通信のバリアフリー化を目指すタウンWiFiが「遅いWiFi減らそうプロジェクト」を始動!

WiFi通信速度データの提供を開始

世界34か国のWiFiスポットに自動でログインが可能なWiFi自動接続アプリ「タウンWiFi」を運営する株式会社タウンWiFi(本社:東京都港区、代表取締役:荻田 剛大、以下「タウンWiFi」)は、よりよいWiFi体験を増やすため、WiFiオーナー様へWiFi平均通信速度データ等を提供する「遅いWiFi減らそうプロジェクト」を始動いたしました。
【WiFi通信速度データ提供の背景】
1.タウンWiFiアプリのユーザーから「●●のWiFiが遅い」というようなお問い合わせがあることから、通信速度の遅いWiFiが少なからず存在し、それがWiFi利用者に不満を与えてしまっている
2.WiFiオーナー様もこうしたWiFi利用者からのお問い合わせ(クレーム等)に対応したいが、ルーター単位/時間帯単位でのユーザーの体感速度が把握できず対応が難しい

【提供するWiFi通信速度データ】
タウンWiFiアプリには"遅いWiFiには接続しない"という機能があり、こちらで計測した速度を、WiFiを提供しているWiFiオーナー様に無償で提供いたします。

【データ提供で目指すこと】
"WiFiにつながったけど遅い"というのは、WiFi自体の体験を大幅に下げてしまう大きな問題です。この問題を解消し、WiFiを提供しているオーナー様や、WiFi事業者様と連携して日本のWiFi体験の向上を目指します。

●先行提供を実施した福岡市の事例
タウンWiFiアプリ経由で接続された、WiFiルーター毎(BSSID毎)の時間帯別通信速度、認証成功数、認証失敗数等を提供しました。提供データを元に遅いWiFiを把握し、その後のWiFi強化策に有効活用してもらっています。

タウンWiFiは、今後も、携帯回線のようにどこでもWi-Fiにつながり、世界中のどこでも無料でネットが使える環境構築を目指して邁進してまいります。

【タウンWiFiアプリ概要】
「タウンWiFi」アプリは2016年5月にリリースしたWiFi自動接続アプリです。「タウンWiFi」アプリをダウンロードすると、街中の無料Wi-Fiに自動で接続でき、WiFi通信の保護機能により通信を暗号化しているため、WiFiをより安全に利用することが可能です。2019年5月現在、500万以上の会員を保有しています。
■対応言語:日本語、英語、韓国語、中国語
■URL:https://townwifi.jp/
(iOS版・Android版共通)

<自動接続の透明化について>
タウンWiFiは以下のような対応でWiFi接続自動化の接続フローの透明化を明示しています。
・(対応が必要な事業者の場合)利用規約の同意、仮会員登録の部分はユーザーが手動で行うようにする
・自動化される部分やそのフローをタウンWiFiの利用規約で表示する
・タウンWiFiが発行したメールアドレスへの事業者からのメールをメッセージ欄に表示する

また「WiFi認証AI」の導入に合わせ、下記対応も実施しています。
・タウンWiFiのウェブページ上でWiFi提供者からの問い合わせ窓口を設置
・自動化対応後対応した旨を順次WiFi提供者に連絡。要望があれば、接続の手動化対応が可能。

【株式会社タウンWiFi 会社概要】
社名 : 株式会社タウンWiFi
所在地:港区芝大門1-3-5芝大門スクエア5階
代表取締役:荻田 剛大
設立日:2015年4月27日
URL:https://townwifi.jp/
事業内容:スマートフォン向けアプリケーションの開発と運営
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社タウンWiFi >
  3. 通信のバリアフリー化を目指すタウンWiFiが「遅いWiFi減らそうプロジェクト」を始動!