ガリレイグループ サスティナブルビジョン記者発表会のご案内

生産からテーブルまで 温室効果ガスの排出を実質ゼロにするガリレイグループのサスティナブルな取り組みとは

ガリレイグループは2050年までの「カーボンニュートラル・脱炭素社会の実現」に向けた、サスティナブルビジョンに関する記者発表会を開催いたします。
サスティナブルビジョンDramatic Future2050への思い
2015年にパリ協定が採択され、今世紀後半には世界の温室効果ガスの排出量を実質ゼロにする長期目標が掲げられたことで、世界で「脱炭素化」の取り組みが加速しています。ガリレイグループでも、創業100周年となる2051年を見据えて環境長期ビジョン「Dramatic Future 2050」を策定し、温室効果ガスの排出量実質ゼロにする取り組みを進めて参ります。まずは、2030年までのSDGs 「13.気候変動に具体的な対策を」への取り組みを柱とし、「環境アクション2030」を策定しました。記者発表会では環境アクション2030の具体的な取り組みや、目標について、ご説明いたします。

環境アクション2030
1.グリーン冷媒への転換     3.環境性能の高い製品を開発・提供
2.冷媒ガス漏洩防止       4.CO2排出量削減

 

 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. フクシマガリレイ株式会社 >
  3. ガリレイグループ サスティナブルビジョン記者発表会のご案内