【12/6開催無料ウェビナー】ムーブメントを巻き起こすYouTube施策とチャンネル運用

エンタメ系YouTubeチャンネル運用のキーマンから学ぶムーブメントの起こし方

株式会社ドズルは、ビジネスマンや企業のYouTube担当者の⽅々を対象に、無料のウェビナー「ムーブメントを巻き起こすYouTube施策とチャンネル運用」を2021年12⽉6⽇(⽉)開催いたします。

 現状、製品や企業のPRにはYouTubeの活用がもはや必須であることは常識になっています。しかし、その有効性が認知されるとともにYouTube上での競争もレッドオーシャン化し、ムーブメントを起こすことが難しくなっています。
ギャラクシー賞を受賞したYouTubeチャンネル「神田伯山ティービィー」などの仕掛け人、関口ケントさん。ゲーム公式チャンネルも手がけ、数多くのムーブメントを仕掛けてきた経験と知見についてお話いただきます。

 

  • ウェビナー概要

■タイトル
「ムーブメントを巻き起こすYouTube施策とチャンネル運用」

■⽇時
2021年12⽉6⽇(⽉) 15:00 〜 16:30

■場所
オンライン開催
※セミナーのご視聴には、Zoomアカウントのご登録が必要です

■お申込みフォーム
https://forms.gle/2bCbfXxaG1CerqV16
※お申込み〆切:2021年12⽉5⽇(⽇)13時

■対象
・YouTubeの運⽤や活⽤に悩まれているマーケティング担当者

■プログラム
・ご挨拶
・「ムーブメントを巻き起こすYouTubech運用」(関口⽒)
・「ゲームコミュニティ側からムーブメントを起こすには」(株式会社ドズル ドズル)
・Q&A

■参加費
無料

■定員
100名

■登壇者
株式会社Webnesday 代表取締役CEO
クリーク・アンド・リバー社
MCN 責任者
関口ケント ⽒

プロフィール:
1989年東京生まれ。26歳で妖怪ウォッチ公式YouTubeチャンネルを立ち上げ、チーフプロデューサーとして流行を生み出す。2017年に、株式会社テクサ(現株式会社ライバー)の執行役員に就任し、YouTuber50人ほどのチャンネルコンサルティングを担当。多くの人気YouTuberを育てる。また、ヒカルや加藤純一らも出演したクリエイターフェス『うず祭り』を企画・総合プロデュース。2019年に「株式会社Wednesday」を立ち上げCEOに就任。現在、神田伯山、関暁夫、島田秀平、登坂淳一、はなわ、KAMIWAZA、よしお兄さんなどのチャンネル運用を行うなど、YouTubeに軸足を置いて他角的に広がるビジネスを大量に推進している。


 

株式会社ドズル
代表取締役
ドズル(YouTuber)

プロフィール:
2017年3⽉、医⼤⽣からゲーム実況者に転⾝し、ゲーム『クラッシュ・ロワイヤル』『ブロスタ』のコミュニティリーダーとして業界の活性化に努めた。現在はゲーム『Minecraft』のゲーム実況を中⼼に活動している。YouTubeチャンネル登録者数は54万⼈を越え、安定感のあるしゃべり⼝から多くのファンを獲得している。YouTubeチャンネルの運営や、配信者のマネージメント、番組企画及び制作、コンサルティング業務などを⾏っている株式会社ドズルの代表取締役としての顔も持つ。

 

  • 株式会社ドズルについて

好きを仕事に。⼈⽣という「ゲーム」をもっと楽しく。

 株式会社ドズルは、YouTubeなどの動画配信プラットフォーム上で主にマインクラフトなどのゲーム実況動画を公開しているエンターテインメント企業です。⾃社YouTubeチャンネル運営の他、WEB動画を主としたデジタル戦略コンサルティングなどのBtoB事業も⾏っています。

*記載されている会社名・商品名・サービス名などは、各社の商標および登録商標です。

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ドズル >
  3. 【12/6開催無料ウェビナー】ムーブメントを巻き起こすYouTube施策とチャンネル運用