世界基準のおいしさに、使いやすさが加わりました。コーヒー専業ブランドのメリタから、2つの最新コーヒーメーカー が登場

ペーパードリップシステムを世界で初めて考案したドイツのコーヒー専業ブランド メリタの日本法人メリタジャパン株式会社(本社:東京都江東区、代表取締役社長:服部雅能、以下「メリタ」)は、ヨーロッパのコーヒー協会(SCA)が定めるおいしさの基準を満たし、さらに使いやすくなった2つのフィルターペーパー式最新コーヒーメーカー「メリタ オルフィプラス(2021年12月15日発売)」と省スペースモデル「メリタ ノアプラス(2021年11月1日発売)」を発売することを発表いたします。

 今回発売するフィルターペーパー式コーヒーメーカー「メリタ オルフィプラス」と「メリタ ノアプラス」は、それぞれ現行モデルの「オルフィ」と「ノア」の“おいしさ”と“使いやすさ”を大幅にアップデートした最新のコーヒーメーカーです。現行モデルの「オルフィ」と「ノア」は、メリタの売り上げNo.1モデルでもあり30万人を超えるユーザーから多くの支持をいただいています。いわばおいしいコーヒーメーカーの代名詞ともいえる人気モデルです。しかしながら一部のユーザーからは、洗いやすさや注ぎやすさなど、毎日使うコーヒーメーカーならではの使い勝手に対する要望が寄せられていました。朝起きたときの目覚ましに、くつろぎの時間に、食後に、人それぞれコーヒーの愉しみ方は異なります。そんな毎日使うための使い勝手を一から見直すとともに、コーヒー本来の確かなおいしさをお届けできるよう開発されたのが、メリタの最新コーヒーメーカー「メリタ オルフィプラス」と「メリタ ノアプラス」です。

メリタ ノアプラスメリタ ノアプラス

メリタ オルフィプラスメリタ オルフィプラス

 “おいしいコーヒー”と言ってもおいしさの感じ方は、人それぞれ。しかしながら、人間がおいしいと感じるコーヒーは一定の抽出率と濃度の範囲で示すことができます。たとえば、だれもが経験したことのある「苦くて濃い…」「薄くって酸っぱい…」と感じるコーヒーは、コーヒーブリューイングチャート(SCA: Specialty Coffee Association発行)の中央から外れたところに位置していることがほとんどです。

 事実、これまでの一般的なコーヒーメーカーではなかなか理想的な抽出率と濃度のコーヒー(図の中央部)を安定的に提供す ることができませんでした。メリタの「メリタ オルフィプラス」と「メリタ ノアプラス」は、コーヒーと湯量のバランス、理想的な一定の抽出温度(91℃~94℃)、独自の蒸らし機能による抽出時間を、永年にわたるメリタ独自の技術で精緻にコントロール。さらに、世界基準でもあるコーヒーブリューイングチャートをおいしさの基準として採用し、本格コーヒーの証「メリタゴールドスタンダード」の称号を冠したメリタのコーヒーメーカーとして、これまでにない安定したおいしいコーヒーの提供を可能にしています。
 そのほか、冷めにくい真空二重構造のステンレスポッドやお手入れがカンタンなワンタッチのフタ、オートオフ機能、取り外しのできるリムーバブル水槽(メリタ オルフィプラスのみ)や浄水フィルター(メリタ オルフィプラスのみ)など、毎日にうれしい使い勝手のよい機能を装備。「メリタ オルフィプラス」と「メリタ ノアプラス」は、おいしさだけでなく、いわば日本人が求めるユーザービリティを兼ね備えた、これまでにないフィルターペーパー式のコーヒーメーカーとして誕生しました。

