空間すべてがプレゼンになる。VRプレゼンテーションツール「キネトスケイプ」を発表

Oculus Quest対応。既存プレゼンも、3Dモデル配置も、VR映像再生もOK

2020年6月19日、株式会社ハシラス(東京都北区、代表取締役社長:安藤晃弘)はVRプレゼンテーションツール「キネトスケイプ」を発表いたします。臨場感あふれるVRプレゼンテーションを簡単に作成・実行できる Oculus Quest専用のアプリケーションとなります。

■VR+プレゼンテーションが目指すもの

ビジネスにおけるプレゼンテーションの目的は、相手に自社の事業やプロダクトを理解してもらい、何らかの意思決定を促すことです。そして、「理解」に最も効果的なのは「体験」と、それに伴う「感動」です。

プロダクトであれば実際に見て触ってもらう。場所であれば実際に来てもらう。しかし、プレゼンテーションの場ではなかなかそういうわけにはいきません。まだ存在しない/持ち運べないプロダクト、遠く離れた場所、建築物。そうした事業に関わる「体験」は、本来なら会議室では不可能です。

そうした、スライド資料や口頭説明だけではなし得ない「体験」に根ざした「理解」を促すことができるのが、VRプレゼンテーションです。

VRプレゼンテーションツール「キネトスケイプ」は、臨場感あふれる「体験」をVRを用いて作り出し、「真の理解と感動」を促すためのプレゼンテーションを可能とするツールです。


■キネトスケイプの機能

キネトスケイプは、VR空間で行うプレゼンテーションを作成・実施できるアプリケーションです。


いわゆる「プレゼン」として想起するようなスライド資料はもちろん、VRならではのメディアも体験可能です。

 

従来のプレゼンスライドはほぼそのまま使用可能従来のプレゼンスライドはほぼそのまま使用可能

たとえば、VR空間に3Dモデルを持ち込むことができます。小さいプロダクトであれば、実際に手にとってあらゆる方向からデザインを確認したり。家具なら、実際の部屋に設置した際のサイズ感を確認したり。あるいは自動車であれば、ドアを開けてインテリアを眺めたり、ボンネットを開けてエンジンを確認したりと、実車同様の体験が可能です。

3Dモデルを配置し操作や体験が可能3Dモデルを配置し操作や体験が可能

3Dモデルにはインタラクションを加えることができる3Dモデルにはインタラクションを加えることができる

360度動画や両眼立体視の映像再生にも対応。まるで現実の風景に入り込んだかのような体験が、VR内に入ったまま、平面資料や3Dモデル等と地続きのシームレスなものとして実現します。

VR空間内で360度動画を再生することで、空間ごと動画の世界に入り込んだかのような感覚にVR空間内で360度動画を再生することで、空間ごと動画の世界に入り込んだかのような感覚に

 プレゼンテーションの舞台となるVR空間それ自体も切り替えできます。大学の講堂やクルマが行き交う駅前、静かな森の中といった現実を模したシーンはもちろん、建築予定の建物や未来都市など、現実にはない空間すらVRの中で体験可能。空間そのものがプレゼンテーションとなりえます。


■複数人の同時体験が可能

キネトスケイプでは、同じ場所にいる複数人が、現実空間と同期したVR空間に同時に参加してプレゼンテーションを体験できます。他の人と共に空間を動き回ったり、プレゼンテーションの内容について話したりと、体験を共有することで感動も大きくなります。

対応するVRヘッドセット「Oculus Quest」はFacebook社によるスタンドアローンタイプのデバイスで、ケーブルが一切なく、空間内を自由に動くことを可能にします。キネトスケイプはOculus Questの最新機能であるハンドトラッキングにも対応し、手指のジェスチャーだけであらゆる操作が可能なため、コントローラーを手に持つ必要すらありません。

 

