CHEQ Japan、デジタルマーケティングの課題を語り合う、初主催イベント「CHEQ Night」を開催

CHEQ Japan株式会社(本社:CHEQ AI Technologies Ltd.  イスラエル、以下CHEQ)は、2019年10月29日に初めてとなる主催イベント「CHEQ Night 2019 ~ブランドの本音を語り合うイスラエルワインの会~」(以下CHEQ Night)をWeWork丸の内北口にて開催いたしました。

■イベント概要
CHEQ Nightは、「アドベリフィケーション」を含むデジタルマーケティングの課題に対する最新情報の共有や成功事例の共有を通じて、様々なマーケティング活動におけるヒントや知見を共有し、日々のマーケティング活動に活用いただくことを目的に開催されました。

■イベント詳細
CHEQ Nightは第1回目のテーマを「ブランドを創る、守る」と掲げ、開催されました。

当日は、登壇ゲストとして第一三共ヘルスケア株式会社 マーケティング部 広告宣伝グループ 北條秀明様をお迎えし、イベントのテーマである「ブランドを創る、守る」に沿ってプレゼンテーションを行っていただきました。
企業のブランディング活動に関して、いかに消費者の心を動かすかという点における方法論や、実際のケーススタディに基づき、マーケティング立案・実行事例をクリエイティブや動画等を交えつつご紹介いただきました。消費者の意外な反響や、その要因となった仕掛けのヒントなどマーケティング活動における示唆に富んだお話をご披露いただきました。

また、CHEQからは11月末にリリース予定の新プロダクトについての先行披露が行われ、サーチ広告におけるフラウド対策という新しい課題への対応についてプレゼンテーションが行われました。

 

プレゼンテーションの様子プレゼンテーションの様子

 

また、ネットワーキングの時間では、参加者同士で用意されたイスラエルワイン等を楽しんだり、名刺交換をしながら情報交換をしたりする姿が見られました。
 

用意されたイスラエルワイン用意されたイスラエルワイン

イベントの様子イベントの様子

■今後の展開
今度もCHEQはブランド向けに、企業間でデジタルマーケティングに関する成功体験、事例やノウハウ等を情報共有し、各社のデジタルマーケティング活動に貢献出来るような場を提供する、主催イベントを定期的に開催してまいります。
                                                                             
■CHEQについて
世界的なサイバーセキュリティ会社であるCHEQは、高度なAI 自動制御技術を用いたブランドセーフティのパイオニアで、世界有数のブランドに対するデジタル広告の支出を保護しています。
東京、ニューヨーク、およびテルアビブにオフィスを構え、ミリタリーグレードのAIを導入してブランドの安全性、広告詐欺、およびビューアビリティについて革新的なソリューションを展開、アドベリフィケーションのテクノロジーを変革しています。
バッテリー・ベンチャーズによる支援を受け、オンライン広告のリスクから広告主を保護すると共に、デジタル広告スペースの信頼を回復することによって、デジタル・エコシステムの保全に寄与することを企業ミッションとしています。
詳しくはこちらのサイトをご覧ください。 https://www.cheq.ai/

■本件に関するお問い合わせ先
企業名:CHEQ Japan株式会社
担当者名:犬塚
Email:yoji.i@cheq.ai
  1. プレスリリース >
  2. チェク・ジャパン株式会社 >
  3. CHEQ Japan、デジタルマーケティングの課題を語り合う、初主催イベント「CHEQ Night」を開催