シーメンス・シグニア補聴器 「耳からはじめる健康セミナー 」“認知症と難聴”をテーマに市民イベント開催小川郁先生と補聴器ユーザー鳥越俊太郎氏が講演

シバントス株式会社(本社:神奈川県大和市、代表取締役社長:笠原哲治)は、市民イベントとしてシーメンス・シグニア補聴器「耳からはじめる健康セミナー」“認知症と難聴”を2018年2月17日(土)、富士ソフトアキバプラザで開催します。“認知症と難聴”をテーマに慶應義塾大学医学部 耳鼻咽喉科教授の小川郁先生とジャーナリストの鳥越俊太郎氏より聞こえについて分かりやすくお話いただきます。
【認知症と難聴】
「難聴になると認知症のリスクが高くなる。」
そんなショッキングな報告が厚生労働省から発表されました。2015年1月、政府は高齢化が急速に進む日本の問題に、認知症の対策強化に向けて新オレンジプラン(認知症施策推進総合戦略)を策定しました。高齢者の4人に1人は認知症、またその予備軍といわれています。本セミナーは、日本の耳科学、聴覚医学における第一人者の小川郁先生(慶應義塾大学医学部 耳鼻咽喉科教授)より「認知症と難聴」について分かりやすく講演されます。また、ご自身が難聴で補聴器ユーザーである鳥越俊太郎氏(ジャーナリスト)が「補聴器の体験談」を語られます。鳥越氏は、シーメンス・シグニア補聴器“ハッピーシグニアユーザーアンバサダー”として補聴器の普及活動に協力されています。

【耳からはじめる健康セミナー -認知症と難聴-】

・日時:2018年2月17日(土)10:00~11:30 (開場9:30)
・場所:富士ソフトアキバプラザ6Fセミナールーム1
    (東京都千代田区神田練塀町3、富士ソフト秋葉原ビル)
・定員:先着120名
・参加費:無料(事前申込み制)
・申込方法:シーメンス・シグニア補聴器 申込サイト
https://www.signia.jp/seminar20180217/

ご講演者
小川 郁 先生 (慶應義塾大学医学部 耳鼻咽喉科教授)
講演「認知症と難聴」(50分)

日本の耳科学、聴覚医学における第一人者。その功績から国内・海外の様々な学会などの要職を務められています。一方で「NHKきょうの健康」など多くのメディアにも出演され、聴覚に関わる様々な病気やその治療、また補聴器のことをわかりやすく解説されることでも知られています。昨年1月には、日本耳鼻咽喉科学会主催「難聴と認知症・うつ病」に関する国際シンポジウムの大会長も務められました。

●略歴
1981年 慶應義塾大学医学部卒業
1991年 ミシガン大学クレスギ聴覚研究所研究員
1995年 慶應義塾大学医学部耳鼻咽喉科専任講師
2002年 慶應義塾大学医学部耳鼻咽喉科教授(現職)
2017年 慶應医師会会長

●兼務・役職
日本耳鼻咽喉科学会 専門医・副理事長
日本耳科学会 顧問
日本聴覚医学会 理事
日本小児耳鼻咽喉科学会 理事
日本頭蓋底外科学会 理事
日本頭頸部外科学会 理事
日本気管食道科学会 専門医・常任理事
国際聴覚医学会 理事
アジアオセアニア頭蓋底外科学会 評議員など


鳥越 俊太郎 氏 (ジャーナリスト/ハッピーシグニアユーザーアンバサダー)
講演「補聴器体験談」(30分)

1940年、福岡県生まれ。京都大学文学部卒業後、毎日新聞社へ入社。社会部、外信部(テヘラン特派員)、サンデー毎日編集部勤務を経て、サンデー毎日編集長へ就任、毎日新聞社退社後、ニュースキャスター、コメンテーターとして多くの報道番組に出演されました。

また、鳥越氏は、ご自身が難聴者であり補聴器ユーザーの1人です。
補聴器の普及に貢献したいとの強い思いをもたれて、2017年9月にシーメンス・シグニア補聴器“ハッピーシグニアユーザー”アンバサダーに就任しました。補聴器ユーザー代表として補聴器の普及活動に協力しています。当社補聴器をお使いのお客様に幸せになっていただきたいという想いからお客様のことを“ハッピーシグニアユーザー”とお呼びしています。 

鳥越氏コメント
「数多くの身体障害の中で、他者から見て“障害を持つ”人という認定を受けない身体障害の1つ、それが“難聴”である。私は、補聴器をつけて多くの人に聞こえる明るい人生を取り戻してほしいと考えている。」


司会
小川彩佳 テレビ朝日アナウンサー

 

報道ステーション(月~金よる9:54~11:10)でサブキャスターを担当。
青山学院大学卒業後、2007年テレビ朝日に入社。
これまでの担当番組、「サンデープロジェクト」「サンデーフロントライン」ほか。



■シーメンス・シグニア補聴器について
Signia(シグニア)ブランドは、お客様のニーズに応えるブランドとして2016年に誕生しました。SIEMENS(シーメンス)から継承したSIの2文字には、約140年の歴史を通じて培った高品質と革新性を引き継ぐ思いが込められています。Signiaブランドの補聴器を通して、お客様の幅広いニーズにお応えし、明瞭な聞こえで人生を満喫し楽しんでいただけるよう願っています。
https://www.signia.jp/
 
■シバントスグループについて
2015年に旧シーメンスオージオロジー部門がシバントスグループに統合されました。約140年の歴史がある旧シーメンスオージオロジーをベースとしたシバントスグループは、ドイツ発のエンジニアリングと多数の世界的なイノベーションを持ち聴覚ケア業界をリードする5,000人以上の従業員をもつ世界的なメーカーです。シバントス社のグローバルセールスは、世界 95ヵ国の聴覚ケアスペシャリストとセールスパートナーに製品を供給しており、特に製品開発に重点を置いています。シバントス社は、Signia, Siemens, Rexton, AudioService, A&Mといったブランドを通してマーケットリーダーとなることを目指しています。詳細は web でご覧いただけます。https://www.sivantos.com
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. シバントス株式会社 >
  3. シーメンス・シグニア補聴器 「耳からはじめる健康セミナー 」“認知症と難聴”をテーマに市民イベント開催小川郁先生と補聴器ユーザー鳥越俊太郎氏が講演