双日、米国・Universal Hydrogen社への出資を通じ、航空機用水素燃料事業へ参画

~ゼロ・エミッション化に向け、水素燃料機の普及、サプライチェーンの構築を推進~

双日株式会社(以下「双日」)は、このたび、米国・カリフォルニア州を拠点に水素燃料搭載航空機および、航空機用水素供給網の開発・実用化を進めているユニバーサル・ハイドロジェン・カンパニー(Universal Hydrogen Co.、以下「UH2社」)へ出資し、UH2社との協業により航空機用水素燃料事業へ参画します。

 

【UH2社提供画像】【UH2社提供画像】

世界的な気候変動対策の重要性が高まる中、世界のCO2排出量の約3%を占める航空業界においても2050年ネットゼロエミッション化に向け動いています。ICAO(国際民間航空機関)やIATA(国際航空運送協会)、および国内外の大手航空会社といった業界全体で世界的な技術開発や各種取組が加速度的に進められています。


当社は、60年以上にわたる民間航空機代理店事業での豊富な実績に加え、長年の航空機ビジネスで培ってきた機体メーカー、航空会社、空港事業者との強固な信頼関係を有しており、UH2社の戦略的パートナーとして本事業へ進出します。

 

そして、当社グループのノウハウとUH2社が誇る高い技術力とネットワークを掛け合わせることで、水素燃料機の導入・普及をおこない、更に水素サプライチェーンの構築に向けた新たなソリューションを市場へ提供することにより、航空分野の環境負荷低減に貢献します。

【ユニバーサル・ハイドロジェン・カンパニーの概要】

 

 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 双日株式会社 >
  3. 双日、米国・Universal Hydrogen社への出資を通じ、航空機用水素燃料事業へ参画