メトロウェザー、NASAのSBIRプロジェクトをサポート

都市の気象センシングインフラの構築に向けて米国TWS社と協業

小型・高性能のドップラー・ライダー※を用いた高精度な風況情報を提供するリーディングカンパニーであるメトロウェザー株式会社(以下、メトロウェザー)と、マイクロウェザーデータとアナリティクスのリーディングカンパニーであるTruWeather Solutions, Inc. (以下TruWeather) は、「都市の気象センシングインフラ」に係るTruWeatherとNASAのSBIR(Small Business Innovation Research)プロジェクトをサポートするための協働契約を締結したことを発表しました。今回の契約の下、メトロウェザーとTruWeatherは、両社の強みを活かして、商業用エアモビリティの大規模展開に不可欠な、都市の気象観測インフラの構築を目指します。私達は、メトロウェザーのドップラー・ライダーとTruWeatherの都市の風況シミュレーションシステムを組み合わせることで、特に密集した都市部において先進的な航空輸送サービスを安全かつ安価に提供するために必須となる次世代気象サービスの開発促進に貢献できるものと考えています。

 

※ドップラー・ライダー:大気中にレーザ光を発射し、大気中のエアロゾル(塵、微粒子)からの反射光を受信しすることによって風速・風向を観測することができる大気計測装置。
 

■今回のNASA SBIRプロジェクトにおける両社の役割について
今回のプロジェクトでは、都市環境におけるUrban Wind Experiment (UWEX) を構築するための設計を完成させ、次のPhase2契約を獲得することを目標としています。現在はPhase1に取り組んでおり、来年度のPhase2では実際の都市においてUWEXを行うことを計画しています。

本プロジェクトにおいて、メトロウェザーは、対象となる都市部のライダー観測を行うための最適なセンシングアルゴリズムとデータ収集戦略を提供し、メトロウェザーのコンパクトで高性能なドップラー・ライダーを使用した複数のライダデータフュージョンのためのモデルを開発するなど、中心的な役割を果たします。また、メトロウェザーは、観測データを配信するシステムやAPIの設計も行います。
メトロウェザーのCEOである古本は、今回のNASA SBIRプロジェクトへの参画にあたり、次のように述べています。「小型かつ高性能なドップラー・ライダーを安価に実現できたことで、ドローンポート(バーティポート)やドローン航路上に多数のドップラー・ライダーを展開することが現実のものとなり、ドローンの離発着や飛行に影響を与える局所的な突風やウインドシアをリアルタイムに可視化することが可能になります。また、ドローンポートに限らず地方空港などへの展開も見込まれます。その結果、ドローンの安全運航が確保される世界が実現し、空の安全・安心に貢献できるものと考えています。今回、TruWeatherというパートナーを得て、NASAのプロジェクトに関われることでこうした世界の実現に一層近づくことができると思いますし、大変誇りに思います。」

TruWeatherは、複数のドップラー・ライダーから得たリアルタイムの風測定データを同社が運用する都市の風況シミュレーションシステム(TWS’s urban wind model)に統合し、UASやAAMの気象ニーズに対して効率的に最適な予測を行うシステムの設計を行います。
TruWeatherのCEOであるDon Berchoff は、NASA SBIRプロジェクトにおけるメトロウェザーとの協力について、次のようにコメントしています。
“TruWeather is honored to team with MetroWeather to design a testbed with NASA focused on identifying hazardous wind conditions in urban areas. MetroWeather’s reputation for scientific excellence and Wind LIDAR technology for urban environments is a key component of the testbed to demonstrate the ability to detect wind shear conditions potentially impactful to safe and reliable advanced air mobility operations.”
(参考邦訳)
「TruWeatherは、都市部における危険な風の状態を特定することに焦点を当てたNASAとの研究において、メトロウェザーと協力できることを光栄に思います。都市部の風環境に対するメトロウェザーの科学的知見とライダー・テクノロジーは、安全で信頼性の高い先進的エアモビリティーの運用に影響を与え得る風災害の検出機能を実証する上で重要な要素となります。」


■両社の強みと今回の契約締結の意義
メトロウェザーは、2016年から3年間、米国海軍研究所の基礎研究予算を獲得し、空母搭載用のドップラー・ライダーの基礎開発を行なってまいりました。メトロウェザーのドップラー・ライダーは、この基礎開発をベースに完成させたハードウェアに、同社CEO・古本が大気計測や計測工学の研究で培ってきた高精細信号処理技術を組み合わせることで、これまでにない小型・高性能化を安価に実現しています。

TruWeatherは、UASやUTMを対象に気象ソリューションを提供するファースト・プロバイダーです。同社は、ドローンオペレータやエアタクシーの運航に対し、サブスクリプションベースのAPIにより実用的な気象情報を提供し、ドローンの稼働率の向上や、スケージュールの最適化、最適なフライトプランを実現するTruFlite V360を開発し、運用しています。このTruFlite V360は、TruWeatherの都市域におけるCFDシミュレーション技術やデータ解析技術がベースになっています。

メトロウェザーとTruWeatherは、本プロジェクトでの協力を通じて、エアモビリティーサービスに必要不可欠な次世代気象サービスの一層の展開に取り組んでまいります。


■メトロウェザーについて
2015年に設立されたメトロウェザーは、体積65cm四方のサイズで測定距離15キロメートル以上の性能を備えたドップラーライダーを開発した、京都大学発ベンチャーです。メトロウェザーは、京都大学における長年の研究をベースに、ノイズの多いデータセットから小さなシグナルを検知することができる革新的技術を有しており、これによりメトロウェザーのドップラーライダーには高コスト、高スペック、大サイズのコンポーネントが不要となっています。メトロウェザーは、ドップラーライダーを今後の広範な商業エアモビリティ展開に不可欠なインフラとして位置付けてゆくため、製品開発及び事業開発を積極的に推進しています。
 

■TruWeatherについて
2015年に設立されたTruWeatherは、米国市場を中心に、気象データ分析と革新的な気象リスク・マネージメントを製品として提供するリーディングカンパニーです。マイクロウェザーデータとその分析を提供する会社として、複雑な気象科学をシンプルなインサイト・情報に変換し、ドローンやエアタクシー業界向けに提供しています。TruWeather は、空域管理におけるUAS の安全かつ効果的な統合を促進するため、NASA、空軍、連邦航空局(FAA)の複数のプロジェクトにおいて、気象データの収集、予測及び意思決定支援のためのエコシステムを活用し、次世代気象サービスの開発及び初期的運用を支援しています。


■会社概要
メトロウェザー株式会社
設立年月:2015年5月13日
所在地 :京都府宇治市大久保町西ノ端1-25 宇治ベンチャー企業育成工場6号
代表者 :代表取締役 古本 淳一
事業内容:リモートセンシング技術を応用した大気計測装置の開発・製作・販売
https://www.metroweather.jp
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. メトロウェザー株式会社 >
  3. メトロウェザー、NASAのSBIRプロジェクトをサポート