SPRING OF FASHIONが経済産業省の「若手デザイナー支援コンソーシアム」と共に若手デザイナーを支援!

若手デザイナーが苦手とする販路面の課題を強力にサポート

株式会社SPRING OF FASHION(本社:東京都渋谷区・代表取締役:保坂忠伸)は、経済産業省が設立した「若手デザイナー支援コンソーシアム」の協力機関として、若手デザイナーの支援を開始することをお知らせ致します。

我々は、若手デザイナーが小売を通さずに直接商品を消費者に販売できるD2C型のECサイト「Sof DESIGNERS(ソフデザイナーズ)」と、月額300円~撮影用の衣装が借り放題の洋服シェアリングサービス「Sof Grammars(ソフグラマーズ)」を運営しております。

Sof Grammars
https://grammars.sof.tokyo/
 


Sof DESIGNERS
https://www.sof.tokyo/

本協業より、若手デザイナー支援コンソーシアムが挙げている、①若手デザイナーの経営面の課題②若手デザイナーのものづくり面の課題③若手デザイナーの販路面の課題の中でも、特に販路面の課題に対しソリューションを提供致します。

現状、若手デザイナーの販路は小売業に対し卸売を行っております。しかし、現在の市場環境において必ずしも若手デザイナーが卸売をメインの商業形態とせずとも、活躍できる市場環境が醸成されてきました。具体的には、インスタグラムの台頭により個人が情報を発信できるようになったことです。

この市場環境の変化を捉え、我々は通常スタイリストや雑誌の編集者にしか貸し出されなかった若手デザイナーの洋服を、それらの方を含めインスタグラマーや一般人等、すべての方に洋服の貸し出しを許可しております。貸出を通じて、借り手は自身のSNSで必ず若手デザイナーの服を紹介する(タグ付けする)ことをルールとしています。本サービスの提供に若手デザイナーのブランド認知向上に努めます。そして、消費者が直接若手デザイナーの洋服を購入できるECサイトを構築し、現在の市場環境にあった方法で若手デザイナーの商品が流通するエコシステムを構築します。

経済産業省
『若手デザイナー支援コンソーシアム エントリーガイドブック』
http://www.meti.go.jp/policy/mono_info_service/mono/creative/fashion/file/guidebook.pdf
※P.3 協力機関リストに記載

■株式会社SPRING OF FASHION 概要

2016年10月に設立。「世界のクリエイターに活躍の場を」というビジョンのもと、ファッションを主軸にしたクリエイターの方々に活躍の場を創出することを使命として、様々なWEBサービスを企画・運営しています。東京都がベンチャー企業を支援する組織「青山スタートアップアクセラレーションセンター」において、「第4期アクセラレーションプログラム受講者」として選ばれており、ファッション業界だけでなく、ベンチャー企業の中でも、そのビジネスモデルやビジョンが注目を集めています。
・社名: 株式会社SPRING OF FASHION
・所在地: 東京都渋谷区本町3-2-10-205
・代表者: 代表者取締役社長 保坂 忠伸
・設立: 2016年10月
・資本金: 5,000,000円
・事業内容: 『Sof Grammars』『Sof DESIGNERS』の企画・運営

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社SPRING OF FASHION >
  3. SPRING OF FASHIONが経済産業省の「若手デザイナー支援コンソーシアム」と共に若手デザイナーを支援!