デクセリアルズ、異方性導電膜、スパッタリング技術で製造された反射防止フィルム、光学弾性樹脂の3製品で世界シェアNo.1を獲得

富士キメラ総研「2021ディスプレイ関連市場の現状と将来展望」より

デクセリアルズ株式会社(本社:栃木県下野市、代表取締役社長:新家由久、以下 当社)は、株式会社富士キメラ総研(本社:東京都中央区、代表取締役社長:田中一志、以下 富士キメラ総研)が2021年9月に発行した「2021ディスプレイ関連市場の現状と将来展望」において、当社が製造・販売する、異方性導電膜(ACF)、スパッタリング技術※1で製造された反射防止フィルム、光学弾性樹脂(SVR)の3製品が世界シェアNo.1※2を獲得したことをお知らせします。
■当社製品の市場の占有率と概要について
富士キメラ総研の同調査レポートによる、異方性導電膜(ACF)、スパッタリング技術で製造された反射防止フィルム、光学弾性樹脂(SVR)各製品の2020年金額シェアベースの市場占有率は以下の通りです。


異方性導電膜(ACF)
同調査レポート上の市場区分:ACF※3
当社の世界シェア:48.6%

・異方性導電膜(ACF)とは
ICチップなどの電子部品を基板に実装し、回路を形成する際に欠かせないフィルム状の接合材料です。熱硬化型樹脂の中に導電粒子を分散させており、熱と圧力を加えると「接着」「導通」「絶縁」の3つの機能を果たし、隣接回路間を絶縁しながら対向回路を導通させることが可能です。ディスプレイのICチップなどに多く使用されています。


スパッタリング技術で製造された反射防止フィルム
同調査レポート上の市場区分:表面処理フィルム(ドライコート)
当社の世界シェア:93.8%

・スパッタリング技術で製造された反射防止フィルムとは
ディスプレイの最表面に貼ることで光の反射を抑え、きれいで見やすいディスプレイを実現するフィルムです。半導体に用いられるスパッタリング技術によって、金属酸化膜の反射防止層を形成することで、高耐久性と優れた反射防止性能を有します。当社の反射防止フィルムはノートPCや自動車の車載ディスプレイに広く採用されています。


光学弾性樹脂(SVR)
同調査レポート上の市場区分:OCR※4
当社の世界シェア:70.9%

・光学弾性樹脂(SVR)とは
ディスプレイのトッププレートと、その下にある液晶モジュールなどの間にある空間(エアギャップ)に充填する液状の接着剤です。ガラスに近い光学特性を持つことから、トッププレート界面での外光の反射と内部の映像光の拡散を最小限に抑え、ディスプレイの視認性を向上させることが可能です。スマートフォン、タブレットPCや自動車の車載ディスプレイに広く採用されています。


※1 薄膜形成技術のひとつ。真空環境下でターゲット材にアルゴンガスを吹きつけ、弾き出された原子や分子を対象物に付着させて積層する技術で、半導体の製造などでも活用されています。
※2 2020年の金額シェアベース。
※3 大型向けACF、中小型向けACFの合計。
※4 光学透明接着剤。ディスプレイ内部を貼り合わせる透明な液体接着剤の総称。光学弾性樹脂(SVR)は当社光学透明接着剤の登録商標です。


<デクセリアルズ株式会社について> https://www.dexerials.jp/
デクセリアルズ株式会社は、企業ビジョンとして「Value Matters 今までなかったものを。世界の価値になるものを。」を掲げ、スマートフォン、自動車領域等に機能性材料を提供するメーカーです。異方性導電膜(ACF)、光学弾性樹脂(SVR)、反射防止フィルム、表面実装型ヒューズ、工業用接着剤、両面・片面テープ等の電子部品、接合材料や光学材料等の製造、販売をグローバルで展開しています。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. デクセリアルズ株式会社 >
  3. デクセリアルズ、異方性導電膜、スパッタリング技術で製造された反射防止フィルム、光学弾性樹脂の3製品で世界シェアNo.1を獲得