30年間氷温熟成した勝山の古酒と仙臺箪笥とのコラボレーションで38本限定販売

仙台を代表する欅産業の仙臺箪笥とコラボレーション

30年間マイナス5℃で氷温熟成した古酒「氷熟30」と仙台を代表する欅産業の仙臺箪笥とコラボレーションして
38本限定販売します。

30年間熟成させた勝山の古酒をオリジナルの仙臺箪笥にお入れして38本限定でお届けいたします。
We’re offering a limited release of Katsuyama 30-year aged sake,
packaged in exclusive lacqueredcases made in the Sendai tansu style. 
Only 38 bottles will be produced.

 

38本限定 三十年間 氷熟貯蔵酒
日本酒は1990年当時に鑑評会用として特別に仕込んだ出品酒を-5℃の氷温貯蔵にて30年間という長い年月を
かけて熟成させた『勝山』秘蔵の古酒をシリアル番号の入ったボトルと箱にお入れして38本限定でお届け
いたします。


The Katsuyama Vintage bottle Aged for 30 Years
Originally brewed specially to compete in the Annual Japan Sake Awards, 
the sake has been aged slowly over 30 years stored at -5 Celsius. 

 

仙臺箪笥
<世代を超えて伝えられてゆくもの>
伊達六十二万石の武士の時代から現代まで時代を超えて愛される仙台箪笥。
美しい漆塗りや華やかな飾り金具で美術的要素もあり、高い実用性と芸術性を備えた家具は職人の情熱ある手仕事ゆえの繊細さと風格を備えています。

SENDAI TANSU
Sendai tansu (chest of drawers) have been beloved down through the ages,
from the days of the powerful samurai Datē Masamune and his wealthy domain through
to our present day.
They are known for their artistic elements of beautiful lacquerwork and gorgeous metal fittings, 
combining high functionality and artistry.
Sendai tansu beautifully embody the elaborate,
distinctive craftsmanship of the passionate artisans who make them.

 

麒麟を彫ったボトル
東洋神話に現れる伝説上の聖獣でよいことがある前触れとして姿を現すと言われております。
また、平和で穏やかな日々をもたらす幸福の象徴とも言われております。

Crave “KILIN” on bottle 
The KILIN is a legendary sacred beast in Asian mythology that is said to appear as a harbinger of
good things to come. 
It is also said to be a symbol of happiness that brings about days of peace and tranquility.
 






品目:日本酒
原材料名:米(国産)、米麹(国産米)、
精米歩合:35%
使用米:山田錦100%
アルコール分:17度
内容量:720ml
保存方法:常温
Rice polishing ratio:35%
Alcohol content:17%
Volume:720ml
Ingredients:Japanese Rice
小売価格350,000円(税別)

 

勝山オリジナルのボトルと仙臺箪笥にはシリアル番号が入っております。
KATSUYAMA original bottles and SENDAI TANSU have serial numbers.

 

木地づくり
熟練の木地職人が昔ながらの方法で漆塗りの厚みや湿度による膨張なども計算して微調整した蓋の小気味よい収まりは、まさに匠がなせる技。

Wood working
Woodwork artisan creates elegant wooden cases with time-honored techniques,
making subtle adjustments based on estimations such as how much the wood will expand due
to humidity and the thickness of the lacquer.
They are works of true master craftmanship.

漆塗りの技術
職人たちは何工程にも渡る下地処理を丹念に行い漆塗りを美しく仕上げる卓越した技で独特の深みを表現しております。

Lacquer working
Lacquer artisan first meticulously carry out several processes to prepare the wood for lacquering. 
They then apply the lacquer with expert skill, bringing it to a beautiful, uniquely complex finish.

彫金手打金具
繊細かつ大胆な文様が打ち出された彫金金具は、艶やかな漆塗りの箪笥に取り付けると息をのむ圧倒的な美しさに。柄は栄華繁栄を願う牡丹で、それぞれに元号とシリアル番号を入れて頂きました。



Chase working
Hand-embossed metal ornamentation by chase artisan.
Metal fittings and ornamentation embossed with bold,
intricate patterns are mounted on the stunning lacquered cases,
and the result is breathtakingly beautiful. Peony is symbol of prosperity.
Each case has been engraved with the year and serial number.

伊達の美酒美食文化を守り続けて330有余年
勝山は元禄元年に伊達政宗公を藩祖とする伊達家六十二万石の城下町 仙台に創業。安政四年には伊達家御酒御用達を拝命してより現在に至るまで 「御用蔵」の暖簾と誇りを大切にしながら贅沢で精緻な酒造りで格式ある最高級の酒を醸し続けております。

History and features of Katsuyama sake
Established in 1688, Katsuyama is a sake brewery with a tradition of well over three centuries.
It was created to brew the top-class sake enjoyed exclusively by the feudal lords of the Sendai Domain. Katsuyama is the only brewery in Japan to adopt the most luxurious and meticulous brewing method,
producing ol one tank per week and only the highest class of sake.

 

 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 仙台伊澤家 勝山酒造株式会社 >
  3. 30年間氷温熟成した勝山の古酒と仙臺箪笥とのコラボレーションで38本限定販売