開講から半年で受講者2,000名を突破した親子向け金融教育「Geek養成塾」、「親子de資産形成アカデミー」へと事業名を変更。

小学校高学年から中学生の子どもを持つ親子を対象に、投資教育をメインとした金融教育を提供する本プログラム。事業名称が「親子de資産形成アカデミー」へと変わりました。

お金を理由に夢を諦める子どもや親が、進みたい道をお金に囚われず選んでほしい想いで、2020年末から「Geek養成塾」は始まりました。
ただ事業名を一目見ただけではどこを目指しているのか?どんなことをやっているサービスなのか?が分かりづらい事業名となっていたため、キャッチコピーライティングやマーケティングに長けた視点を持つプロボノの方を「GRANT」で募集。
子どもやお家の方々にとって分かりやすい名称が生まれました。

<2022年度より高校教育で家庭科に投資教育が導入されます>
今の時代だからこそ、小中学生から始めてみませんか?

経済産業省「キャリア教育アワード」受賞団体が提供する【親子向け金融教育プログラム】

<社会背景:今の時代になぜ金融教育、特に投資教育が必要なのか?>

人生において夢や希望を持つことは大切です。
しかし夢や希望だけで生きていくことはできません。

生きるためにも、子どもが夢を追い続けるためにもお金は人生の中で必要不可欠な存在です。

日本では子どもの頃に「将来の夢は?」「大人になったら何になりたい?」と聞かれることが多い反面、
中高生ぐらいになると「その夢で食べていくのは難しい」と否定されて夢を諦める人が少なくありません。

実際、全国の高校2・3年生1000人を対象にしたアンケート調査(2021年9月)によると47.0%の高校生が将来就きたい職業について教員や保護者から否定された経験があると回答しました。

出典:https://www.kyobun.co.jp/news/20210914_01

また弊社でも保護者の方へ子どもの夢に関してアンケートやヒアリングを独自で行ったところ、
「子どもの夢はもちろん応援したい。でも何よりお金で苦労する人生を歩ませたくない。経済的に自立できることの方が大切。」
という声が優勢でした。

ではお金で苦労する人生を歩まないために、経済的に自立できるためには何が必要なのでしょうか??

まず、人生においてお金で苦労する人とはどんな人なのか。

実は日本では、「単身世帯のおよそ2人〜3人のうち1人が貯蓄ゼロ」というデータがあります。

20代(単身世帯)のおよそ半数が貯蓄ゼロ。

30代で36.5%、40代は40.5%という数値から
「年功序列の日本において20代は給料が少ないから」
というわけではないことが分かります。

これが何を意味するのかというと、
「給料が増えてもお金の使い方で失敗している」人が
多いことを示しているのです。

がんばるだけでは貯蓄は増えません。
増やすためにはきちんと方法があります。

子ども時代からお金を増やせる習慣を付けるために、
当塾では「お小遣い」を活用したお金の使い方
2ヶ月実践コースでお伝えしています。

その「お金の使い方」の中でも特に大切なことの1つが「投資」です。

「そもそもなんで投資が大事なの?銀行に貯金しておけばいいんじゃないの?」
という方も少なくないと思います。

実は昔は銀行の金利が高く、銀行に預けるだけでお金が増えていました。

例えば郵便貯金(ゆうちょ銀行の貯金)における
通常貯金の金利は1915年には4.800%。

仮に100万貯金していたら、なんと1年で48,000円も増えていたのです。

しかし一方で現在の金利は0.001%しかありません。
これでは100万円を貯金していもたった10円しか増えません。

銀行預金でお金が貯まる金額は、昔と比べて1/4800に減ってしまったのです。

つまり現代において銀行預金しかしない方は、
昔の人々と比べて大幅に損していると言えます。

「銀行預金でお金が増えないのは分かったけど、じゃあなぜ投資なの?」
と感じた方もいらっしゃるかと思います。

​そこで、銀行預金で貯金した場合と投資した場合を比較します。

リターン0.001%の銀行預金と積み立てNISAの
非課税枠(年間40万→月3万3,000円)を利回り5%で積み立てた場合を
それぞれ40年間続けたパターンで比較した結果を下記に記載します。

