南海トラフ地震、首都直下地震はじめマグニチュード5以上の地震を「いつ(3日~7日以内)どこで」起きるかを、世界最初に予測配信している「地震解析ラボ」が情報を要望に沿った内容でカスタマイズサービス開始。

南海トラフ地震、首都直下地震、スーパー南海地震対応に向けマグニチュード5以上の地震予測システムをアップデート。併せて「地震解析ラボ」予測情報の詳細カスタマイズサービス開始。

南海トラフ地震、首都直下地震、スーパー南海地震が不安視される中、コロナ禍、大雨による洪水等、複合災害が懸念される事態が増大しています。
世界で起きる地震の20%以上(マグニチュード6以上)が日本で起きている現状の中、地震国にとりまして必要不可欠な対策として、リスクコミュニケーションサービスの拡充に努めます「地震解析ラボ」は、第一弾としてカスタマイズ地震予測サービスを新たに開始することとなりました。また、サービスの追加にともない業務内容の明瞭化をはかりサイトを大幅に更新いたしました。

 

南海トラフ地震、首都直下地震、スーパー南海地震が不安視される中、コロナ禍、大雨による洪水等、複合災害が懸念される状況が増大しています。
世界で起きる地震の20%以上(マグニチュード6以上)が日本で起きている現状の中、地震国にとりまして必要不可欠な対策として、リスクコミュニケーションサービスの拡充に努めます「地震解析ラボ」(運営:インフォメーションシステムズ株式会社、東京都港区、代表取締役:平井道夫)は、第一弾としてカスタマイズ地震予測サービスを新たに開始することとなりました。

▼カスタマイズ地震予測サービスhttps://bosailab.jp/lab/c-service/
業種毎に地震予測内容のご要望が異なることに対応するサービスです。
・ご契約者が必要とされる情報コンテンツを選択し構成された予測情報
・希望される地点の地震予測情報(希望する期間またはスポット)
・ご契約者が希望される配信システム
・配信された情報の活用方法についてのコンサルティングサービス
・リスクコミュニケーションサービス 他をご用意

 

 

 


※画像は開発中のものです。

「地震解析ラボ」では地震予測情報を提供する目的は、コンセプトである「人の生命と財産を守る・・その願いをこめて」の通り減災であると定め、個人向けサービスとしては利用者の現在地における地震予測状況が分かる「地震サーチ」を提供してまいりました。また法人向けサービスでは地震予測情報に加えて予測関連情報を同時に配信することで、短期間に地震発生に備え被害削減を実現可能にし、より早い復旧・復興活動を行えるようサービスを提供してまいります。
 

画像はスマートフォンアプリ「地震サーチ」(https://bosailab.jp/lab/earthquake-search/)のものです。

気象庁地震情報によると4月15日から現在に至るまでマグニチュード5以上の地震が余震を除き33件発生し、弊社ではそのうち30件について予測がなされております(参考資料参照)。継続的な設備投資と研究の結果、予測精度の向上が顕著に表れていると考えております。
これをうけて、かねてより多くの方にご要望いただいておりました特定地点の地震予測提供を開始する運びとなりました。弊社では地震の影響は広く遍く一般に起こることと、その被害は場所、建物、状況などによって変わることに着目し、カスタマイズされた地震予測情報を開始しました。今後もリスクコミュニケーション拡充に投資を行ってまいります。

また、サービスの追加にともないサイトを大幅に更新いたしました。地震予測の技術、必要性、有効性などをわかりやすく解説するとともに、弊社の地震予測情報の活用方法を具体的に予想できるような情報を掲載しております。
▼地震解析ラボ ウェブサイト https://bosailab.jp/
 


 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. インフォメーションシステムズ株式会社 >
  3. 南海トラフ地震、首都直下地震はじめマグニチュード5以上の地震を「いつ(3日~7日以内)どこで」起きるかを、世界最初に予測配信している「地震解析ラボ」が情報を要望に沿った内容でカスタマイズサービス開始。