「サニックスワールドラグビーユース交流大会」20周年大会記念誌 発行のお知らせ

歴代参加選手から25人がワールドカップ代表に選出

おかげさまで、「サニックスワールドラグビーユース交流大会」(以下、ユース大会)は、今春の大会で、20回を迎えることができました。これもひとえに、多くの皆様のご支援・ご協力あってのことと、感謝申し上げます。

これからも次世代を担うこどもたちの夢を育むとともに、交流の輪が世界中に広がっていくことを願い、これまでの歩みを記念誌としてまとめました。ご一読いただければ幸いです。

なお、現在開催中のラグビーワールドカップ2019日本大会に、このユース大会を経験した選手が、25名出場されています。

 


 記念誌一部抜粋 https://prtimes.jp/a/?f=d25581-20191002-1213.pdf
 
(ご参考) 詳細は、記念誌をご参照ください。
・歴代参加国・地域  20ヵ国・地域
・歴代参加チーム   延べ384チーム(日本207チーム・海外177チーム)
・歴代参加者数    13,000人
・国代表になった選手 145人
・ラグビーワールドカップ2019日本大会最終代表選手 以下の25人(順不同)
 セコペ ケプ(オーストラリア)
 ロブ シモンズ(オーストラリア)
 ディージャスティス シアーズデュリュ(カナダ)
 ジャック ノーウェル(イングランド)
 ルーク カウアンディッキー(イングランド)
 エリス ゲンジ(イングランド)
 サム マタベシ(フィジー)
 ジョニー セクストン(アイルランド)
 ジョン ライアン(アイルランド)
 マット ドッド(ニュージーランド)
 セヴ リース(ニュージーランド)
 ジョン バークレー(スコットランド)
 ブレイド トムソン(スコットランド)
 ナシ マヌ(トンガ)
 パウラ ヌガウアモ(トンガ)
 シティベニ マフィ(トンガ)
 レオン フコフカ(トンガ)
 ホゥアン ヌマエル カト(ウルグアイ)
 サンティアゴ シヴェッタ(ウルグアイ)
 マヌエル レインデカー(ウルグアイ)
 山中 亮平(日本)
 松島 幸太朗(日本)
 坂手 淳史(日本)
 松田 力也(日本)
 ラファエレ ティモシー(日本)

・海外からの招聘レフリー  70人
 ラグビーワールドカップ2019日本大会の担当レフリー2名

記念誌のご請求はこちらから。
https://sanix.jp/company/philanthropy.php
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社サニックス >
  3. 「サニックスワールドラグビーユース交流大会」20周年大会記念誌 発行のお知らせ