【イベント告知】採用課題を地方進出で解決した事例を当事者が語る

〜首都圏企業経営者・事業責任者・採用担当者ら対象〜

島根県大田市(楫野弘和市長)主催、ポート株式会社(本社:東京・新宿区、代表取締役春日博文、以下ポート)運営による無料セミナー「地方進出で採用課題解決~地方進出企業の経験者が成功のノウハウを伝えます」を10月15日、東京・新宿区にて開催します。実際に地方進出をした企業が、どのような課題を抱え、何を判断軸として進出を決めたのか。進出した今、企業経営はどう変化したのか。本セミナーでは、経営者が自らの体験談を語ります。また、セミナー後は軽飲食を提供し、登壇者や参加者同士の交流の場も設けます。定員に達し次第締め切りとなりますので、お早めにご応募ください(※エントリー方法は本文最後にご案内)。


▼こんな体験談を伝授
  • 10名の採用枠に300名もの若者がエントリーしてきた!
  • 進出からたった3年で110名もの若者を採用した!
  • 自治体のサポートで欲しい若者人材が採用できた!

▼本セミナーでお伝えしたいこと
  • 地方進出によって、どのような採用課題を解決できるのか。
  • 採用を成功するために、適切な自治体(地域)をどのように選ぶのか。
  • 自治体は今、なぜ企業誘致に本気で取り組んでいるのか。

 セミナーと併せて希望する企業については、後日、島根県大田市の現地視察ツアーも実施予定。ツアーでは進出予定地をはじめ、進出後の生活がイメージできるような近隣市街地など参加企業の希望に合わせた場所を巡ります。
※ツアー参加費など参加条件含む詳細については、セミナー当日ご案内いたします

現在、人事関連企業、IT企業やコンサルタント企業、医療関連企業など幅広い業種の方が参加予定です。この機会にぜひ、経営課題解決に向けた一歩を踏み出してみませんか。

▼エントリーおよびイベント詳細はこちら(参加費無料)  



ポート株式会社について


創業8年目を迎えるポートは「世界中に、アタリマエとシアワセを。」 をミッションに掲げ、リアル産業の社会課題の解決に向けて、革新的なプロダクトを作り出すことを目指しています。キャリア、ファイナンス、メディカル等の領域にてインターネットメディア事業を中心に、患者と医師を繋ぐ遠隔診療事業や地域課題に向き合う地方創生事業を展開しています。


地方創生支援室の取り組み
2016年4月、人口約5万人の宮崎県日南市に初のIT企業としてサテライトオフィスを新設。現在は約20名を雇用。日南市進出に向けて求人を出したところ、同県内外の若者から応募が殺到。10名程度の採用枠に対し、約300名ものエントリーが届きました。「本当は地元に帰りたいのに、働きたい仕事がないために地元を離れなければならない。そんな若者がこんなにもたくさんいる」という地方の現状を知り、自らの実体験を活かした地方創生の取り組みを始めるべく、2016年地方創生支援室を立ち上げました。

現在では、北海道、北陸、南関東、関西、四国、中国、九州など300自治体に若者の人の流れを創り出す人口減少対策を進言。約30の自治体に向けて、Uターンや企業誘致の戦略策定から実行支援まで行っています。
 
  • 人口動態調査と分析
  • まちづくり、移住定住戦略策定
  • 地元企業の採用支援、企業誘致
  • 雇用創出に関する事業提案 等



 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ポート株式会社 >
  3. 【イベント告知】採用課題を地方進出で解決した事例を当事者が語る