日本製不織布ヘアキャップ販売開始! 5/21(金)より前田工繊が取り扱う衛生用品に新たな商品を追加。

不織布メーカーの前田工繊株式会社(本社:東京都港区、社長:前田尚宏)は、自社製不織布「スプリトップ」を用いたヘアキャップの販売を開始したことをお知らせします。
Amazon:https://www.amazon.co.jp/dp/B08VWM99BW
PayPayモール:https://paypaymall.yahoo.co.jp/store/maedakosen/top/
コロナ禍においてはマスク不足が深刻な事態となっていましたが、一方で医療現場や食品などを扱う企業・小売店などでは不織布ヘアキャップの品不足も深刻なものでした。
このような社会インフラとして欠かすことができない場所へ、自社製造した安心・安全な日本製ヘアキャップを提供することで、不織布メーカーとして貢献してまいります。

 



【仕様】
生産国 日本
サイズ フリーサイズ (梱包時:約230㎜×23㎜)
価格 2,200円/袋(税込)
内容量 100本入(個包装なし)
素材 ポリプロピレン・合成ゴム
 

 

商品形状商品形状

  • スティック状のため保管に場所を取りません
  • ご使用の際には広げてお使いください
  • 医療、食品、クリーンルームなど様々な場所でお使いいただけます
  • 通気性があり、長時間の着用でもムレにくくなっています
 

 

着用時 約230㎜×23㎜着用時 約230㎜×23㎜



【商品販売サイト】5/21(金)より販売開始
Amazon:https://www.amazon.co.jp/dp/B08VWM99BW
PayPayモール:https://paypaymall.yahoo.co.jp/store/maedakosen/top/


【会社説明】
当社は、1972年の設立以来、インフラ(社会資本)の整備・維持に携わる会社として、土木資材の製造・販売ならびに各種繊維を原料とした産業資材および不織布の製造・加工・販売を行うことで業容を拡大してまいりました。不織布におきましては、1980年代にマスク等の衛生資材に使用されている「スパンボンド不織布」を生産した会社です。その他、一般産業資材用途から衛生資材用途まで幅広く生産しており、身近な製品にも、前田工繊の不織布が多数使用されています。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 前田工繊株式会社 >
  3. 日本製不織布ヘアキャップ販売開始! 5/21(金)より前田工繊が取り扱う衛生用品に新たな商品を追加。