耳をふさがずに音楽を聴く新・骨伝導イヤホン「earsopen®」ヨドバシカメラ全店舗で販売開始!クラウドファンディング1億円達成のヒアラブル®デバイスを店頭で体験

骨伝導技術を活用したデバイスメーカー、BoCo株式会社(本社:東京都中央区 代表取締役社長:謝端明)の鼓膜を使わずに音を聴く新世代骨伝導イヤホンシリーズ「earsopen®」がヨドバシカメラ(22店舗)での販売を開始しました。2017年にクラウドファンディングで1億円を調達した、骨伝導イヤホンシリーズをお近くの店舗で試聴体験いただくことができます。

耳をふさがない新しいリスニングスタイルを提案しているBoCo株式会社の「新・骨伝導イヤホンシリーズearsopen®」の販売をヨドバシカメラ22店舗で開始いたしました。

店舗では「ミニプラグ接続で手軽に始められるearsopen®骨伝導イヤホンWR-3」「Bluetooth接続でアクティブに使えるearsopen®骨伝導イヤホンBT-3」「周囲の音をearsopen®骨伝導イヤホンから伝えることができる音楽+会話用モデルHA-3」を体験いただくことができます(※一部店舗では「WR-3」「BT-3」のみの取扱)。

BoCo株式会社は、Your Happiness is Our Businessをモットーに、今後も新たな驚きと喜びをテクノロジーの力で生み出し続けてまいります。
 

●earsopen®
「earsopen®」は骨を通じて音を聴くことで、耳をふさがない(鼓膜を使わない)新世代の骨伝導イヤホンです。高音質と安心・安全を届けるために長年研究を重ね、独自開発のearsopen®骨伝導デバイスを採用することで「世界最小の骨伝導イヤホン」を完成させました。2017年3月7日(火)〜2017年5月31日(水)に、CCC(TSUTAYA)グループのクラウドファンディングサイト「GREEN FUNDING by T-SITE(グリーンファンディングバイティーサイト)」にて、1億円を達成し、注目を集めました。
earsopen®Webサイト:https://earsopen.jp/


PRムービー:


●BoCo株式会社
BoCo株式会社は製品の基礎特許を有するゴールデンダンス社の技術を使い、SONYオーディオ事業部で開発・設計を行っていた音への強いこだわりを持ったメンバーが中心となって商品を開発しています。代表取締役をはじめ、異なる経験豊かな人材が集まり、今まで世の中にないものを日本で開発・製造することを目指し、earsopen®骨伝導イヤホンを商品化いたしました。日本国内を代表できるトップクラスの高い技術を持つ会社として、「経済産業省 飛躍Next Enterpriseプロジェクト」「内閣府オープンイノベーションチャレンジ2017」に採択されました。
http://www.boco.co.jp/

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. BoCo株式会社 >
  3. 耳をふさがずに音楽を聴く新・骨伝導イヤホン「earsopen®」ヨドバシカメラ全店舗で販売開始!クラウドファンディング1億円達成のヒアラブル®デバイスを店頭で体験