ファンとアーティストの関係をLOUDトークンの循環で可視化、メタル音楽×トークンエコノミー「ラウドトークンエコノミー」を始動!

~ブロックチェーン技術を用いて絆や愛、信頼をトークンで可視化~

ブロックチェーン技術を用いて事業における課題解決を行い、トークンエコノミーの先駆けとして活動する株式会社アヤナス(東京都港区、代表取締役:川本栄介、https://www.ayanasu.co/)による、メタル音楽との融合を果たしたラウドトークンエコノミー(https://www.ayanasu.co/result/loud.html)プロジェクトを始動いたしました。

企業の課題解決や暗号資産などで知られるようになったブロックチェーンという技術は、トークン(代替通貨)と表裏一体の関係にありますが、広く使われていたり世の中に馴染んでいるとは言えません。

そのトークンを用いた経済圏である「トークンエコノミー」も、同じようにまだ利用が進んでいないと言えます。

トークンを交換し合い、トークンを使った経済が活発になることでさらに価値を持ったトークンが使われる…そんなトークンエコノミーの構想は多く存在しているものの、まだどのブロックチェーンプロジェクトにおいても、積極的にトークンが使われる仕組みが確立していません。

ラウドトークンエコノミーは、音楽の中でもニッチなメタルに焦点を当てたプロジェクトです。

偏りのあるジャンルだからこそコアなファンも多く、アーティストへの深い愛を持つファンが集うメタルとトークンエコノミーを掛け合わせることで、トークンが循環する仕組みを作りやすいという特徴があります。
 

・ラウドトークンエコノミー~ファンとアーティストのつながりを可視化~
音楽は本来アーティストとファンのみで成り立つ関係です。ラウドトークンエコノミーは二者間に芽生える絆や信頼を可視化すべく、LOUDというトークンを用いてその関係性を表します。

ファンはアーティストへ投げ銭をする他、LOUDを付与される企画となる「バウンティ」に参加して貢献。アーティストはバウンティを企画し、バウンティを達成したファンに対してLOUDを付与。

持ちつ持たれつの関係性をLOUDで可視化し、お互いの貢献度を信頼や絆に変えていきます。


・たとえば、アーティストでも誰でもフェスを企画できる「ラウドフェス」
バウンティを行って資金を集め、協力者に利益を分配しながらイベントを開催し、関わったアーティストやファンが大きなメリットを享受できますが、それだけでなくフェスを最大限盛り上げることができるようフェス前後もイベントを開催できます。

LOUDを使ってチケットやグッズを購入できますが、そのLOUDを手に入れた経緯となるのは、バウンティ。バウンティの参加履歴の貢献度がより高いユーザーには、フェスの良席やバックステージパスを手に入れられるなどの特典を設け、より多くのファンが積極的にLOUDを手に入れ、使うという流れです。

これらの活動はすべて改ざんができないブロックチェーンに刻まれていき、世界中の誰もがその記録を閲覧することができます。また、ファンもアーティストもどのような経緯でイベントが開催されたのか、誰が携わり、どれくらいの人がLOUDを投資して実現したのかがわかるため、人々がイベントやアーティストにかける思いを可視化できると言えます。


・ファンとアーティスト、スポンサーや投資家すべてのメリットを実現
ファンとアーティストで強く結ばれた絆は、強力な利害関係にあると言えます。

ファンはアーティストに支援や貢献をし、アーティストはファンに感謝の形を還元します。そこに投資のきっかけを見出すことができれば、大きなビジネスチャンスへと繋げられるため、資金・人材・事業・企画などあらゆる面でラウドトークンエコノミーに賛同していただけるパートナーを募集します。

また、メタルを愛する方、メタルを表現するアーティストの方、ラウドトークンエコノミーにご興味のある方、トークンエコノミーについて知りたい方やご相談のある方、ぜひご連絡お待ちしております。

・ラウドトークンエコノミー詳細について
以下のページより、ラウドトークンエコノミーの全貌をご覧ください。
ラウドトークンエコノミーHP
https://www.ayanasu.co/result/loud.html
※HP内にホワイトペーパーへのリンクを掲載

・LOUDエグゼクティブプロデューサー

Secret Sosiety代表
メタル音楽プロデューサー 小杉茂
Metal、Hard core、Punkを専門に1990年、インディペンデントレーベルHOWLING BULLを設立。90年代後半のインディーズムーブメントを支える。Air Jam、Beast Feast、Independence-D、Loud Park等の個性的なジャンルに特化したフェスの立ち上げを手掛ける。アーティストマネジメントはUNITED、Garlic Boys、Hi-Standard、Oceanlaneといったシーンを牽引するバンドを手掛け、国内外200以上のアーティストに関わる。昨今ではアーティストの「こころ」の繊細さにどう向き合うかという観点から、カウンセリングの技術を音楽業界に取り入れるべく活動。また、2019年にはヘヴィメタルのコミュニティを支えるための新会社Secret Sosietyを立ち上げ、新しいアーティストとファンの形を作るための準備を開始した。

・お問い合わせ、会社概要
社   名:株式会社アヤナス (AYANASU Co.Ltd.)https://ayanasu.co
代 表 者:川本 栄介
本社所在地:〒108-0073 東京都港区三田2-14-5フロイントゥ三田
連 絡 先:https://www.ayanasu.co/contact (お問い合わせフォームよりお願いします。)
事 業 内 容:
トークンエコノミーに関する全般の業務
・トークンエコノミーのプロデュース 
・発行体事業の経営支援 
・トークン設計およびトークンエコノミーの構築支援 
・バウンティ企画、設計、運用支援 
・発行体の健全なトークン管理のスキーム構築支援 
・トークンエコノミーシステムの企画、設計支援
Twitter: https://twitter.com/ask_kwmt
Facebook:https://m.facebook.com/ayanasutokeneco/
  1. プレスリリース >
  2. 株式会社アヤナス >
  3. ファンとアーティストの関係をLOUDトークンの循環で可視化、メタル音楽×トークンエコノミー「ラウドトークンエコノミー」を始動!