近距離モビリティ「WHILL」の静岡市立日本平動物園への贈呈式に関するご案内

日時:2022年3月24日(木)14:00~14:20 場所:静岡市立日本平動物園(静岡市駿河区池田1767-6)正面エントランス

静岡スバル自動車株式会社(本社:静岡市清水区、取締役社長:鈴木孝典、以下「静岡スバル」)は、2022年3月24日(木)WHILL社が開発する近距離モビリティ「WHILL Model C2」および折りたためるタイプの「WHILL Model F」の発売、ならびに「WHILL Model C2」の静岡市立日本平動物園(以下「日本平動物園」)への贈呈をいたします。WHILL両モデルは「スバル車」を販売する自動車ディーラーで全国初の取扱いとなります。
3月24日(木)14:00より日本平動物園での贈呈式を実施いたします。ご多用の折大変恐縮ではありますが、この機会にぜひ乗り心地や操作性、走破性をご体感いただきたくご案内申し上げます。
https://www.shizuoka-subaru.co.jp/information/9965/

FORESTERとWHILLFORESTERとWHILL

静岡市立日本平動物園静岡市立日本平動物園

 

【WHILL発売について】
 静岡スバルの使命は、「高品質なクルマと質の高いサービスを通じて、お客様に安全・安心と満足をお届けし、快適なカーライフを支援すること」です。その中で、スバル車にお乗りいただいている期間だけがお客様ということではなく、静岡スバルにご縁をいただいた、すべての方を生涯のお客様と捉え、免許返納後もライフパートナーとしてお客様のサポートをしていきたいという強い想いから、WHILLの取扱いに至りました。クルマに代わる移動手段として免許不要のWHILLを提案し、自動車を卒業されたお客様の人生をより明るく豊かにサポートしていきます。

【日本平動物園へのWHILL贈呈について】
 静岡市にある日本平動物園は52年の歴史があり、祖父母、両親、お子様と3世代で楽しめる身近な動物園として多くの市民に親しまれています。同市に本社を構え、創業64年の静岡スバルも3世代でお付き合いしているお客様が多く、お客様にとって身近な存在であり続けたいと思っています。
 日本平動物園は、児童情操教育や高齢者施設利用者の来園などに積極的に取り組み、市民のライフパートナーとしても大きな存在です。静岡スバルも生涯のライフパートナーとしてお客様をサポートすることを使命としており、これらの背景が日本平動物園と重なると感じ、WHILL Model C2を贈呈する運びとなりました。3世代で楽しみながら自由に園内を移動していただければと思います。

■概要
◇日時:2022年3月24日(木)14:00〜14:20
◇場所:日本平動物園(静岡市駿河区池田1767-6)正面エントランス
◇内容:開会
            静岡スバル自動車株式会社 社長挨拶
            静岡市観光交流文化局 次長挨拶
            WHILL贈呈
            園長より感謝状贈呈
            閉会
            フォトセッション
            質疑応答
◇申込み方法:3月22日(火)20:00までに以下メールアドレスへご返信
   メールアドレス:mayu-shitara@shizuoka-subaru.co.jp
    記入内容:会社名
    参加者氏名(参加者全員分ご記載ください)
    参加者職種(記者、カメラマン等)
    担当者連絡先
◇ご取材いただけそうなシーンのご提案
  ・贈呈式の様子(代表者挨拶、目録の授与)
  ・スタッフによるWHILLの操作説明
  ・試乗体験(小回り、スピード感、直感的な操作性、乗り心地など)
  ・日本平動物園及び静岡スバル自動車担当者への取材
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 静岡スバル >
  3. 近距離モビリティ「WHILL」の静岡市立日本平動物園への贈呈式に関するご案内