Anyflow、SaaS型iPaaS初となるIT導入補助金対象ツールに採択。

iPaaS初となるIT導入補助金対象ツールに採択

当社が提供するSaaS型iPaaS「Anyflow」が補助金対象の ITツールとして採択されましたことをお知らせいたします。
Anyflow株式会社(本社:東京都港区、代表取締役CEO 坂本 蓮)は経済産業省の実施する「IT導入補助金2020」において「IT導入支援事業者」に認定され、当社が提供するSaaS型iPaaS「Anyflow」が補助金対象の ITツールとして採択されましたことをお知らせいたします。

 



■IT導入補助金について
IT導入補助金は、中小企業・小規模事業者等のみなさまが自社の課題やニーズに合ったITツールを導入する経費の一部を補助することで、みなさまの業務効率化・売上アップをサポートするものです。自社の置かれた環境から強み・弱みを認識、分析し、把握した経営課題や需要に合ったITツールを導入することで、業務効率化・売上アップといった経営力の向上・強化を図っていただくことを目的としています。
(『IT導入補助金2020』webサイト内「事業概要」より引用 https://www.it-hojo.jp/overview/


■Anyflowに関するIT導入補助金の詳細
(概要)※公募要項 https://www.it-hojo.jp/
・補助金対象者 : 日本国内に本社及び実施場所を有する中小企業・小規模事業者等

※既に導入されているお客様は対象外となります。
※詳細についてはお問い合わせください

■Anyflowについて
Anyflowは異なるSaaS同士を柔軟に接続したりデータを統合したりすることができます。
また、海外SaaSサービスだけはなく国内SaaSサービスの対応や
非エンジニア職の方でも操作可能なノンプログラミング設計、直感的な操作性で
定型業務・ワークフローの自動化を実現し、企業でのデータの活用や促進、無駄な時間の削減を可能にします。

 

 


■申請をあげていただく企業様よりエンドースメント
株式会社マネリア 代表取締役社長CEO 宮國 久 様より
URL:https://maneria.com/


この度はIT導入補助金の採択おめでとうございます。
中小企業では人材不足が起きており、生産性の向上が求められております。
その中で今年はさらにコロナ渦で窮地に立っている企業が多く見受けられます。
クラウドサービスの浸透で多くの効率化が図られている一方、中小企業では専門のIT人材がいないケースが殆どでシステム間連携に四苦八苦しております。
Anyflowのサービスは問い合わせデータを瞬時にシステムに取り込んだり溜め込んだデータを都度Chatworkなどとの連携で柔軟に自動通知ができたり連携の手間だけでなく大きく生産性向上が図られており、中小企業への一つの必須アイテムになれると感じております。
今回、お試し期間としても活用のチャンスと感じておりますので是非オススメしたいプロダクトの一つです。

料金・プロダクトURL
Anyflowは月額3万円からはじめられます。
下記URLをクリックの上、問い合わせフォームよりお問い合わせください。
URL: https://anyflow.jp


会社概要
社名: Anyflow株式会社
本社: 東京都港区六本木5-9-20
設立日: 2016年2月
代表者: 代表取締役CEO 坂本 蓮
URL: https://anyflow.co.jp

本件に関するお問い合わせ先
社名: Anyflow株式会社 (担当:石田)
Mail: press@anyflow.co.jp
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. Anyflow >
  3. Anyflow、SaaS型iPaaS初となるIT導入補助金対象ツールに採択。