 また、「メリタ オルフィプラス」と「メリタ ノアプラス」の発売を記念し、2021年12月26日(日)までにいずれかをご購入のうえ応募された方のなかから、抽選で100名様に、ヨーロッパで最も歴史のあるラグジュアリー陶器ブランドVilleroy & Bochとメリタの限定コレクション「ニューウェイブカフェ」を差し上げます(www.Melitta.co.jp/campaignからご応募いただけます)。世界でたった100コの限定コレクションをお見逃しなく。
 メリタの最新コーヒーメーカー「メリタ オルフィプラス」と「メリタ ノアプラス」は、全国のコーヒー専門店をはじめ、電器店やアマゾンなどでお求めいただけます。ぜひ、さらに豊かなコーヒーのある毎日をお愉しみください。
  • SCA:Specialty Coffee Association
  • メリタの売り上げNo.1モデルでもあり30万人を超えるユーザー:コーヒーメーカー オルフィとノアの累計販売台数(2015年~2021年7月)
  • コーヒーブリューイングチャート(SCA発行)の読み方:1. 抽出に使用したコーヒー量、お湯を1L換算した値を算出し、その直線を探す。 2. その直線と抽出したコーヒーの濃度(TDS)の交点を見つける。 3. 交点から真下に進み、記載されているパーセントが使用したコーヒーの抽出率となる。・ SCAのゴールドカップの基準は、コーヒーの抽出率が18〜22%のコーヒー。中央の四角内に入れば適正な抽出がされているコーヒーとなる。・ 一般的に18%以下のコーヒーを「Under extraction(抽出不足)」、22%以上のコーヒーを「Over extraction(過抽出)」と呼ぶ。

 

メリタ ノアプラス(ホワイトメリタ ノアプラス(ホワイト

メリタ ノアプラス(ブラック)メリタ ノアプラス(ブラック)

メリタ オルフィプラス(ホワイト)メリタ オルフィプラス(ホワイト)

メリタ オルフィプラス(ブラック)メリタ オルフィプラス(ブラック)

 
製品名 メリタ オルフィプラス
Melitta ALLFI Plus
メリタ ノアプラス
Melitta NOAR Plus
型番 ブラック:SKT53-1B
ホワイト:SKT53-3W
ブラック:SKT55-1B
ホワイト:SKT55-3W
価格 オープン オープン
JAN ブラック:4902717229148
ホワイト:4902717229155
ブラック:4902717229124
ホワイト:4902717229131
最大水容量
杯数
0.7L
2 - 5杯
0.7L
2 - 5杯
フィルターサイズ 1 x 2 1 x 2
外形寸法(㎜) W310 x D146 x H293 W269 x D152 x H311
質量(g)
消費電力
1,700
650W/100V
1,700
650W/100V
発売日 2021年12月15日(水) 2021年11月1日(月)
製品URL
キャンペーン応募サイト
www.Melitta.co.jp/allfiplus
www.Melitta.co.jp/campaign
www.Melitta.co.jp/allfiplus
www.Melitta.co.jp/campaign

<About Melitta>

創業者メリタ・ベンツ創業者メリタ・ベンツ

今から100年以上前の1908年にドイツのドレスデンで生まれたメリタ社は、世界で初めて「ペーパードリップシステム」を考案したコーヒー専業ブランドです。
いまでは当たり前のペーパーでコーヒーを抽出する方法は、「家族にもっとおいしいコーヒーを淹れてあげたい」という女性創業者メリタ・ベンツの思いから生まれたものです。当時は挽いたコーヒー豆をお湯に浸して抽出するのが一般的でしたが、メリタ・ベンツはその常識を覆し、ペーパーで濾過してコーヒーを愉しむ方法を世界で初めて確立したのです。
以来メリタ社は、1つ穴方式の独自フィルターや特許技術を用いたフィルターペーパー、著名な一流施設における全自動本格コーヒーマシンなど、”Coffee Enjoyment”をお届けするためのさまざまなソリューションを開発し、提供し続けています。

マンチェスター・ユナイテッド x メリタマンチェスター・ユナイテッド x メリタ

今日では、イングランドのプロサッカーチーム「マンチェスター・ユナイテッド」のオフィシャルコーヒーパートナーに選ばれるなど、世界で150カ国以上の方々に多くの支持をいただいているメリタ製品。メリタ社はこれからも、これまでにない最高の“Coffee Enjoyment”を世界中の皆さまへお届けしてまいります。
 

<お問い合わせ先>
メリタジャパン お客様相談室 Tel: 0570-550267(9:00~12:00, 13:00~17:30, 土日祝日・年末年始を除く) www.Melitta.co.jp

<メリタジャパン株式会社 概要>
代表者 : 代表取締役社長 服部雅能
所在地 : 東京都江東区亀戸2丁目26番10号 立花亀戸ビル6階
設 立: 1908年(メリタジャパン:1974年)
従業員数 (グローバル):5,849名 ※2020年現在
URL:www.Melitta.co.jp
Official Facebook:@MelittaJapan
Official Instagram:melitta_japan
Official YouTube:Melitta Japan - Official

 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. メリタジャパン株式会社 >
  3. 世界基準のおいしさに、使いやすさが加わりました。コーヒー専業ブランドのメリタから、2つの最新コーヒーメーカー が登場