チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」が、英語版をリリース

チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」を開発・提供する株式会社Stock(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:澤村大輔)は、英語版をリリースしたことをお知らせいたします。


■チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」とは


「Stock」は、チームの情報を最も簡単に残せるツールです。
ITに詳しくない「非IT企業向け」に作られているため、これ以上なくシンプルで誰でも簡単に使い始められます。非IT企業で発生しがちな、「複雑で難しいツールを導入してしまい、チームに浸透せず、情報共有が円滑に進まない」という問題を解消します。
また「ノート機能」を中心としており、情報を残す(ストックする)ことに特化しています。そのため、「チャットツールだと、記載した情報が流れていってしまう」という問題を解消できます。

Stockには、「議事録」「商談・面談記録」「マニュアル」「企画書」等、あらゆる情報をストックできます。さまざまな用途で活用できるため、上場企業や官公庁をはじめとする大手組織から中小企業まで、幅広い業種で急速に導入が進んでいます。

2018年4月のサービス提供開始から4年弱の間、広告宣伝費を投じてきませんでしたが、既に90,000社もの企業様にご導入いただいています。
URL:https://www.stock-app.info/

■英語版の詳細について


「個人設定の変更」から「言語設定/Language」を開き、「English」を選択することで、Stock内の表示とStockから受け取るメールを全て英語表記に変更できます。

■英語版開発の背景
Stockは特定の業種に特化しない「Horizontal SaaS」であり、非常に幅広い業種で導入されています。導入企業様が増えるにつれ、「海外にも支店を持つ大手メーカー」「英会話学校」「外国人アルバイトを雇用する飲食店・小売店」「社内公用語が英語のホテル」といった多様なチームの皆様から、英語版に対する強いご要望をいただく機会が増えてきました。

当初は海外展開の時期に合わせて英語版をリリースする予定でしたが、現在Stockをご利用いただいているユーザー様の強い要望に早急に応えるべきだと考え、予定を大幅に前倒ししての実装となりました。

今回の英語版リリースにより、海外に拠点のある企業様や海外出身のメンバーを有する企業様にも全社導入していただきやすくなりました。

■日頃Stockをご利用いただいている企業様の声

松山ヤクルト販売株式会社 取締役 塩出祐貴様
「弊社の宅配部門のスタッフの半分近くは50代以上と高齢で、キーボード入力が苦手なスタッフもいるほど、ITツールへの強い抵抗感がありました。しかし、Stockは他ツールに比べて圧倒的にシンプルで、直感的に使えるため、予想通り非常にスムーズに使い始めることができました。」
 

SBIビジネス・イノベーター株式会社
わたし・みらい・創造センター(企業教育総合研究所) 副センター長 加井夕子様
事業企画部/戦略企画グループ・管理グループ マネージャー 海野紘子様

「いわゆる『チャットツール』とは違って情報が流れていかず、チームの情報をとにかく簡単にストックしていけることの価値に驚き、Stockの導入を決めました。Stockを使えば、業務が効率化されるということを、自分たち自身で強く確信したのです。」

■株式会社Stockについて
「世界中の『非IT企業』から、情報共有のストレスを取り除く」ことをミッションに、ITツールに馴染みが少ない方でも簡単に情報共有・情報ストックができる「Stock」を提供するスタートアップ企業です。情報共有ツールStockは、90,000社以上の企業様にご利用いただいており、週刊東洋経済「すごいベンチャー100」にも選出されています。Stockにおける機能追加・改善の判断基準は「40度の熱があっても0.5秒で分かるか」であり、Stockのシンプルさに誇りを持ちながら開発・運営しています。

【会社概要】
企業名:株式会社Stock
代表者:澤村 大輔
所在地 :東京都千代田区岩本町2-5-12 岩本町ツインビル3階
事業内容:情報共有ツール「Stock」の開発・運営
URL: http://www.stock-inc.co.jp/

【お問い合わせ先】
本記事に関するお問い合わせは、下記メールアドレス宛にご連絡ください。
support@stock-app.jp (担当:渡辺)
 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社Stock >
  3. チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」が、英語版をリリース