春夏デートの失敗は、「ファッション」だけではない! 意外な場所のムレにご用心 女子が一緒に歩きたくないファッション1位は「ショートパンツ」

専門家が指南、モテファッション最新トレンド&アンダーヘアケアのメリット パナソニック「ボディトリマー」 (ER-GK60)5月1日に発売

パナソニック株式会社は、メンズグルーミングの新商品としてエチケットゾーンに対応した「ボディトリマー ER-GK60」を5月1日(月)に発売します。ボディトリマー発売を前に20~30代の現在交際相手がいる男女500名を対象に「春夏のデートファッション」に関する意識・実態調査を実施しました。
さらに、株式会社ファッションスタイリストジャパン代表取締役・西岡 慎也氏、用賀ヒルサイドクリニック院長・鈴木稚子先生にオススメのメンズファッションとアンダーヘアケア方法をうかがいました。

<レポートサマリー>
【意識・実態調査】男性必見! 春夏の「おでかけデートファッション」に関する調査
● 春夏は「デートファッション」の失敗リスクアップ! 6割の女性が「ダサい」と思った経験
● 一緒に歩きたくないファッションランキング発表! 下半身の体毛は嫌われる傾向に
● 春から夏、股間がムレがちになる男性は半数超…ニオイ、かゆみのリスクもアップ!
● 女性7割超が男性の「アンダーヘアトリミング」に肯定的! 「自分への配慮」を感じる人も

専門家インタビュー男性デートファッションのここが見られている! 最新トレンドも紹介
● デートファッションにはオトコの内面が現れる! “一緒に歩く女性”に配慮したアイテム選びを
● 最新デートファッションをピックアップ! 失敗しないアイテム選びとは? 
 


 【専門家インタビュー】夏のオトコの股間は高温多湿! アンダーヘアのお手入れを
● 夏は下着の中が雑菌、カビの温床に!? 長引きがちな陰部の湿疹にご注意を
● 男性の気になるニオイ、バクテリアによる汗の分解やアンダーヘアに絡まる汚れがその発生源に!
● 洗っておけば大丈夫、ではない! アスリートの間や、欧米では「アンダーヘアのトリミング」が常識 

【商品紹介】肌に優しい刃を搭載! ウォータースルー洗浄で手軽&清潔に使える「ボディトリマー」


【意識・実態調査】男性必見! 春夏の「おでかけデートファッション」に関する調査         

はじめに、「春から夏のデート事情」を20~30代の恋人がいる男女500名に意識・実態調査を行いました。

=============================
[調査概要]
・調査対象:20~30代 現在交際相手がいる 男女500名 ※性年代別均等割付
・調査期間:2016年12月22日(木)~2016年12月26日(月) 
・調査方法:インターネット調査
=============================

春夏は「デートファッション」の失敗リスクアップ! 6割の女性が「ダサい」と思った経験

まず、春から夏にかけてのシーズンは、『おでかけデート』の機会が増えるかをたずねました。その結果、約8割にあたる78%が「はい」と回答。
 


音楽フェスやキャンプなど、野外でイベントが開催される機会の多いこのシーズン、「おでかけデート」も楽しい時季を迎えることがわかります。

外出の機会が多いぶん、注意が必要なのが「おでかけデート」のファッションでしょう。「春から夏の男性のデートファッション」について女性にきくと、実に約6割が「ダサいと思った経験がある」(59%)と回答。
 


「恋人のファッションのせいでデートのテンションが下がったことがある」人も41%に上ります。ここから、春から夏は「失敗デートファッション」のリスクがアップしやすい季節であるといえるでしょう。

一緒に歩きたくないファッションランキング発表! 下半身の体毛は嫌われる傾向に

では、どんな点に気をつければ失敗がなくなるのでしょうか。具体的に「一緒に歩きたくない春夏の男性のデートファッション」をきくと、1位に「ショートパンツ」(62%)、2位に「お尻・下腹部の毛が見えてしまうほどローライズのパンツ」(58%)、3位に「胸毛やお腹まわりの毛が透けている薄い生地の服」(54%)が続きました。


女性が一緒に歩きたくない春夏の男性のデートファッション (女性のみ複数回答・上位5位)
・ショートパンツ…62%
・お尻・下腹部の毛が見えてしまうほどローライズのパンツ…58%
・胸毛やお腹まわりの毛が透けている薄い生地の服…54%
・サイズ感が合わない服…34%
・ハデな柄物のTシャツ…31%


「サイズ感」「服の柄」よりも、春夏のファッションで女性たちが嫌がるのは自然なままの体毛が服から見えること」にあるようです。中でも上半身の体毛より、下半身の体毛のほうが「一緒に歩きたくない度」が上がる模様。実際に体毛がのぞく薄着の男性とデートした女性からは、「タンクトップとハーフパンツの彼。暑いからその格好なのはわかるが、毛深いので、隣で一緒に歩くのは嫌だった」(25歳)などの声がきかれました。

春から夏、股間がムレがちになる男性は半数超…ニオイ、かゆみのリスクもアップ!

