パラ卓球(一般社団法人日本肢体不自由者卓球協会) 日本代表強化プロジェクト!新監督に伊藤誠氏が就任!

4/19〜日本卓球リーグ選手権(健常)で岩渕幸洋選手と初陣!

​一般社団法人日本肢体不自由者卓球協会(東京都港区赤坂1-2-2)は2021年4月1日(木)より、特命で新たに伊藤誠氏を、東京2020パラリンピックに向けた日本代表監督、特別ナショナルチーム監督、強化アドバイザーとして迎え、東京2020パラリンピックでのメダル獲得を実現するべく強化活動を実施して参ります。

伊藤誠監督には自身の日本代表経験、各カテゴリーでの監督、コーチ経験を活かし、特に内定している岩渕幸洋選手(男子立位クラス9)、八木克勝選手(男子立位クラス7)の強化を中心に、6月に開催される世界最終予選へ出場予定の選手の強化を含め、東京2020パラリンピックで、より多くのメダルを獲得することを期待し、任命いたしました。(新井卓将氏は引き続きナショナルチーム監督として育成選手、ナショナルチームの強化を続投)

【日本リーグ・ビッグトーナメントで初陣!】
早速、2021年4月19日(月)〜22日(木)に熊本県立総合体育館で開催される第30回日本卓球リーグ選手権・ビッグトーナメント熊本大会に出場する岩渕幸洋選手(協和キリン)のベンチコーチとして、伊藤誠監督が帯同。東京2020パラリンピックを想定して、ベンチワークの強化を図ります。
大会URL:https://www.jttl.gr.jp/taikairesult/2021/03/29-2.php

岩渕幸洋選手と伊藤誠監督岩渕幸洋選手と伊藤誠監督

 


【伊藤誠監督 コメント】
この度、東京2020パラリンピックを見据えた日本代表特命監督、特別ナショナルチーム監督、強化アドバイザーに就任しました。日本代表として、日の丸の重みと責任を感じ、身の引き締まる思いです。また、選手の最高のパフォーマンスを引き出し、メダル獲得のために全力で取り組む覚悟です。この活動を通して、日本肢体不自由者卓球協会のさらなる発展に寄与するとともに、障がい者と健常者の架け橋となり、共生できる環境を作り上げていきたいと考えております。皆さまの応援が選手の大きな力となります。ご声援のほど何卒よろしくお願い申し上げます。

【プロフィール】
伊藤 誠  いとうせい
1967年6月生まれ(53歳)。青森県青森市出身。

<経歴>
現役引退後、早稲田大学卓球部監督、日本学生卓球連盟理事などを歴任し、
2011年、シチズン時計卓球部監督に就任(早稲田大学監督と兼任)。
2012年、シチズン時計卓球部監督専任(すでに退任)。

<選手実績>
1985年 全日本選手権ジュニアの部 優勝
1986年 全国高校選手権 3位
1989年 世界選手権日本代表(ドイツ・ドルトムント)
1994年 アジア競技選手権 団体銅メダル
1995年 全日本選手権 5位、前期日本リーグ 優勝
1996年 ジャパントップ12 優勝(日本初の賞金付き大会)

 

<監督実績>
2009年 関東学生1部リーグ優勝
2010年 全日本大学選手権団体準優勝、日本学生連盟 スウェーデンオープン代表監督
2013年 第27回ユニバーシアード 競技大会 男子日本代表監督(ロシア・カザン)
2014年 日本リーグ USオープン代表監督
2015年 第28回ユニバーシアード 競技大会 男子日本代表監督(韓国・光州)
2017年 第29回ユニバーシアード 競技大会 男子日本代表監督(台湾・台北)
2019年 第30回ユニバーシアード 競技大会 男子日本代表監督(イタリア・ナポリ)

※本リリースでの日本代表監督という表現は、一般社団法人日本肢体不自由者卓球協会の内部におけるもので、東京2020パラリンピックにおけるものではございません。

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 一般社団法人 日本肢体不自由者卓球協会 >
  3. パラ卓球(一般社団法人日本肢体不自由者卓球協会) 日本代表強化プロジェクト!新監督に伊藤誠氏が就任!