【全国初‼「救急隊員のARグラス活用」と「119番通報時のビデオ通話」の2本立て】救急搬送デジタル化事業の実証を開始しました!

都城市消防局では、NTTドコモとの連携により、救急隊が傷病者を搬送し、病院で処置を開始するまでの時間短縮を図ることを目的に、救急搬送デジタル化事業の実証を開始しました!

 

●実施期間
令和4年5月19日から令和4年7月中旬までの約2カ月間
※上記の期間を経て、本格導入の可否を判断します

 

●実証内容​​
  • 救急隊員のARグラス活用 【全国初の試み!】
現場の状況や傷病者の状態を医師や消防局に映像伝達するため、特殊な眼鏡(ARグラス)を装着した救急隊員が出動します。撮影した映像は、消防局が現場状況をより詳しく把握したり、病院側が受け入れ態勢を整えたりすることに活用します。

 

ARグラスを装着した救急隊員ARグラスを装着した救急隊員

 
  • ​119番通報時のビデオ通話
119番通報時に音声情報のみでは把握が困難であった現場の状況を、通報者のスマートフォンのビデオ通話で現場の状況映像を共有することで、より迅速で的確な救命措置につなげます。
119番通報をすると、状況に応じた応急処置の指示を行うため、消防局からビデオ通話を求めることがあります。通報者には、消防局からスマートフォンに送られてくるショートメッセージを読み込んでもらい、通話を行います。

 

詳しくは、都城市消防局のホームページにも掲載しています。
URL:https://www.city.miyakonojo.miyazaki.jp/site/fire-bureau/46026.html

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 宮崎県都城市 >
  3. 【全国初‼「救急隊員のARグラス活用」と「119番通報時のビデオ通話」の2本立て】救急搬送デジタル化事業の実証を開始しました!