スマート工場の構築を加速「CC-Link IE TSN」の仕様を公開

~TSN技術を採用し、従来のCC-Link IEの性能・機能を大幅に向上~

Ethernetベースの産業用オープンネットワークCC-Link IEの普及活動を展開するCC-Link協会(本部:名古屋市)は、CC-Link IEの次世代を担うネットワークとして「CC-Link IE TSN」の仕様策定が完了したことを発表しました。CC-Link IE TSNは、従来のCC-Link IEに対する市場からの要望に応えるべく、標準Ethernet規格を拡張したTSN(Time Sensitive Networking)の技術を採用することで、FA(生産現場)とITの融合を実現すると共に、効率的なプロトコルにより従来のCC-Link IEの性能・機能をさらに強化しました。また、開発手法の多様化により様々なタイプの機器への実装を可能にする他、制御通信とIP通信による情報通信の混在使用を可能にするなど、IoTを活用したスマート工場の構築が、より短期間で効率よく行えるようになると期待されます。
CC-Link IE TSNの具体的な仕様は、本日よりCC-Link協会の会員サイトを通じてパートナー各社に公開されます。
 

 


CC-Link IE TSN仕様リリースの背景
CC-Link IEは、市場初の1Gbps Ethernetをベースとした産業用オープンネットワークとして、2007年に仕様公開され、一般入出力制御から始まりモーション制御、安全制御へとその機能・適用範囲を拡張してきました。
近年、IoTシステムが実用段階に進むに伴い、汎用Ethernet通信を実装した幅広い機器の活用や、高機能なドライブ機器の要求、様々なタイプの機器へのプロトコル実装等に対する市場要求が高まってきました。これらに応えるためCC-Link協会は、従来のCC-Link IEの性能・機能を大幅に向上し、産業用ネットワークにおけるEthernet技術として注目されるTSNを採用したネットワーク「CC-Link IE TSN」を開発しました。

CC-Link IE TSN特長
1. 柔軟なIoTシステム構築
  • 時分割の通信方式としてEthernet通信技術「TSN(Time Sensitive Networking)」を採用
  • 制御通信のリアルタイム性を確保しながら、IP通信による末端機器からの情報収集が可能に
2. システムの早期立ち上げ・復旧
  • SNMPに対応したEthernetの汎用診断ツール活用により、ネットワーク診断がさらに簡単に
  • 対応機器の時刻同期により、トラブル発生時の原因究明が簡単に
3. さらなる生産性向上
  • 通信性能の向上により、31.25μsよりも高速なモーション制御に対応可能なプロトコルでタクトタイムを短縮
  • 通信周期の最適化により、高周期通信と低周期通信を組み合せた最適システムを実現
4. 開発手法の多様化
  • 専用通信チップ(ASIC等)から汎用Ethernet通信チップへのソフトウェアプロトコルの実装まで幅広い開発手法に対応
  • 1Gbpsだけでなく100Mbpsにも対応

CC-Link IE TSN対応製品の開発状況
仕様策定に携わった一部のパートナー企業は既に製品開発に向けてご検討いただいており、対応製品は2019年から順次発売されることが期待されます。
2018年11月時点でCC-Link IE TSN対応製品の開発をご検討いただいているパートナー企業は以下の通りです。またCC-Link協会の幹事会社をはじめパートナー各社よりエンドースメントコメントを頂戴しておりますので、ご紹介させていただきます。





























 







































<エンドースメントコメント(アルファベット・50音順、敬称略)>
スリーエム ジャパン株式会社 電力・電子ソリューション事業部 電子部品営業部
部長 舟山 明嘉
昨今、ものづくりの工程の見える化、生産効率向上のニーズを背景に各種製造装置をはじめ、ロボット、センサーなどを一括制御するために産業用ネットワークが急速に拡がってきています。
その中で当社としては、更なる進化を遂げる「CC-Link IE TSN」の提案に賛同し、高い伝送信頼性、堅牢性を実現するネットワークコネクタ及びケーブルアッセンブリ製品の提供および開発を進め、グローバルへ「CC-Link IE TSN」を普及するため活動をサポートしていきます。

アドバンテック株式会社 iFactory事業部
責任者 古澤 隆秋
アドバンテック株式会社は、CC-Link IE TSNが新たなEthernet 技術の根幹を握るもの、柔軟なIoTシステム構築を確実にするキー製品となると信じており積極的に寄与していきたく思っております。

