幼児教育・保育の無償化に対応「泉大津市バーチャル市役所 総合案内」を公開

行政手続きの効率化サービスを手掛ける株式会社グラファー(本社:東京都渋谷区、代表取締役:石井大地、以下「グラファー」)は、行政手続きをウェブ・スマートフォンでわかりやすく案内する「Graffer®︎ 手続きガイド」を大阪府泉大津市に導入し、10月1日より「泉大津市バーチャル市役所 総合案内」として公開いたします。

泉大津市バーチャル市役所 総合案内:https://ttzk.graffer.jp/city-izumiotsu


【「泉大津市バーチャル市役所 総合案内」について】

「泉大津市バーチャル市役所 総合案内」では、ライフイベント8種類(転入・転居・転出・結婚・出生・離婚・氏名変更・死亡)に加え、「幼児教育無料化 手続きガイド」、「保育園申込み書類 手続きガイド」を公開いたします。
「幼児教育無料化 手続きガイド」は、今回の実証実験において泉大津市と共同開発したものであり、幼児教育の無償化において当サービスを利用するのは全国の市町村で初めてとなります。
 


【「幼児教育無料化 手続きガイド」を共同開発】

今回の実証実験では、泉大津市と共同開発した「幼児教育無料化 手続きガイド」を公開します。
泉大津市では平成30年4月に機構改革の一環として「こども未来課」を「子育て応援課」と「こども育成課」に分離しました。今回の取り組みでは「こども育成課」に協力いただき、令和元年10月から始まる幼児教育・保育の無償化に対応するための「幼児教育無料化 手続きガイド」を作成しました。
実証実験期間は令和1年10月1日から令和2年5月までの7ヶ月間を予定しております。グラファーは市民サービス向上に寄与できるよう、泉大津市と共に取り組んでいきます。


【幼児教育・保育の無償化について】

令和元年10月1日から「子ども・子育て支援法の一部を改正する法律」が施行されます。それに伴い、3~5歳児は、幼稚園、保育所、認定こども園等の利用料が無償になり、住民税非課税世帯であれば0~2歳児も保育所、認定こども園等の利用料が無償になります。
無償化の補助を受けるには、利用している施設やサービスによって地方自治体への申請が必要になる場合があり、子どもの年齢や教育・保育サービスの利用状況によって、必要な手続きを洗い出す必要がありました。
今回、泉大津市と共同開発した「幼児教育無料化 手続きガイド」では、泉大津市で無償化の手続きを行う場合に必要な手続きを、簡単に洗い出すことができます。今後は幅広い自治体でこのサービスを利用いただけるよう改善を重ねていきます。


【株式会社グラファーの提供サービス】

◆行政手続き情報メディア「くらしのてつづき」
https://ttzk.graffer.jp 

◆手続き書類のオンライン作成・印刷・郵送「Graffer® フォーム」
https://forms.graffer.jp/ 

◆法人登記事項証明書・印鑑証明書のオンライン請求「Graffer® 法人証明書請求」
https://registry.graffer.jp/


【企業情報】

所在地: 東京都渋谷区千駄ヶ谷1-2-3 INビル2F
代表者:石井 大地
設立: 2017 年7月18日
資本金:50,000,000円
URL:https://graffer.jp/ 
お問い合わせ:pr@graffer.jp


|本リリースの元記事はこちら|
https://graffer.jp/news/1421
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社グラファー >
  3. 幼児教育・保育の無償化に対応「泉大津市バーチャル市役所 総合案内」を公開