電流計スマホアプリ及び電力用途内訳クラウドへの投資を継続

株式会社EnergyColoring(本社:東京都府中市)は、電力用途内訳クラウド及び電流計スマホアプリへの投資を継続します。今回の改修により、より高い可用性のサービスをより直感的に使えるワークフローにて提供します。
  株式会社EnergyColoring(本社:東京都府中市)は、電力用途内訳クラウド及び電流計スマホアプリへの投資を継続します。今回の改修により、より高い可用性のサービスをより直感的に使えるワークフローにて提供します。19年度のカスタマーフィードバックを基に20年7月を目途に順次リリース予定です。
 

 
  • アカウント登録なし・ログインなしで利用可能に| ログインオンデマンド機能
  スマートフォンをIoTセンサーとして活用する電流計アプリを、設定レスかつ直感的に使えるように再設計しました。今回の最適化にあたり、アカウント登録なし・ログインなしで電流計機能を活用できるようになります。
  • 遠隔地での測定状況を通知可能に| デバイステレメトリー機能
  スマートフォンの端末情報をテレメトリーデータとして、クラウドで管理できるよう機能拡張をしました。今回の機能拡張により、遠隔地へ設置したセンサー(スマホ)の状況をリモート確認できます。電池残量の把握、電波状況の変化、端末のデータバッファ状況、GPS位置などを確認できます。
  • 劣悪通信環境での測定を可能に| オフラインバッファリング機能
  通信環境が劣悪な状況でも、電波強度は時々刻々と変化します。バッファリング機能の強化により、変化する電波強度に応じて測定データを抜けなく漏れなくクラウドに送信します。また、通信環境がない上でも測定終了時にセンサーを電波環境の良いところに移動させると、過去の全データを自動的にクラウドに同期します。
  • アカウントなしでも回路情報の共有が可能に| パスワードレスビュー機能
  クライアントの電力測定状況をリアルタイムに共有可能になります。これまで回路の測定状況を共有するためには、アカウントの事前作成が必要でした。パスワードレス認証によりアカウント登録されていないクライアントへの情報共有が可能です。
  • クラウドへの事前登録を不要に| オンサイトオペレーション機能
  これまでクラウド連携に必要だったQRコードの事前発行を不要。事前にアカウント登録さえしてあれば、スマートフォンのみで新規測定を開始できます。現場状況によって変わる設置個所にオンサイトでの対応が可能になります。
  • SLA向上に向けたサーバーレス化の加速
  AI機能のサーバーレス統合を推進し、システム全体の可用性を向上させます。


  株式会社EnergyColoringは、エネルギー領域で技術にこだわったイノベーションを実現します。継続的な投資を維持し省エネ・脱炭素・電気代削減領域での技術開発を継続してまいります。

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/00000001.000044463.html

 
  • 会社名: 株式会社 EnergyColoring
  • 所在地: 東京都府中市
  • URL: https://www.energy-coloring.com
  • e-mail: sales@energy-coloring.com
  • 事業内容: スマホIoTを用いた電力内訳AIクラウド「エナジーカラリング」の開発・運営
  1. プレスリリース >
  2. 株式会社EnergyColoring >
  3. 電流計スマホアプリ及び電力用途内訳クラウドへの投資を継続