WEB面接ツールのZENKIGEN、創業1年4ヶ月でホワイト企業アワードを受賞

“場所・時間・環境フリーな自律した働き方“がを評価され「チームホワイト企業」部門で受賞、ホワイト企業に認定

WEB面接ツール「HARUTAKA(ハルタカ:https://harutaka.jp/)」を提供する株式会社ZENKIGEN(ゼンキゲン 本社:東京都千代田区、代表取締役CEO:野澤 比日樹、以下、当社)は、創業の精神として、生き方のなかに「働く」を位置づける経営を推進して参りました。常に変化し続ける創業間もない経営状況の中、仲間を信じて、責任と自由を委ねる働き方を推奨しております。場所にも、時間にも、環境にも制約されない自律した働き方を要求し、支援する一連の施策が評価されて2019年3月12日、一般財団法人日本次世代企業普及機構(以下、ホワイト財団)よりホワイト企業アワードの「チームホワイト」部門で受賞し、ホワイト企業認定を受けたことをお知らせいたします。
当社のビジョンである「テクノロジーを通じて人と企業が全機現できる社会の創出に貢献する」に基づき、創業より一貫して行ってきた「そこで働くことを心から幸せに感じる会社をつくる」多くの施策が評価され、「チームホワイト企業賞」を受賞致しました。

 

社名の由来である「全機現(ZENKIGEN)」とは、人が持つ能力の全てを発揮することを示す禅の言葉です。多くの大人が

 

全機現する社会は幸せな社会であり、次世代にそんな社会を引き渡したい、それが当社の意志です。
多くの大人が全機現する社会の創出に貢献する為、まずは当社の社員全員が「全機現」を体現する必要があると考えています。
当社は、生産性を最大化し、仕事や家族との時間、社員自身のやりたいことを全力で行えることを目的とした施策を行なっております。
社内SNSの積極的な活用やフルフレックス制度の導入を通じて、社員一人ひとりの家庭環境や事情に応じて働く「場所」「時間」「環境」を社員自身が決めることを認めています。

<表彰理由のコメント>
創業間もないスタートアップ企業でありながら、「社会から、そして労働者から選ばれる会社をつくること」を目的としホワイト化を推進しています。より一人一人が生産性を最大限高めるために、働く場所や環境、時間を単に拘束するのではなく、仕事や家族との時間、やりたいことなどのバランスを保つ施策を整えている点を評価させていただきました。今後成⾧するスタートアップ企業の見本となっていただくことを期待しています。


■「ホワイト企業認定」とは
次世代に残すべき素晴らしい企業=“ホワイト企業”を発見し、日本中、世界中に認知し、企業価値の向上を支援する制度です。
“ホワイト企業”とはお客様からの信頼、従業員満足、適正な利益・成長のバランスがとれ、アイディアに溢れ競争力があり人々から愛される“強い組織”、「家族に入社を薦めたくなるような会社」と定めています。
ホワイト企業認定には、「法令遵守」「ビジネスモデル/生産性」「ワーク・ライフバランス/健康経営」「柔軟な働き方」「D&I(ダイバーシティ&インクルージョン)」「人材育成/働きがい」の6つの認定指標が設けられており、各指標に設けられた評価項目に対し、一定基準を満たしていることが条件となります。

■当社提供のWEB面接ツール『HARUTAKA』について
企業の採用力を強化するWEB面接ツール「HARUTAKA」。ウェブ面接やライブ面接で採用コストを削減するだけでなく、HARUTAKA独自の分析機能やコンサルタントによるサポートで採用の質向上に貢献します。
(『WEB面接ツールHARUTAKA』サービスサイト:https://harutaka.jp/



【会社概要】
会社名:株式会社ZENKIGEN(ゼンキゲン)https://zenkigen.co.jp/
代表者:野澤比日樹
所在地:東京都千代田区大手町1-6-1 大手町ビル6F
設立:2017年10月
事業内容:動画面接プラットフォーム『HARUTAKA(ハルタカ)』の企画・運営
https://harutaka.jp/
ビジョン:テクノロジーを通じて人と企業が全機現できる社会の創出に貢献する
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ZENKIGEN >
  3. WEB面接ツールのZENKIGEN、創業1年4ヶ月でホワイト企業アワードを受賞