Brendan O’Dowd, General Manager, Automation Energy Group,
Industrial Automation, Analog Devices, Inc.
アナログ・デバイセズは、4-20mA通信に始まりシリアル・フィールドバス、そして工場向けイーサネット対応プロトコルまで産業用通信に対しソリューション提供の豊富な実績がございます。この進化の過程の中でCC-Linkは顧客のオートメーション化への複雑な課題を解決する重要な役割を果たしてきました。
アナログ・デバイセズは堅牢な製品ポートフォリオによりCC-Linkイーサネットソリューションを強力にサポートいたします。

Jürgen Gutekunst, Senior Vice President Mobility, Balluff GmbH
BalluffはCC-Link協会の幹事会社として、長年に渡りCC-LinkとCC-Link IEをサポートしてきました。私たちのスローガン 「Innovating Automation」は、私たちがセンサと自動化アプリケーションのスペシャリストであり、センサ事業を核としたソリューションプロバイダであることを示しています。インテリジェントなセンサからコントローラへ、IO-Linkデータ伝送のリーディングカンパニーであるBalluffは、お客様のデジタル化とIIoT戦略におけるパートナーです。私たちのCC-Link IE製品は、ほぼ全てのアプリケーションに対して、高速なデータアクセスを提供します。BalluffはCC-Link協会と継続的な親密な関係を期待すると共に、新しいソリューションと製品の拡大に努めていきます。

Oliver Kleineberg, Global CTO Core Networking,, Hirschmann Automation and Control GmbH
ヒルシュマン社はTSN技術の先駆者です。IEEE 802標準の黎明期より本技術の発展に貢献をしてきた我々が、CC-Link IE TSNへの結実を目の当たりにでき、高揚を抑えることができません。このTSN技術によりCC-Link IEは、現在、そして未来のIIoT、スマートファクトリーの実現に大きな一歩を踏み出すことと存じます。ヒルシュマンの産業用イーサネットスイッチは高精度な同期品質、高精度な転送機能を提供し、CC-Link IE TSNネットワークの実現に貢献できることを楽しみにしております。

CKD株式会社 コンポーネント本部 ネットワーク技術部
部長 水野 博之
高速なI/O通信と情報データの送信を同時に可能にするCC-Link IE TSNは、ご使用いただくお客様に、多くの価値を提供できるものと思います。今回のリリースに賛同し、当社も製品の対応開発・販売を通してCC-Link IE TSNの普及に貢献いたします

Justin Testa, Vice President, In-Sight Business Unit, Cognex Corporation
CC-Link IE TSNはネットワーク技術の性能や相互運用においてブレークスルーとなる技術です。コグネックスの画像センサは、製造工程とインダストリー4.0での重要なデータ通信を自動化するのに活用されておりますが、ネットワークアーキテクチャが柔軟であるため、様々な既存のデータ管理、診断や監視システムを使用して、こうしたデータを容易に集計することができるようになります。さらに、高速、高精度の同期性能により、モーション制御のための高度な画像処理を可能にし、さらなる生産性の向上が期待できます。コグネックスはこのCC-Link IE TSNを、より高度なスマートファクトリーを構築する上でのネットワーク技術として、大きなアドバンテージとなると考えます。

Lale Hübner, Product Management IO Terminals, Festo AG & Co. KG
2001年、CC-Linkを採用した最初のバルブターミナルCPVを開発して以来、私たちはCLPAと緊密なパートナーシップを結んできました。
CPXやCTEUなどのCC-Link製品を開発している間、私たちはCLPAテストセンターから多大なご支援をいただきました。またCLPAには日本、韓国、中国の子会社と私どもに対し、アジアにおけるネットワークを確立するためのサポートをいただきました。
今回スタートさせたCC-Link IE Fieldプロジェクト、次世代のギガビット対応フィールドバスに対する需要が日々大きくなっているとのこと、誠に喜ばしく存じます。
本プロジェクトにおきましても素晴らしい協力関係とサポートを期待して止みません。
今後ともより一層のご支援のほど、よろしくお願い申し上げます。

フォーティネットジャパン株式会社
社長執行役員 久保田 則夫
CC-Link IE TSNの仕様策定が完了し、公開されたことを心より歓迎いたします。IoTが製造業にも広がりつつある現在、TSN技術を取り込んだCC-Link IE TSNはその普及を後押しすると期待しております。弊社ではCC-Link協会の取り組みを今後も支援し、産業向けセキュリティにおいて貢献していく所存です。

