コンテンツをプランニングするクリエイティブユニットです。既存概念やシステムに囚われない、ダイバーシティに富んだ今の若者ボイスを正確に捉え、クライアントや社会の課題解決に対して、企画立案からプロモーション実施までを行います。
会社概要
会社名:WHITEJOKE , inc
本社所在地:〒150-0002 東京都渋谷区渋谷2-7-6
代表取締役社長:望月勇哉
事業内容:ボイスリサーチ、PRプロモーション企画、コンテンツマーケティング

株式会社N.D.Promotionは、原宿系モデル・タレントのマネジメント及びメディア運営、若年層マーケティングを展開する総合エンタメ企業。運営しているZ世代女子向けメディア「Nom de plume」はTwitter400,000フォロワー、Instagram100,000フォロワーとSNSを中心に若年層女子へ圧倒的なリーチ力を持っています。
会社概要
株式会社N.D.Promotion
URL:https://www.ndpromotion.co.jp/
設立:2014年7月8日
代表取締役社長:金丸雄一
所在地:〒150-0001 東京都渋谷区神宮前 6-27-8 エムズ原宿3F
業務内容:プロモーション事業・芸能事務所(モデルマネジメント)・メディア事業・インフルエンサーアサイン・ 広告代理業 ・クリエイティブ制作事業(映像・スチール)・主にZ世代をターゲットとしたプランニング事業

株式会社オールブルーは、全く新しい手法で広告、プロモーション、PRにアプローチしていくコンテンツブティックです。企業ブランディング、商品広告、イベント、キャンペーン・・・etc.クライアントの課題解決に対して、プロモーションから事業開発、採用活動までもをワンストップで提供。
会社概要
会社名:株式会社オールブルー
本社所在地:〒107-6322 東京都港区赤坂5-3-1 赤坂Bizタワー
代表取締役社長:助野 太祐
事業内容:メディア運営、PRプロモーション企画、コンテンツマーケティング

株式会社ZEROは、インフルエンサーの唯一無二の才能と共に未来を創造することを軸に、事業の起ち上げ、企業との広告コミュニケーションデザイン、映像・音楽制作、オフラインのイベント空間の演出、ファンコミュニティのデザインまで、従来の手法に捉われない統合的な手段で企業をサポートするインフルエンサーマーケティング業務を展開。
会社概要
会社名:株式会社ZERO
本社所在地:〒150-0031 東京都渋谷区桜丘町3-6 1F-A 大和田第2ビル
代表取締役社長:土屋匡範
事業内容:インフルエンサーを主としたO2Oイベント/広告代理/マーチャンダイジング、SNSコンサルティング/運営/制作代行

■本件に関するお問い合わせ先
Z総研 運営事務局
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前 6-27-8 エムズ原宿3F(N.D.Promotion内)
MAIL:info@zet.tokyo
担当:道満
  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ホワイトジョーク >
  3. リアルZ世代のトレンドを調べるZ総研トレンド通信〜Z総研トレンド通信Vol.8『Instagram前編』〜