ハニカムラボ、「デジタルコンテンツEXPO2018」出展のお知らせ

カスタマイズ可能なビジュアルAIソリューション「aicontainer(アイコンテナ)」の様々な利用事例を紹介

株式会社ハニカムラボ(本社:東京都渋谷区、代表取締役:河原田 清和、以下ハニカムラボ)は、2018年11月14日から16日に幕張メッセで開催される「デジタルコンテンツEXPO2018」に出展いたします(ブース番号:D118)。展示ブースでは、AIソリューション「aicontainer(アイコンテナ)」の様々な利用事例について、体験デモやパネル展示でご紹介いたします。
■展示内容について
本展示では、ビジュアルAIソリューション「aicontainer(アイコンテナ)」の様々な利用事例について、”VISUAL”、”A.I.”、”DATA”のそれぞれのパートの様々な内容を組み合わせることによって多種多様な用途に適用した例を、体験デモやパネル展示を通じてご紹介いたします。


■「aicontainer(アイコンテナ)」について
「aicontainer (アイコンテナ)」は、様々にカスタマイズできるビジュアルAIソリューション。
“VISUAL”、”A.I.”、”DATA”の3要素で構成されており、それぞれの要素をカスタマイズして組み合わせることで、多種多様なコンテンツを実現します。
 

aicontainer概念図aicontainer概念図

”VISUAL”要素として、キャラクターを表示したり、その表示先をサイネージモニタ、タブレット、VRデバイスなどいろいろなデバイスが選択可能、”A.I.”要素としては、音声会話エンジンを使用したり、画像解析を行ったり等、導入したい目的や場所、場面に合わせて、様々なカスタマイズが可能です。
キャラクターとの音声会話でいろいろな案内をする、取り付けたカメラの前の一日単位の通行人の数をカウントする、通行人の男女比や年代比率を推定する、などのいろいろな機能を活用して、多種多様な"DATA"を取得・蓄積することができ、蓄積した内容は管理画面からデータとして取得して、各種データ解析のための元データとして活用するも可能です。


■イベント/出展概要
・名称:デジタルコンテンツEXPO2018  ( https://www.dcexpo.jp/ )
・会期:2018年11月14日(水)〜16日(金)
・会場:幕張メッセ
・当社ブース番号:D118
・出展内容:「aicontainer(アイコンテナ)」の利用事例紹介

ご来場お待ちしておりますご来場お待ちしております


■ハニカムラボについて
ゲーム業界出身のメンバーたちとWeb業界出身のメンバーたちがそれぞれの得意ジャンルを持ち寄り、多くの人が楽しめるコンテンツを生み出すテクノロジー集団です。ゲーム開発技術による表現力とインターネット技術を融合させ、様々なアイディアを実現します。
特にxR (VR / AR / MR)、デジタルサイネージなどのインタラクティブコンテンツや、スマートフォンアプリの開発を得意とし、様々な企業のデジタルプロモーションやイベント、商業施設の常設展示コンテンツ等の企画・開発を担当、国内外の広告賞なども数多く受賞履歴があります。
公式サイト:https://www.honeycomb-lab.co.jp/
特設サイト:https://www.special.honeycomb-lab.co.jp/aicontainer

本件に関するお問い合わせ先
株式会社ハニカムラボ 担当:河原田
e-mail : press@honeycomb-lab.co.jp
 
  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ハニカムラボ >
  3. ハニカムラボ、「デジタルコンテンツEXPO2018」出展のお知らせ