特に「おでかけデート」の機会が増えるこれからの季節、男性でもしっかりと整えておきたいことがわかった下半身の毛。しかし、下半身の毛」のケアが気になるのは、ファッションばかりではないようです。続いて、男性に「春から夏の股間まわりの悩み」をきくと、55%と半数超の男性が「春から夏にかけて股間がムレがちになる」と答えました。
 


多くの男性が夏場はムレがちになる実態がうかがえます。さらに、「ニオイがちになる」(40%)や、「股間がかゆくなる」(39%)という声もきかれる結果となりました。

ただでさえ汗をかくことの多い春から夏のシーズン、「ムレてニオイがしないか心配」(36歳)、「汗をかきやすく、ニオイも気になるので、頻繁にケアする必要がある」(39歳)と考える男性も少なくないようです。

女性7割超が男性の「アンダーヘアトリミング」に肯定的! 「自分への配慮」を感じる人も

次に男性の股間のケア事情を探りました。男性に「アンダーヘアのケア事情」をきいたところ、「特に何も行っておらず伸ばしっぱなし」(54%)が半数超を占める結果に。
 

 

 


 

「整えている」人の中でも「特別な時のみ」(9%)という人もおり、定期的な処理まで意識が及んでいないようです。

「アンダーヘア」の処理には抵抗がある、パートナーに見られたときにどうしようという男性もいるかもしれません。そこで「男性がアンダーヘアを整えること」を女性がどう考えるかききました。すると、「股間のニオイが軽減するなら整えてほしいと思う」という人が74%と7割超にも上りました。さらに、「恋人が整えていたら、自分への配慮を感じると思う」(60%)と考える女性も6割という結果に。
 


男性の「アンダーヘアケア」は、多くの女性に受け入れられる可能性がありそうです。

今回の調査でわかった、春夏シーズンの「失敗しないデートファッション」のポイントは、下半身の体毛処理。「ムレの軽減」につながり、女性からの好感度も高いアンダーヘアケアを、今年2017年からはじめてみてはいかがでしょうか。


■【専門家インタビュー】男性デートファッションのここが見られている! 最新トレンドも紹介         
調査の結果をふまえ、「春夏シーズン」の男性のデートファッショントレンドと、「女性が男性のファッションにもつ印象」について、株式会社ファッションスタイリストジャパン代表取締役・西岡 慎也氏にききました。

デートファッションオトコの内面が現れる! “一緒に歩く女性”に配慮したアイテム選びを          
女性は男性のデートファッションを通じて、実に色々な情報を吸収しています。ファッションは、「TPO」ならぬ「TPPO」。もう一つの「P」=「パーソン」がつくという意味です。デートファッションも基本的に「どの女性に見せるファッションか」を念頭において選ぶべきです。

靴や時計、カバンを見れば、なんとなく経済感や、デートの時にどんな場所に連れて行ってくれる男性なのか判断できますよね。たとえばファストファッションばかりを身につけている男性は、「一人の女性をずっと大事にする」という印象は与えられないでしょう。女性との関係のサイクルが早いと思われたら恋愛も長続きしません。ファッションで余裕を演出できる男性はモテますよ

 


最新デートファッションをピックアップ! 失敗しないアイテム選びとは?           

春から夏のメンズデートファッションで失敗しやすいポイントは「パンツ丈」です。今回の調査でも「ショートパンツの男性とは一緒に歩きたくない」という女性が多かったようですが、一緒に歩く「パーソン」つまり女性のことを考えると、すね毛などが目立つようでは抵抗があるのではないでしょうか。アンダーヘアが露出するほどのローライズは論外だと思いますが…ぜひ、ケアしてください。2017年の春夏は9分丈くらいの長さのパンツもオススメです。素材は軽めのものを選んで着こなせば、季節を楽しみ「TPPO」がわかっている男、と印象づけられるでしょう。

今回、「2017年のメンズファッショントレンド」をピックアップし、女性に意見をききました。
 


「アスレジャー」「ノームコア」「タッキー」など昨年は色々なスタイルがはやりました。今回の調査で2位に入った「ノームコア」は「究極の普通」と称されるスタイル。モノトーンやシンプルなアイテムの組み合わせが特徴です。次に人気なのは「クラシックなスタイルでした。肌の露出は控えめにし、大人の色気が感じられるスタイルです。初心者におすすめしたいデートの定番スタイルは、ネイビーのテイラードジャケット、ベージュのパンツ、茶色のベルトと靴といったファッション。女性からの人気も1位になりました。逆に「タッキー」スタイルなど自分の個性を打ち出しすぎるスタイルは女性からも支持が得られないことがわかりますよね。

デートファッションは相手の女性に与えたい「印象」を基準に「TPPO」で選びましょう体毛が見えて女性がゲンメツ…なんてことにならないように気をつけて、デートを楽しんでくださいね。
 

