株式会社セーフティネットが『健康経営優良法人2021(中小規模法人部門(ブライト500))』に認定

コロナ禍における健康経営の取り組みが評価

 株式会社セーフティネット(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:新村達也、以下 セーフティネット)は、経済産業省と日本健康会議が共同で実施する『健康経営優良法人2021(中小規模法人部門(ブライト500))』に3月4日(木)認定されました。
 健康経営優良法人2021(中小規模法人部門)の中から、「健康経営優良法人の中でも優れた企業」かつ「地域において、健康経営の発信を行っている企業」として優良な上位500法人に対して、新たに「ブライト500」の冠を付加して表彰されています。

『健康経営優良法人2021(中小規模法人部門(ブライト500))』とは
健康経営優良法人2021(中小規模法人部門)の中から、「健康経営優良法人の中でも優れた企業」かつ「地域において、健康経営の発信を行っている企業」として優良な上位500法人に対して、新たに「ブライト500」の冠を付加して表彰されます。
正式名称:健康経営優良法人2021(中小規模法人部門(ブライト500))





セーフティネットの健康宣言

・健康宣言
セーフティネットは 「EAP(Employee Assistance Program)企業」として、私たちに関わるあらゆる人々の、心身の健康的な生活に貢献するとともに、社員ひとりひとりの個性や能力を最大限に発揮できるよう、積極的に健康維持・増進に取り組んでいきます。

・重点方針
1.社員のヘルスリテラシー向上に努め、日常生活におけるヘルスケア、疾病予防、セルフプロモーションができる企業風土を醸成します。
2.高血圧や脂質異常症などを中心とした重症化予防、及び未病対策に取り組みます。
3.社員が活き活きと明るく働くことができる、安全で快適な職場環境づくりを実現します。


推進体制

・推進部門
 衛生委員会準備委員会主導で保健師、産業カウンセラー、健康経営アドバイザー等とともに「社員の健康づくり」の取り組みを推進しています。

・推進内容
 社員の健康づくり活動への参加、実施状況を把握
 社員の健康状態の推移を検証し、改善策を検討
 目標数値達成のために、課題解決の効果検証・改善策を検討


主な取り組み

・社員の取り組み
健康診断を受診し、自らの健康状態を把握した上で、健康維持、向上のために必要な情報を収集し、自身の生活や健康レベルに合う保持、増進のための方法を実践します。
また、「再検査や精密検査を要する」と診断された場合は、再受診し、改善指導を受けた際には、主治医の意見、保健指導を参考に最適な改善方法を選択し実行します。
ヘルスリテラシーの向上のために、健康をテーマとした研修に積極的に参加し、取り組みを考えます。
ストレスチェックを受検し自らのストレス状態を把握し、高ストレス判定を受けた者は、高ストレス者を対象とした産業医面接やメンタルヘルス相談、職場内資源を活用し、レジリエンス向上に努めます。
健康診断の結果、メタボリックシンドロームの該当者及び予備群となった40歳以上の職員は、積極的に「特定保健指導」による支援を活用し、自身の状態を理解したうえで、自身の生活リズムや環境に合わせ、未病の改善を図ります。

・組織の取り組み
健康づくり担当者による健康診断受診勧奨を年2回実施及び、ポスター啓発により、受診率100%に取り組み、「再検査や精密検査を要する」と診断された社員には、社内保健師が保健指導により再受診を促します。
全ての社員が習得すべき内容は「全社員必須研修」とし、個々の社員がそれぞれの年齢、環境、レベルに合わせ選択できる研修を「課題別研修」として、年間予定に基づき研修内容を発信、提供し社員の自主性の向上、お仕着せでない研修を目指します。
ストレスチェックの集団分析結果に基づき、各所属長は集団分析の結果を踏まえ、職場環境を理解し、「働きやすい職場づくり」に務めます。
けんぽ協会による「特定保健指導」該当者に対し、健康づくり担当者が予約、面談場所準備等の支援を行います。
職場内におけるアサーティブなコミュニケーションの促進、就業時間内に実施できるストレッチ法など、新たな取り組みによる職場環境改善のための社内イベントの開催、情報の提供、研修を実施します。

公的評価
健康づくりの推進状況確認のために、けんぽ協会による「健康優良企業」認定制度と日本健康会議/経産省による「健康経営優良法人」認定制度への申請を行い、評価を受けています。


会社概要
株式会社セーフティネットは、2001年の創業以来、従業員の皆様が抱える様々な問題を解決支援することによってメンタルヘルス不調を予防し、仕事に集中できる環境づくりを支援して参りました。
産業カウンセラー、臨床心理士、精神保健福祉士、看護師、弁護士等からなる離職防止の専門家集団として、これからも従業員やご家族そして組織の支えとなって、未病段階から個々の健康に対する意識を高め活き活きと豊かな生活を育むサポートをしてまいります。

会社名 :株式会社セーフティネット
(メンタルヘルス・ストレスチェック・EAPサービス)
所在地:本社 〒100-8228 東京都千代田区大手町2-6-2
    大阪支店 〒541-0059 大阪市中央区博労町3-5-1 御堂筋グランタワー4階
設立 :2001年1月11日
資本金: 9,500万円
代表者:代表取締役社長 新村 達也
会員企業 :2,000企業・団体(2020年4月現在)
会員数 :150万人
URL:https://www.safetynet.co.jp/

 

 


事業内容
3つのメンタルヘルス事業
・ワークサポート事業
(ストレスチェック、メンタル・健康相談窓口、研修、ハラスメント対策、など)

・HRサポート事業
(人事担当者支援、産業医紹介、休職・復職支援、など)

・ライフサポート事業
(介護・がんなどの三大疾病・育児子育てに関わる離職防止サービス、医師によるチャット相談、など)

登録/認定 厚生労働省 産業保健活動総合支援事業 受託機関
「事業場外資源のうちメンタルヘルス相談の専門機関」登録
一般財団法人日本情報経済社会推進協会(JIPDEC) プライバシーマーク認定
 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社セーフティネット >
  3. 株式会社セーフティネットが『健康経営優良法人2021(中小規模法人部門(ブライト500))』に認定