Sebastian Hilscher, Division Manager, Development, Hilscher Gesellschaft für Systemautomation mbH 
ヒルシャーは産業用通信のキーサプライヤとして、長年に渡りCC-Linkファミリー対応の通信インターフェース製品を提供してまいりました。その成功体験においてCC-Link IE TSNを製品ポートフォリオに加えることは必然的なものであり、センサーからクラウドへの通信を構築するIIoTにおいても有効な技術であると認識しております。
PCカードや組込みモジュール、ゲートウェイといった製品群に加え、産業用通信SoC「netX」へのCC-Link IE TSN実装も予定しております。

Christian Bergdahl, Product Marketing Manager, HMS Industrial Networks AB
自動化の進む工業界で接続ソリューションを幅広く提供しているHMS インダストリアルネットワークス社は産業界の生産現場から企業システム更には、世界的なITシステムへの接続ソリューションの提供へと次のステップに踏み出しています。
弊社Anybus 製品ではCC-Link, CC-Link IE Fieldの接続 ソリューションとして多くの実績を残しています。この度、CC-Link協会様より発表されます最新のネットワークCC-Link IE TSNにおきましても、Anybus製品への迅速な展開で強固な協力体制を継続致します。
CC-Link協会様とHMSインダストリアルネットワークス社のCC-Link IE TSN普及の協力関係の先には大きな成功が待っていると信じております。

IARシステムズ株式会社
APACダイレクタ 兼 代表取締役社長 上村 清史
市場をリードするソフトウェア開発ツールチェーンであるIAR Embedded Workbench for Armに対応したサンプルプロトコルが多くのパートナー企業より提供されることで、CC-Link IE TSNのリファレンスツールとしてスムースな実装が可能になることを喜ばしく思います。この活動によって、産業ネットワークの市場が拡大し、弊社ツールの新たなユーザが増えることを確信しています。

IDEC株式会社 セールス・マーケティング統括本部 商品・市場戦略統括部 オートメーションソリューション推進部
部長 松本 博貴
IoTの潮流がグローバルで拡大する中、他の産業用ネットワークとの連携が考慮され、グローバルでの普及が期待できるCC-Link IE TSNのリリースに強く賛同します。当社としては、ネットワーク機器、コードリーダ、スイッチ製品の対応開発・販売を通してCC-Link IE TSNの普及に貢献いたします。

Peter Bernhardt, Head of Sales & Marketing, MESCO Engineering GmbH
MESCOは、プロセス及びファクトリーオートメーションの分野において革新的なソフトウエアとハードウエア開発のパートナーであり、産業用通信、機能安全や防爆に関する独自の知識を持っています。CC-Link IE TSNは、産業用通信の高度な要求を満たしており、CC-Link IE Safetyはセーフティに重要である実装の技術を可能にします。MESCOは、市場への対応製品普及を加速させ、開発を容易にするCC-Linkソフトウエア開発キットを開発し、これらにはCC-Link IE TSN Stack、CC-Link IE Safety Stackそして安全/非安全アプリケーション用の評価ボードを含みます。さらに、MESCOはCC-Link IE TSN SDKを使用したハードウエア、ソフトウエア開発の指導およびサービスを提供していきます。

Riky Comini, Director, Industrial Automation, Transportation and Industrial Solutions, Molex Incorporated
待望のTSN技術を採用した、CC-Link IE TSNが実現するオープンにITとOTを融合した高速コンピューティング、モーション、ビジュアライゼーションによって、新たなIIoT構築が加速されることでしょう。
当社もネットワークI/O、セーフテイシステム、エッジコンピューティング関連の製品開発と協業を通してCC-Link IE TSNの普及に貢献します。

Damiano Bolzoni, Chief Executive Officer, SecurityMatters B.V. 
セキュリティマターズは、産業において不可欠となるサイバーレジリエンスに対して15年以上もの経験があります。我々は、未検出脅威、プロセス欠陥や保守問題から産業環境を守ってきた実績があります。その意味でCC-Link IEとCC-Linkは不可欠な要素でした。それらの堅牢性とオープン性を兼ね備えた仕様は最先端のネットワーク解析を可能とし、複雑な産業用オープンネットワークにおけるよりよいサーバープロテクション予知保全が可能となりました。CC-Link IE TSNはスマートファクトリー構築Industry 4.0を実現するうえで強いネットワーク基盤を提供するでしょう。この強固な基盤のもと、我々はよりよいサイバープロテクション機能の開発に共に取り組んでいきます。

SMC株式会社 開発第5
部長 森川 文夫
CC-Link IE TSNリリースに期待しています。当社としては、対応製品の開発・販売を通してCC-Link IE TSNの普及に貢献いたします。お客様に信頼される高度な技術を培い、お客様のニーズに応える製品開発に努めます。