西岡 慎也(にしおか しんや)
東京デザイン専門学校卒業後アパレル業界へ就職。独自の手法で1年間で約4000人のファンを獲得。
2010年3月「株式会社 ファッションスタイリストジャパン」を設立。
夢は「お客様と喜びを共有できる、ホスピタリティを持ったスタイリスト」を世の中に輩出すること。
現在はファッションコンサルタントとして活動と育成をする他、大手結婚相談所の「ファッション・コミュニケーション」講師を担当。著書に『成功は服が決める-セルフイメージを上げる男の服選びと着こなし50』(セブン&アイ出版)。
URL:http://www.fashion-stylist.co.jp/


■【専門家インタビュー】夏のオトコの股間は高温多湿! アンダーヘアのお手入れを         

次に「アンダーヘアケアと股間のムレの軽減」について用賀ヒルサイドクリニック院長・鈴木稚子先生にききました。

夏は下着の中が雑菌、カビの温床に!? 長引きがちな陰部の湿疹にご注意を                         
陰部は下着と洋服で包まれた部分。汗をかきやすく、高温多湿になりがち。夏は雑菌やカビが増え、繁殖しやすくなります。汗をかくと色んな物の刺激でかゆみを感じます。そこで、かきむしって肌を傷つけ、かきこわしてしまうと、さらに雑菌がついてじゅくじゅくとかゆくなってしまうんです。陰部の湿疹は年単位で長引く人も多いんですよ。陰部のカビというのは、いわゆる「いんきんたむし」。水虫の陰部バージョンとお考えいただければと思います。

男性の気になるニオイ、バクテリアによる汗の分解やアンダーヘアに絡まる汚れがその発生源に!         
男性はニオイを気にする方が多いですね。汗というのは「エクリン腺」と「アポクリン腺」の2種類から出るのですが、陰部には「アポクリン腺」が多く、このアポクリン腺から出るたんぱく質がバクテリアに分解されるとアンモニアのニオイなど、イヤなニオイが出やすくなるのです。また、太もものつけねには皮脂が出る腺がありますが、ここも加齢臭のもととなるノネナールが出やすくなります。さらに日本人は外国人と比較して陰部の毛がしっかりしていて長いので、排せつ物が絡まったりするため、これもニオイの発生源に。陰部はもともと、ニオイの発生しやすいスポットなのです。

洗っておけば大丈夫、ではない! アスリートの間や、欧米では「アンダーヘアのトリミング」が常識           
こまめに洗って清潔にしておけばいいのではないかという方もいると思います。しかし、皮膚にいる常在菌は悪いニオイのもとになるものもいれば、皮膚を守るいい菌もいるのです。この菌を落とさないようにするためには、短く切ってお手入れすることが望ましいですね。人によりますがレーザー脱毛では色素の濃い部分を狙って細胞を破壊するため、陰部の色素沈着部分にレーザーが当たってしまうことによるトラブルもあるため、注意が必要です。また、水泳選手などアスリートの方はトリミングしている人が多いです。欧米では「アンダーヘアのトリミング」は一般的な習慣。「なぜ日本人は行なっていないの?」と思われるほど。「ムレ」が気になる人はぜひ気軽に実践してほしいですね。
 









鈴木 稚子(すずき わかこ)-皮膚科医・用賀ヒルサイドクリニック院長-
東京慈恵会医科大学医学部を卒業。同大学病院皮膚科を経て、2000年用賀ヒルサイドクリニックを開院。アンチエイジングを特に専門とし、皮膚などの見た目だけでなく体の内側の内臓機能・運動機能など全般のアンチエイジングを研究。そのため、スポーツ専門医も取得して研究を行っている。また、アンチエイジングだけでなく、クリニックでは自らがオリジナルの基剤を開発して作成し、人の皮膚が治癒過程で線維を作る技術を応用して開発した独自の治療方法でニキビ痕のクレーターや毛穴開きを治療しており、全国から患者が集まっている。 
URL:http://hillside-cl.com/


肌に優しい刃を搭載! ウォータースルー洗浄で手軽&清潔に使える「ボディトリマー」                                                      

 

パナソニックの「ボディトリマー」(ER-GK60)は、VIOゾーンに対応したさまざまな持ち方ができるI字シェイプで「ワイド&ラウンド」形状の刃は肌に優しく、デリケートな部分も安心してケアできます。刃をはずさず水洗いできるウォータースルー洗浄機能で清潔で肌に優しいそり心地です。アタッチメントは好みの長さに調節できるよう3段階で調節できます。アンダーヘアだけでなく、胸毛やお腹の毛など気になる部分にも使用できます。

商品名:ボディトリマー ER-GK60
価格:オープン、発売日: 5月1日(月)
URL: http://panasonic.jp/mens/







 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. パナソニック株式会社 >
  3. 春夏デートの失敗は、「ファッション」だけではない! 意外な場所のムレにご用心 女子が一緒に歩きたくないファッション1位は「ショートパンツ」