高輝度赤色発光ダイオード(LED)の光で害鳥を忌避(きひ)させる「Evasi CRO(エバジークロウ)」発売のお知らせ。

高輝度赤色発光ダイオード(LED)の光で害鳥を忌避させる日本初の製品                                  「Evasi CRO(エバジークロウ)」発売のお知らせ

超音波害獣忌避装置「Evasi(エバジー)」を初めとしたIoT機器を全国で製造・販売するイーマキーナ株式会社(神戸市灘区、代表取締役 藤井誠)は、害鳥忌避装置「Evasi CRO(エバジークロウ)」を全国にて発売開始いたしました。(12月1日から順次出荷)

「イーマキーナ株式会社(神戸灘区、代表取締役 藤井 誠)」と「神栄産業株式会社(東京都豊島区、代表取締役 東代 清隆)」は、12月1日(水)より、害鳥忌避(きひ)装置、害鳥忌避装置「Evasi CRO(」エバジークロウ)」を全国にて発売致します。製造は「イーマキーナ株式会社」、総販売元は、「神栄産業株式会社」にて全国販売致します。

◆性能
・本体に6つの高輝度赤色発光ダイオード(LED)を使用。
   ランダムに発光することで、カラスなどの害鳥を寄せ付けません。

  (実用新案取得済み、実用新案登録第3233261号)
・本機1台で半径50mに有効。
・屋外でも使用できる防水仕様。
・照度センサー内臓で、カラスの活動する明るい時間帯だけ発光し、暗くなると自動で消灯。
・スマートフォン等でWi-Fi接続でき、各種設定の確認、変更が可能。
・曜日ごとのタイマーにて発光・消灯させることも可能。


◆製品の特徴
・本機のLEDユニット筐体は、神戸のプロダクトデザイナー「コウデザイン研究所」による設計。
 機能面、防水性、耐久性、デザイン性を最大限考慮した設計。
・LEDおよび制御基板は、「株式会社アイエムテック」が設計・製造。3社の連合体で開発された製品です。
 部品調達から組み立てまで日本国内で行っており、Made in Japanの製品。
・LEDユニット、制御ボックス、電源ボックスの3つの構成。
 LEDユニットと制御ボックス間は約15mの防水ケーブルを採用しており、離れた場所や高い場所にも設置できます。
   電源ボッ クスが100Vのコンセントがあれば利用可能。
・工場や倉庫、電気設備、ソーラーパネル、ビニールハウスなど、農場や畜舎など、どんな場所でも周りの
   環境に負荷をかけずに利用できる。

「高輝度赤色発光ダイオード(LED)」を6個使用し、カラスを寄せ付けない装置は、日本初の製品になります。

 

害鳥忌避装置『EvasiCRO(エバジークロウ)』LEDユニット

製品仕様は、LEDユニット・制御ボックス・電源ボックスの3つの構成です。LEDユニットのみ高いところに設置できるように、約15mの防水ケーブルが付属します。)電源ボックスや制御ボックスは設置や操作のし易い下の位置に配置する事ができ、100Vのコンセントに挿すだけで使用できます。

『製品仕様』   

 


『Evasi CRO内容品』

工場や、倉庫、電気設備、電柱、ソーラーパネル、ビニールハウス等の農場や、畜舎等どこにでも設置が可能。


■製品のお問い合わせ
神栄産業株式会社 
https://www.sin-yei.co.jp/
TEL:03-5391-3561
イーマキーナ株式会社 
https://evasi.jp/cro
TEL:078-200-5452
info@emachina.co.jp

                                                                                

 

 

 

 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. イーマキーナ(株) >
  3. 高輝度赤色発光ダイオード(LED)の光で害鳥を忌避(きひ)させる「Evasi CRO(エバジークロウ)」発売のお知らせ。