銀行預金:約1,584万円
積み立て投資(複利):約4,913万円


つまりただ銀行に預金するのと比較すると約3,330万円もの差が生まれます。

ちなみに月3.3万円をリターン0.001%で40年間がんばって銀行へ預金すると2,938円の利息を得られます。

積み立てNISAに回して3,300万円を得するのか、
約3,000円を得るために40年間ずっと銀行預金だけで損をするのか…

「今の時代は投資が必要」と言われる理由がお分かりいただけましたかね。

銀行預金も投資も同じで、預け先が違うだけなのです。

大きなニュースになっていた老後2,000万円問題も、
5,000万円あればよっぽど悩まないのではないでしょうか。

※ただし長期的には上がり続けても、
短期的には大きく値動きすることもあるのが投資です。

生活上のトラブル等により現金化せざるを得なくなったタイミングで
大幅に下落していたとならないように、
一定の金額・割合を銀行へ預金しておくことも大事です。

上記シミュレーション方法は2ヶ月実践コースでお伝えしています。
(無料のツールを利用するので電卓も計算知識も不要です)


<講師紹介>

講師はいずれも、業界では珍しい
「商品を持たないファイナンシャルプランナー」のみ。

​だからこそ、保険や住宅ローンなどの商品を売り込まれる心配がありません。
​ネットワークビジネスの勧誘や斡旋も一切ございません!
 

 


<アシスタント紹介>


<プログラム>

投資の視点から世の中を能動的に見られるようになる
「1day入り口コース(無料)」と、
実践的に資産形成をスタートするところまでをサポートする
「2ヶ月実践コース(有料)」の2つを現在ご用意しております。

◆第4期入り口コース(無料)の日程
​①12月12日(日)10:15〜11:30
②12月19日(日)10:15〜11:30
③01月16日(日)10:15〜11:30
④01月23日(日)10:15〜11:30
​※詳細・申し込みページは現在 作成中です。

◆第4期実践コース(有料)の日程
2022年02月06日(日)10:15-12:15
2022年02月20日(日)10:15-12:15
2022年03月06日(日)10:15-12:15
2022年03月20日(日)10:15-12:15

各日2コマの計8コマで構成

カリキュラムや授業料等の詳細はWebサイトをご覧いただけますと幸いです。

https://geektrainingschool.wixsite.com/financial-education

その他、当塾に対するご質問やお問い合わせ等は geek.training.school@gmail.com にお願いいたします。

<一般社団法人Nancy概要>

団体名:一般社団法人Nancy
設立:2019年1月23日(2016年より“ぎふマーブルタウン実行委員会”として活動)
所在地:岐阜県岐阜市
代表者:代表理事 住田涼
連絡先:gifu.nancy@gmail.com

▼Nancy概要資料(PDF)
https://drive.google.com/file/d/1vN3--Z_ufe6VbWCeFjTfJrDKIpUgtIqG/view?usp=sharing

▼Nancy公式サイト
https://123nancy.wixsite.com/gifu

▼Nancy LINE公式アカウント
https://lin.ee/pnKhOZ7

▼自宅や会社の電気を自然エネルギー100%に変え、電気代の1%を地球温暖化への対策や子どもたちのキャリア教育に寄付できます!
https://hachidori-denryoku.jp/list/nancy

▼1人でも多くの子どもたちのワクワクを育てたい仲間(マンスリーサポーター)「#Nancy育て隊」を募集中です!
下記URLより寄付頻度「毎月」を選択してフォームを送信いただくことで、1日17円からでご参加いただけます!
https://syncable.biz/associate/nancy/donate

 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. Nancy >
  3. 開講から半年で受講者2,000名を突破した親子向け金融教育「Geek養成塾」、「親子de資産形成アカデミー」へと事業名を変更。