難病児限定で東京おもちゃ美術館を貸切り体験

~難病児のママたちによるキャンプ体験cafeも!~

東京おもちゃ美術館では、5月、6月には、難病児とその家族を招待する貸切りDAYを開催します。休館日を活用し、おもちゃコンサルタントを中心とする30名以上のボランティアが、子と親の遊びをサポートします!

 

 

病気の子どもにとっても、健全な成長・発達のための遊びはとても大切です。
「遊ぶことで少しでも病気の苦痛や緊張を忘れ、毎日の生活が楽しく豊かなものになるように・・・」
という願いを込め、東京おもちゃ美術館を運営する認定NPO法人芸術と遊び創造協会では、難病児のための遊び支援活動を首都圏13病院で実施しています。5月、6月には、難病児とその家族を招待する貸切りDAYを開催します。在宅でケアを行う家族に向けて、各40組に向けて、休館日の美術館を解放します。

当日は、廃校を活用した館内で遊ぶだけでなく、「手作りおもちゃ」、「アイリッシュハープコンサート」「ママcafe」などのイベントも実施。小児科医やおもちゃコンサルタントなど、30名を超えるボランティアが難病児の遊びをサポートします。

取材申込、本件に関するお問合せは、下記までご連絡ください。


東京おもちゃ美術館スマイルデー
◆日 程 2019年5月9日(木)、6月27日(木)
◆会 場 東京おもちゃ美術館(新宿区四谷4-20四谷ひろば内)
               http://goodtoy.org/ttm/
             ※同館の休館日を活用して行われるイベントです。
◆主 催 認定NPO法人芸術と遊び創造協会/東京おもちゃ美術館
◆助 成 2019年度日本財団支援事業(TOOTH FAIRY)
◆URL http://goodtoy.org/act/9.html
 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 認定NPO法人芸術と遊び創造協会/東京おもちゃ美術館 >
  3. 難病児限定で東京おもちゃ美術館を貸切り体験