コントローラーなしでページ送りやページ戻りなどの操作が可能コントローラーなしでページ送りやページ戻りなどの操作が可能

自由になった手で、他の人に手を振ったりと、ボディランゲージによるコミュニケーションも促進されます。

手の動きを忠実にトラッキング手の動きを忠実にトラッキング

 また、キネトスケイプはオフライン動作にも対応します。仮にプレゼンテーション中にネットワーク接続が切れても、他のユーザーとのインタラクションは失われるものの、各ユーザーはVR空間への参加を維持したまま、自身の操作でプレゼンテーションを継続することができます。展示会などのネットワーク環境が不安定な場所等でも、安心して利用できます。

VRヘッドセットごと相手に送付し、リモートで体験してもらうことも可能です。Webミーティングソリューションと併用することで、リッチなVRプレゼンを遠隔からナビゲートできます。


■エンターテインメントVRのノウハウを結集
 

株式会社ハシラスは、これまでエンターテインメント向けのVRコンテンツを数多く手がけてきました。

体験者自身の身体の動きや、吹き付ける風、搭乗したライドの動きなど、内発/外発的な体感により臨場感を大きく向上させるコンテンツ制作を得意としています。

また、ネットワークマルチプレイの活用により、複数人が現実空間と同期したVR空間で様々なコミュニケーションを行えるコンテンツも多数制作しています。

こうしたノウハウをビジネスや教育分野で活かす形で開発したのが、今回の「キネトスケイプ」です。

 

 

 

■キネトスケイプの今後の展開について

ハシラスではパートナー企業様と共に、キネトスケイプをプレゼンテーションに止まらない多目的なツールとして展開していく予定です。

当初想定する用途など

○企業のプレゼンテーションやピッチへの活用
  ・平面映像では理解しにくい自動車や大型の工業製品などのプロダクト、都市計画事業や宇宙開発事業等のプレゼンテーション
  ・会社紹介や採用活動などで会社の魅力をリアルに伝え、「体験」してもらうプレゼンテーション

○観光活用。360度動画などの既存のリソースを活用した新たな体験

○「体験」することで学習効果を最大化する研修プログラムや学習カリキュラム
  ・自宅用のフィットネス、ヨガなど


キネトスケイプ製品情報はこちら
https://hashilus.co.jp/products/kinetoscape/

キネトスケイプの活用にご興味のある企業様、販売代理等をご希望される企業様は下記のフォームよりお問い合わせください。

お問い合わせフォーム
https://hashilus.co.jp/contact/


■デモ体験会を開催します

キネトスケイプにご関心のある企業様向けに実際にご体験いただけるデモ体験会を実施いたします。

場所   株式会社ハシラス 東京都北区田端新町1-20-5

日時
  • 7月2日 11:00-18:00
  • 7月10日 11:00-18:00
  • 7月16日 11:00-18:00
(30分のデモ体験を上記時間内でご予約いただけます)

予約は下記のフォームより承っております。
https://airrsv.net/hashilus/calendar

また、上記日時以外のご体験をご希望の方は、弊社Webサイトよりお問い合わせください。

お問い合わせフォーム
https://hashilus.co.jp/contact/


■株式会社ハシラスについて
2015年12月設立。これまでにハウステンボス「Hashilus Race」、サンシャイン60展望台「Tokyo弾丸フライト」、VR PARK TOKYO「ソロモンカーペット」など数多くのVRコンテンツ/アトラクションを制作。近年はB2B向けプロダクトやMR(Mixed Reality)系の開発も手がける。代表取締役社長は元・江戸古典奇術師の安藤晃弘で、一般社団法人ロケーションベース協会の代表理事も務める。

Webサイト: https://hashilus.co.jp/
Twitter: https://twitter.com/hashilus_jp/

受賞歴等
コードアワード 2017 グッド・ユース・オブ・メディア(「スカイサーカス」制作会社として)
CEDEC AWARD 2018 ゲームデザイン部門 優秀賞
日経トレンディ 2018年12月号 世界を変えるスタートアップ大賞
一般財団法人デジタルコンテンツ協会 Innovative Technologies 2019(VRライドデバイス「キックウェイ」にて)
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ハシラス >
  3. 空間すべてがプレゼンになる。VRプレゼンテーションツール「キネトスケイプ」を発表