全国初設置の「mamaro 2」ハウステンボスにてお披露目イベントを開催

新製品「mamaro sofa」搭載の新型モデル 体験会には計8組の親子が出席

Trim株式会社(横浜市中区、代表取締役社長:長谷川裕介/以下Trim)はこのたび、設置型ベビーケアルーム「mamaro」の新型モデルとなる「mamaro 2」6台を、ハウステンボス(長崎県佐世保市)の場内5ヶ所に全国で初めて設置いただくこととなり、2021年10月21日(木)にそのお披露・体験会プレビューイベントを開催いたしました。
Trim株式会社(横浜市中区、代表取締役社長:長谷川裕介/以下Trim)はこのたび、設置型ベビーケアルーム「mamaro」の新型モデルとなる「mamaro 2」6台を、ハウステンボス(長崎県佐世保市)の場内5ヶ所に全国で初めて設置いただくこととなり、2021年10月21日(木)にそのお披露・体験会プレビューイベントを開催いたしました。

お披露・体験会プレビューにはTrim代表取締役の長谷川が登壇、挨拶いたしました。ハウステンボスからは主催者として代表取締役社長の坂口克彦さまにご登壇いただいたほか、実際に「mamaro 2」を体験いただくため、長崎県内または九州地方在住の親子の皆さま合計8組にもご参加いただきました。

▲ 「mamaro 2」お披露目体験会プレビュー(左:ハウステンボス株式会社 坂口社長 / 右:Trim代表 長谷川)
(画像提供:ハウステンボス)



体験会イベントでは実際に「mamaro 2」の中にベビーカーを入れてお子さまにミルクをあげたり、新製品である「mamaro sofa」でオムツ交換を体験される親子の姿が見られ、「実際に体験できて面白い」という子育て中の方のお声も聞かれました。
今後もTrimは「mamaro™」および「mamaro のサービスを通し、ママやパパが授乳やおむつ替えの不安がない、楽しくお出かけができるような育児のしやすい社会づくりを推進してまいります。


【本設置について】
今回の「mamaro 2」のご導入は、ハウステンボスが全国で初めての設置となります。
ハウステンボスでは従来より整備されていた6ヶ所の授乳室に加え、より充実した設備見直しを検討した結果、新施設や将来のイベント展開に応じて柔軟に設置場所を変更できるベビーケアルーム「mamaro 2」の導入に至りました。

■導入日:    2021年10月19日(火)
■設置場所:    合計6台
    ・ウェルカムエリア
    ・光のファンタジアシティ
    ・タワーシティ(2台)
    ・アムステルダムシティ
    ・ハーバータウン


【お披露目体験会プレビューイベントについて】
■開催日時:    2021年10月21日(木) 11:00〜12:00

(上記4点の画像提供:ハウステンボス)

※本プレスリリースの内容のご掲載にあたり、写真・動画素材の提供ができます(撮影協力:ハウステンボス)。下部に記載の連絡先までお気軽にお問い合わせください。


【今秋発売開始「mamaro 2」について】


可動式の完全個室ベビーケアルーム「mamaro™」を進化させ、現行版のユニークポイントであるコンパクトな設置型であることを継承しながらも、より便利で快適な使い心地を実現しました。

・室内設備: 体重計測機能付きベビーベッド兼ソファ、タッチパネル式サイネージ、コンセント
・大きさ:    高さ:203cm/幅:199cm/奥行:95cm(室内の高さ 191cm/室内面積 1.26㎡)

※「mamaro™」「mamaro 2」詳細: https://mamaro.trim-inc.com/
※Trimは授乳者のプライバシーが保護された状態で授乳を行えるようにする「授乳用ユニット」について特許を取得しています。(特許第6865989)


■Trim株式会社
設立:    2015年11月
本社:    横浜市中区諏訪町16番 201
代表:    長谷川 裕介
HP:    https://www.trim-inc.com/

*Trim株式会社は、デジタルガレージグループによるOpen Network Lab 第12期 卒業生です。


 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. Trim株式会社 >
  3. 全国初設置の「mamaro 2」ハウステンボスにてお披露目イベントを開催