コロナで変化した『組織感情』の分析結果を発表。働き方改革、リモートワークが『組織感情』に与えた影響とは

「人と組織の変革を支援するコンサルティング会社 株式会社ジェイフィール」

人と組織の変革を支援するコンサルティング会社株式会社ジェイフィール(社長:高橋克徳 本社所在地:東京都渋谷区 以下ジェイフィール)はコロナ前(2018.12~2020.3)とコロナ禍(2020.4~2021.7)で変化した『組織感情診断』の分析結果を発表しました。
組織感情診断とは】
組織感情とは、職場全体に広がっている感情、ムード、空気感のことです。診断では実際にマップに基づいて作成された53問の各感情について職場のメンバー(管理職含む)全員に回答いただき、周囲の人たちがその感情を感じている、持っていると思う人の割合がどのくらいかによって、組織感情の広がりを数値化しています。
組織感情診断は、4つの感情領域のバランスを見ていきます。組織感情はイキイキだけが高ければよいのではなく、イキイキ、あたたかのバランスが重要になります。
 

 

コロナ禍をきっかけに職場でのコミュニケーションに大きな変化が生じてきています。以前のようにみんなで集まれない、お互いに近づけない、リモートワークも増えてきている・・・結果、職場内でのコミュニケーション自体が激減しているという声を多く聞くようになりました。
コミュニケーションの減少は組織の感情にどのような変化をもたらしたのか。以下分析結果を発表します。
【調査概要】
■調査期間:
コロナ禍= 2020.4~2021.7

 


コロナ前= 2018.12~2020.3
合計:約3年間
■調査職場数:
コロナ禍:222職場
コロナ前:477職場
合計:699職場
※職場とは、課、係、グループなどの総称。
■調査企業:
大手鉄鋼メーカー、大手車両メーカー、大手インフラ系システム会社、大手化学薬品メーカーなど、
大企業が中心。
■組織感情診断の7つのレベル:



―分析結果1―
コロナ前後の「組織感情」 7つのレベルを比較

 

  • 問題のある職場(要注意以下の職場)がコロナ前後で60.2%から49.1%と改善されていた。
  • 対象企業ではリモートワ-クを推奨しているケースが多く、適度な距離感が取れやすくなり、 かつ働き方がより自由になったため、不快な組織感情が軽減したものと思われる。
  • しかし、快感情が高く出ている職場は約半数で、約半数の職場では未だ組織感情課題を抱えていることがわかる。

 


―分析結果2
コロナ前後の自分感情と組織感情のギャップを分析
※感情のギャップとは:    
 自分の感情と組織に感じている雰囲気やムード(組織感情)との差のこと。
 ギャップが多いほど、感情交流が円滑ではないことを表す。

 

  • 快感情系職場ほど、お互いの感情が交流しているため、組織全体に広がっている雰囲気やムードとして感じられる組織感情と、実際に個々人が抱いている自分感情との間にギャップがない。
  • 不快感情系職場では、お互いの感情が見えないことから、組織感情と自分感情のギャップが大きくなる傾向があるが、このギャップがコロナ禍で減少した。
  • これは職場の感情が見えるようになったということよりも、周囲の感情を感じる機会が減り、不快な感情交流が減少したことが影響したのではないか。

 


―分析結果3
快感情職場、不快感情職場別の自己効力感の変化を分析

 

快感情系職場:
  • 効率性実感が微減しているが、他の実感については大きな変化は見らえなかった。
  • 元々自己効力感の数字は高くないので、仕事の仕方が変わっても良いフィードバックが不足している可能性が高い。

不快感情系職場:
  • 全体的に効力感が増加し、快感情系職場との差が無くなってきている。
  • おそらく否定的なフィードバック(お説教など)が減ったことで、結果的に自分で自分を肯定する意識が高まったのではないかと想定できる。

 


―分析結果4
コロナ前後の感情崩壊ライン(あってはならない感情)の変化を快感情系職場と不快感情系職場で比較分析

 

快感情系職場:
  • コミュニケーションの機会が減り自分の気持ちを隠そう、互いに踏み込まないという気持ちが増加傾向を示している。
  • 快感情系の職場であっても、心理的距離感が広がっている可能性があることを示唆している。

不快感情系職場:
  • 適度な距離感が生まれたことにより、不快な感情のやり取りが減り、自分の気持ちを隠したり、お互いに踏み込まないという意識が和らいできている可能性がある。
  • ただし、最後は誰かがやってくれるという意識が減り、一人で頑張る気持ちは増えており、前向きな感情の増加とも取れるが、自力でやらなければならないという抱え込み感情を増やしている可能性高い。

 

 

 


本調査からの示唆

■不快感情系職場に起こった変化■
  • 不快感情の交流減少が、組織感情の全体的な改善を生んだ。
  • コロナ禍でリモートワークが進み、物理的に距離感が生まれ、不快な感情の交流が減ったため組織感情が改善傾向を示したものと思われる。
  • また、自分が感じる効力感についても、個々人を委縮させ自信を失わせるようなフィードバックが減少したことによって、全体的に高まったと想定できる。

■快感情系職場に起こった変化■
  • 組織的な快感情は維持されているが、自分の引きこもり感情が増加傾向にあり、気持ちの距離感を感じ始めている。 
  • 快感情系職場ではそもそも関係の土台がしっかりしており、コロナ禍でも感情交流を維持してきたのではない かと推測される。しかし、自分の気持ちを隠そう、お互いに踏み込まないという引きこもり感情は増加傾向を示しており、気持ちの距離感を感じている人たちが徐々に増えていく可能性を示している。

■総評■
  • 本分析結果から全体には快適な職場に向かいつつあるが、手応え感、効力感が高まる職場には向かっていないことが伺えた。
  • コロナ禍で心理的かつ物理的に適度な距離感が生まれたことで、不快な感情交流が減り、快適な職場が増加傾向にあると言えるだろう。しかし、適度な距離感ゆえに、深い関わりが生まれにくく、互いに踏み込みづらくなっている。その結果、相互に学び合うことや変化を生む動き、新しいもの生み出す動きが取りづらくなっているのではないだろうか。また、良いフィードバックを返し合うという動きも減少し、効力感が高まりづらくなっている可能性がある。
  • withコロナの時代、以前のように毎日同僚と顔を合わせる日々がもうやって来ない事を考えると、人事部やそれに準ずる組織が率先して「協力と支援の関係づくり」、「協創と創発の関係づくり」を行っていく必要があるのではないだろうか。

・『組織感情』簡易診断はコチラ
https://www.j-feel.jp/note/l3rajpzbc

・本調査の詳細
https://www.j-feel.jp/note/wtatcv_ts

・上記アンケートについて、各種コンサルティング・マネージャー・新人教育研修に関するお問い合わせはこちら
https://ma.j-feel.jp/inquiry.html                                          
 
■株式会社ジェイフィール
https://www.j-feel.jp/   

個人に感情があるように組織全体に波及した感情、気分を「組織感情」と定義し、「組織感情をマネジメント」する企業向け研修を約250社、延べ10,000人に実施。ベストセラー「不機嫌な職場」(講談社現代新書(1926))を始め、「ワクワクする職場をつくる」(実業之日本社)など、組織活性に関する書籍を多数出版。「仕事が面白い、職場が楽しい、会社が好きだ」と本気で思える人たちが増え、その人たちの知恵や想いが連鎖し、社会全体に波及していくことを目指して活動中。
「組織感情」はジェイフィールの登録商標です。                             
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ジェイフィール >
  3. コロナで変化した『組織感情』の分析結果を発表。働き方改革、リモートワークが『組織感情』に与えた影響とは