『池袋西口公園extremeイルミネーション2019』点灯式 開催

池袋のナイトライフをもりあげる『池袋西口公園extremeイルミネーション2019』は2020年1月13日(月)まで開催中

デジタルクリエイタープロダクションであるエクストリームが特別協賛する『池袋西口公園extremeイルミネーション2019』の点灯式が12月18日(水)に開催されました。なお、『池袋西口公園extremeイルミネーション2019』は2020年1月13日(月)まで開催されます。
デジタルクリエイタープロダクションである株式会社エクストリーム(本社:東京都豊島区、代表取締役CEO:佐藤昌平、以下、「エクストリーム」)が特別協賛している『池袋西口公園extremeイルミネーション2019』(主催:池袋西口公園イルミネーション実行委員会)の点灯式が12月18日(水)に開催されました。


当日は、豊島区が主催する池袋西口公園野外劇場を拠点として夜間に本格的なクラシック音楽をお楽しみいただける「Tokyo Music Evening “Yube”」の第一回目の開催と併せ、「池袋の夜-ナイトライフ」をさらにもりあげるコンテンツのオープニングを飾る『池袋ナイトライフイベント合同オープニングセレモニー』が行われ、高野之夫豊島区長はじめ池袋地域に関わる方々やエクストリームからも代表の佐藤昌平が列席いたしました。


セレモニーでは『池袋西口公園extremeイルミネーション2019』の点灯式が執り行われ、池袋西口公園にお集まりいただいた皆さまのカウントダウンの声にあわせてイルミネーションの点灯スイッチが押されると、池袋西口公園はイルミネーションの青い光と、お集まりいただいた皆さまの優しい拍手に包まれました。
『池袋西口公園extremeイルミネーション2019』はGLOBAL RING周辺の木々をLEDライトで装飾した『イルミネーションゾーン』と、東京芸術劇場前の欅の木に子どもたちがデザインした「デジタルキャラクター」がAR技術で登場する『シンボルツリーゾーン』からなります。


また、セレモニーにおいて、ご挨拶の機会を頂戴したエクストリーム 佐藤昌平は、本イルミネーションに特別協賛した経緯として、2005年の創業以来、池袋に本社を構える企業として地元池袋への感謝と貢献したいという思いを述べ、さらに「デジタルクリエイタープロダクション」として、イルミネーションとデジタルクリエイティブ技術を駆使し、アート・カルチャーとテクノロジーを融合させたフォトスポットを池袋の皆さまにご提供したいという趣旨をお伝えいたしました。

■池袋西口公園extremeイルミネーション2019 開催概要
点灯時期:2019年12月18日(水)~2020年1月13日(月)
点灯時間:17:00~23:00
開催場所:池袋西口公園(東京都豊島区西池袋1丁目)
主  催:池袋西口公園イルミネーション実行委員会
共  催:池袋西口駅前商店会
後  援:豊島区
     公益財団法人としま未来文化財団
協  力:池袋西地区まちづくり協議会
     池袋西口商店街連合
     NPO法人ゼファー池袋まちづくり
     東京芸術劇場
     株式会社プロントコーポレーション
特別協賛:株式会社エクストリーム
URL  :https://www.extreme-illumination.com
 
■株式会社エクストリーム 概要
会社名: 株式会社エクストリーム EXETRME CO.,LTD.
所在地: 東京都豊島区西池袋1-11-1 メトロポリタンプラザビル21F
代表者: 代表取締役社長CEO 佐藤昌平
設立:  2005年5月6日
証券コード: 6033
資本金: 414,891,524円
URL: http://www.e-xtreme.co.jp/
事業概要: タレント性を有するクリエイターを数多く抱える業界大手の「デジタルクリエイタープロダクション」。ゲーム・IT・webなどのソフトウェア業界に向けて常駐型のソリューションを提供しています。社員(=タレント)は、社内外の様々なプロジェクトに参画しています。クライアントはスマホ・家庭用などのゲームパブリッシャーから金融や官公庁、通信まで多岐に渡り、現在も拡大中。また、自社保有のIPを活用したライセンス事業などの実績も豊富です。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社エクストリーム >
  3. 『池袋西口公園extremeイルミネーション2019』点灯式 開催