STマイクロエレクトロニクス株式会社 マイクロコントローラ&ディジタルICグループ
ディレクター パオロ・オテリ
『CC-Link IE TSN』が、STのSTM32ファミリに対応することにより、CC-Link IE対応機器の開発者は、業界において評価の高いArm Cortex-Mマイクロコントローラの利用が可能になります。これにより、最適なコストで、柔軟性の高いインダストリアルIoT機器の開発が加速されるでしょう。

オリエンタルモーター株式会社 営業統括部 商品企画部
杉本 竜太
今後の基幹ネットワークの一つとして、当社もCC-Link IE TSNに注目しています。
IoTシステムの構築に貢献できるネットワークでの制御として、CC-Link IE TSNに繋がるステッピングモーター/アクチュエータの開発を今後検討します。

株式会社コンテック
代表取締役社長 藤木 勝敏
CC-Link IE TSN は、工作機械・ロボットを進化させる大きなイノベーションです。
モーション制御との統合、TSN技術のサポートがコンテックのIPCやIoTのソリューションと融合し、新たな価値創造をお客様にもたらすものと大いに期待しています。

シスコシステムズ合同会社
代表執行役員会長 鈴木 和洋
シスコシステムズは、ビジネスに創造的破壊をもたらすデジタルトランスフォーメーションの実現を支援しています。「CC-LINK IE TSN」は、工場におけるOTとITの統合、データの流通等、製造業のお客様のデジタル化への強固なプラットフォームとなり、ビジネスの価値創造につながると考えています。

シュナイダーエレクトリック インダストリービジネス デジタルプラント HMIアクティビティ
VP 石井 友亜
CC-Link IE TSNが世界的標準技術に沿った、リアルタイム性拡張に踏み出したことを受けて、幹事会員として対応する商品作りで応えたいと考えています。Pro-face HMIの特徴である豊富な接続機器の拡充の一環として取り組む所存です。

図研エルミック株式会社 開発本部
本部長 藤井 孝弘
世界的な動きとし、IoTによるスマート工場/モノづくりの実現は、加速の一途にある中、日本発となるCC-Link IE TSNの発表は、お客様の生産性、利益性を新たなステージへ導くものと大きな期待と共に賛同します。
弊社では、兼ねてよりNetwork/Streaming技術をベースとし、CC-Link関連に対応した製品をミドルウエアからアプリケーションパッケージ製品と積極的に展開しています。
CC-Link IE TSNに関しても製品開発、製品販売を通じ、普及促進に積極的に取り組んでいきます。

日本電気株式会社 デジタルプラットフォーム事業部
技術部長 岡山 義光
CC-Link IE TSNの普及は、既存のITとFAの連携が更に密なものとなり、IT業界やFA業界に新たなビジネスチャンスをもたらすものと考えております。
当社はITやFAシステムの相互接続性とセキュリティを高める取り組みに加え、CC-Link IE TSNの無線化を可能とする技術開発を推進してまいります。

パナソニック デバイスSUNX株式会社 センシング事業部 センシング商品企画部
部長 春日井
制御システムのIoT化が加速する中、各制御機器のNetwork対応が強く要望されています。当社は、CC-Link IE TSN対応をセンシングおよび、セーフティ製品へ展開し、FA業界のIoT化に貢献いたします。

三菱電機株式会社 名古屋製作所
FAシステム統括部長 兼 FAシステム第一部長 都築 貴之
当社は幅広いFA製品の開発・販売、FA統合ソリューションe-F@ctoryの提案と共に、長年に渡りCC-LinkとCC-Link IEをサポートしてきました。今後の産業用ネットワークの主流となるTSN技術をいち早く採用し、FA(生産現場)とITの融合を可能としたCC-Link IE TSNの普及を牽引して参ります。 CC-Link IE TSNを活用したソリューションの提供により、FA産業の発展に貢献して参ります。

ルネサス エレクトロニクス株式会社 インダストリアルソリューション事業本部 IAソリューション事業部
産業システムソリューション部 毛利 裕二
デジタル化が進むFA産業では産業ネットワークは重要技術の一つです。その中で情報系と制御系ネットワークを融合したCC-Link IE TSNはその最先端を行く技術であり今後のFA界をけん引していくものと期待します。ルネサスは、従来からCC-Linkファミリ対応製品を発売しており次世代仕様製品も対応してまいります。

*文中の全ての第三者商標及び/または登録商標はそれぞれの所有権者の所有権に属します。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 一般社団法人 CC-Link協会 >
  3. スマート工場の構築を加速「CC-Link IE TSN」の仕様を公開