静岡県浜松市と助け合いDXの実証実験を開始

浜松Pay、住民同士の助け合いからヒヤリハット地点共有、海外と日本語で交流など

 株式会社GreatValue(本社:東京都港区、代表取締役社長:廣澤 孝之)は、静岡県浜松市(市長:鈴木康友)の実証事業「Hamamatsu ORI-Project」の一環として、当社が提供する助け合いDXを活用した「浜松ヒーローズ」の取組みを開始いたします。
浜松ヒーローズ
https://hmmtdx.com/

 
浜松ヒーローズは生活する中で困ったことがあった際に、アクセスすることで解消出来るように、生活に紐づく情報や、地元の課題を投稿し地元で解決をする場所、住民同士の助け合いを浜松Payを使って、地域内での依頼や引受ける事ができる共生社会を作り出せるようになっています。
また、お子様の通学路の注意すべきポイントなどが分かる事故があった場所の共有や、非常時の避難場所などのコンテンツも反映。
 


【詳細と目的】
 生活を送る上で便利な情報やサービスがあるのはありがたいが、入口がバラバラであり、きっかけが無ければ、たどり着くことさえ困難な状況となっています。市民の生活を情報で支援するためにオープンデータの活用と提供、そして市民も積極的に参加できるコンテンツを提供し、日頃から生活に定着することで、非常時にも即座にアクセスして危険の回避行動を取れる世界を目指します。
 またオープンデータの活用、提供は良い活動ではありますが、収益を得にくいのも特徴です。今回は『持続可能』を前提で行うために、当社の「助け合いDX」を活用し、コンテンツに対する「投げ銭」や「はままつPay」などで収益を得て、持続可能にすることが出来ます。開始後も取り組みに共感し、ご参加頂ける企業や団体のコンテンツは追加可能であり、未来では市民、企業、団体、自治体が一体となり、協力してその時々の課題に対処できる場所も意識して提供を行います。この活動を行うことで、新しい情報データが生まれ、さらに浜松市で生活する方を情報で支援することに繋がります。
 

https://hmmtdx.com/

【開始に伴う募集】
<①地元の応援店を募集>
地元の助け合いに参加をした地元のヒーローがはままつPayお店を募集しております。決済手数料は0円で掛かりません。ご参加頂ければ頂けるほどヒーローの参加意欲が増します。
下記よりご申請ください。(※浜松市限定)
https://reg34.smp.ne.jp/regist/is?SMPFORM=pcle-ljljkh-e67d14f26437958656f3a58254f39bcc
 
<②連携するコンテンツ募集>
浜松市内から提供しているコンテンツをサービス内に反映することが可能です。当社のお問合せ窓口からご連絡ください。
https://www.greval.co.jp/form


【Hamamatsu ORI-Project】
浜松市が用意するデータ連携基盤を活用し、新しいサービスやアプリケーションの創出を目指す取組み
デジタル・スマートシティ浜松の実現に向けた取組として、浜松市データ連携基盤活用モデル事例創出事業の「Hamamatsu ORI-Project」では、事業構想支援と事業検証支援という2段階の支援を通じ、データ連携基盤を活用した新たなサービスやアプリケーションの創出を図るプロジェクトです。


【助け合いDXの状況】
昨年度実証も終えて、今年4月より本提供を開始。特許を取得した唯一の還元モデルとしての、住民同士の助け合いや、オープンデータ活用、〇〇ポイントやPayなど、様々な用途でご活用いただいており、収益を生み出せる仕組みであることから、導入先やお問い合わせも増えていることから採用強化を図っております。




【本件に関する報道関係者からのお問合せ先】
株式会社GreatValue 担当:広報
電話:03-5114-5607
H Pからのお問合せhttps://www.greval.co.jp/form
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社GreatValue >
  3. 静岡県浜松市と助け合いDXの実証実験を開始