【ビズオーシャン】対話型AIドキュメント作成サービス『SPALO』がSKグループのSK holdings C&Cとパートナーシップ契約を締結、韓国向けの製品販売を開始

株式会社ビズオーシャン(東京都中央区、代表取締役社長 堀 貢一、以下 ビズオーシャン)は、同社の対話型AIドキュメント作成サービス『SPALO(スパロ)』<https://spalo.jp/>に関し、AIビジネスを展開しているSKグループのSK holdings C&C (本社所在地:大韓民国ソウル市、事業代表:Ahn Jung-Ok、以下、SK holdings C&C)とパートナーシップ契約を締結致しました。これにより、韓国市場におけるSPALOの製品販売を2018年9月25日に開始したことを発表いたします。
◆契約締結の背景
 SK holdings C&Cは、韓国SKグループの中でデジタル変革を積極的に推進している企業です。同社はAI(人工知能)サービス「AIBRIL(エイブリル)」を展開しており、教育、ヘルスケア、金融などあらゆる産業に向けた最適なAI活用ソリューションを幅広く展開しています。この度、ビズオーシャンとSK holdings C&Cの両社は、韓国市場での更なるAI市場の拡大のために、パートナーシップ契約を締結いたしました。
 


◆契約の内容
 ビズオーシャンはSK holdings C&Cとパートナーシップ契約を締結し、韓国内におけるSPALOの販売を開始します。これにより、ビズオーシャンはSK holdings C&Cが展開するAI(人工知能)サービス「AIBRIL」を通して、「SPALO」の海外への拡販を積極的に推進してまいります。

◆今後の展開に向けた取り組み
 本契約を通して本格的な韓国市場へのサービス提供をおこなうべく、ビズオーシャンは2018年8月29日にSK holdings C&C 主催の「D.N.A. 2018」<https://www.skccdna2018.com/>という同社の顧客企業向けのオープンイベントにて、SPALOの製品紹介に関するプレゼンをおこないました。
 

 


 本契約、およびイベント参加による韓国市場への進出を皮切りに、SPALOは本格的なグローバル市場への販路拡大を展開してまいります。


■SK holdings C&Cについて
 SK holdings C&Cは、韓国SKグループのデジタル変革を推進する先進的企業です。IT/ICTを中心とした様々なビジネスを融合し、持続可能な成長モデルとビジネス構造の革新を追究しています。
 SK holdings C&Cは、AI(人工知能)、クラウド、ビッグデータ、モバイルなど、最新のテクノロジーを用いて未来志向のITサービス・プロバイダーへと進化を続け、これらの成長分野を強化し、ICTカンパニーの世界トップを目指します。

 <「AIBRIL」サービスサイト内のSPALO紹介ページ>
 https://www.aibril.com/web/solution/getMarketMain.do
 <SKグループ英語版コーポレートサイト>
 http://www.sk.co.kr/en/
 <SK holdings C&C英語版コーポレートサイト>
 http://cc.sk.com/

 
■株式会社ビズオーシャンについて
 ビズオーシャンは、ビジネス情報サイト『bizocean(ビズオーシャン)』<https://www.bizocean.jp/>を運営しています。中小ベンチャーの経営者や個人事業主、ビジネスパーソンを対象とした日本最大級の無料ビジネステンプレート集「書式の王様」をはじめ、ビジネスに関連したさまざまな情報・コンテンツを提供し、現在240万人を超える会員と月間約1,500万PVのアクセスを誇ります。また、対話型AIドキュメント作成サービス『SPALO(スパロ)』<https://spalo.jp/>やスマホ履歴書作成クラウドドキュメントサービス『yagish(ヤギッシュ)』<https://rirekisho.yagish.jp/>を提供するなど、ドキュメントイノベーションをコンセプトにさまざまなサービスを提供していきます。

 <株式会社ビズオーシャンコーポレートサイト>
 http://bizocean.co.jp


■『SPALO(スパロ)』について
 SPALOは、チャットボットサービスと音声AI技術を活用し、スマートフォン内でBOTと会話することで、ビジネスドキュメントの作成やシステムへの情報入力が出来る、対話型AIドキュメント作成サービスです。ユーザーはLINE WORKS や LINE、Teams、Slackなどのチャットツールを使って必要な情報を音声で入力します。音声はスマートフォンの自然言語処理機能でテキストに変換され、そのテキスト文章はExcelやWord、各種システムのフォーマットに合わせて、正しい項目にマッピングされます。チャットボットに向かって話しかけるだけで各種ドキュメントを作成することができるサービスです。

 <SPALOサービスサイト>
 https://spalo.jp/

*「AIBRIL」は、SK holding Co., Ltd. の登録商標です。
*『SPALO』は、株式会社ビズオーシャンにて特許出願中です(特願2017-127137)。
*WordやExcelは、米国 Microsoft Corporation の、米国およびその他の国における登録商標または商標です。
*その他、記載されている社名及び製品名は各社の商標または登録商標の場合があります。

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。

【サービスに関するお問い合わせ先】
株式会社ビズオーシャン 事業開発部:佐藤健太郎
Tel:03-5148-1214 Fax:03-5148-1215
E-mail: spalo-sales@bizocean.co.jp

【プレスリリースに関するお問い合わせ先】
株式会社ビズオーシャン 社長室広報:楢崎(ならさき)
Tel:03-5148-1212 Fax:03-5148-1215
E-mail: pr-info@bizocean.co.jp
URL:https://www.bizocean.co.jp/
  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ビズオーシャン >
  3. 【ビズオーシャン】対話型AIドキュメント作成サービス『SPALO』がSKグループのSK holdings C&Cとパートナーシップ契約を締結、韓国向けの製品販売を開始